Cognitive Services の新しい UWP サンプルアプリ “Intelligent Kiosk” – Face API & Emotion API による顔認識ダッシュボード


Cognitive Services SDK & Samples

Cognitive Services の SDK & Samples のページが新しくなり、各種 SDK やサンプルは別々のGitHubレポジトリに変更されています。

Microsoft Cognitive Services > SDK & Samples

bluesky_20160729_05

この中に表示されているサンプルに、 UWP版のVision系(Computer Vision, Face, Emotion) API を使った “Intelligent Kiosk” が追加されました。

GitHub > Microsoft Cognitive Services Intelligent Kiosk Sample

“Intelligent Kiosk” UWP サンプルアプリ

内容は、Face API と Emotion API による写真 or デバイスで撮影した画像の解析になっています。

bluesky_20160729_01

  1. Face API Playground: 写真 or デバイスで撮影した画像の解析 (年齢識別)
  2. Emotion API Playground: 写真 or デバイスで撮影した画像の解析(感情識別)
  3. Automatic Photo Capture: デバイスのカメラで撮影中の動画から顔を認識して年齢識別
  4. Realtime Crowd Insights: デバイスのカメラで撮影中の動画から顔を認識して年齢、感情識別

顔の登録もできるので、1で画像解析するときに年齢と同時に顔識別を行うこともできます。

bluesky_20160729_02

また、 4はカメラで撮影中の動画に現れる顔の認知 (男女、年齢層、総人数 および ユニークな人数をカウント) や表情のチェック (累積数をカウント) を行い、一日のデータ履歴も合わせて表示します。そのため、例えば店舗に設置して来場者の表情から満足度を量るダッシュボードのような利用シナリオにそのまま活用できる内容になっています。(※下記はイメージです)

bluesky_20160729_03

サンプルコードを一部解説

GitHub から一式ダウンロードすると、Cognitive-Samples-IntelligentKiosk-master\Kiosk\ に Visual Studio ソリューション一式が入っています。中身は “IntelligentKioskSample” という UWP(Universal Windows Platform) 本体と、Cognitive Serivices とのやり取りを行う “Service Helpers” に分かれています。

bluesky_20160729_04

Face API の呼び出し例

FaceServiceClient を作成し、API Key をセット

FaceServiceHelper.cs
private static FaceServiceClient faceClient { get; set; }

private static void InitializeFaceServiceClient()
   {
     faceClient = new FaceServiceClient(apiKey);
   }

DetectFacesAsync から FaceServiceClient.DetectAsync を呼び出すフローになっています。

ServiceHelpers.ImageAnalyzer.cs
public async Task DetectFacesAsync(bool detectFaceAttributes = false)
:
   if (this.ImageUrl != null)
   {
      this.DetectedFaces = await FaceServiceHelper.DetectAsync(
      this.ImageUrl,
      returnFaceId: true,
      returnFaceLandmarks: false,
      returnFaceAttributes: detectFaceAttributes ? DefaultFaceAttributeTypes : null);
   }
FaceServiceHelper.cs
public static async Task<Face[]> DetectAsync(string url, bool returnFaceId = true,
      bool returnFaceLandmarks = false,
      IEnumerable<FaceAttributeType> returnFaceAttributes = null)
   {
      return await RunTaskWithAutoRetryOnQuotaLimitExceededError<Face[]>(()
       => faceClient.DetectAsync(url, returnFaceId, returnFaceLandmarks, returnFaceAttributes));
   }  
        

Comments (0)

Skip to main content