Azure SQL Database V12、ヨーロッパ地域で一般提供開始


‘Latest’ Preview SQL Database と呼ばれている Azure SQL Database サービスである Update V12 が 北/西ヨーロッパ リージョンで一般提供開始となり、2/9 には米国内のデータセンターで、3/1までには他の地域でも一般提供開始となることが発表されました。

V12 はデータベースエンジンが SQL Server 2014 相当となっており、また、Standard プランで S3 (100DTU) が追加されています。

機能面では下記のような強化が行われています。

  • より大規模のデータベース向け管理機能
    • 並列クエリー(※ Premium プランのみ)、テーブルのパーティション作成、オンラインでのインデックス作成、大型インデックスの再構築(トランザクション上限 2GB を解除)
  • プログラムで操作可能な機能
    • CLR サポート、T-SQL のウインドウ機能 および XMLインデックス、変更の追跡
  • クエリーパフォーマンスの向上
    • インメモリ 列ストア (in-memory columnstore) クエリーの対応
  • 監視機能
    • 動的管理ビュー (DMV: Database Management Views)

▶ azure.microsoft.com > Updates > General Availability: Azure SQL Database V12 service version
▶ azure.microsoft.com > 料金 > SQL Database
▶ azure.microsoft.com > Documents > What’s new in the Latest SQL Database Update V12 (preview) 

Comments (0)

Skip to main content