Windows 10 UWP Developer Workshop 環境構築 ~ Azure SDK for .NET 2.8 インストール

Windows 10 UWP Developer Workshop 2015/11/20, 12/17 開催の Universal Windows App 開発ハンズオン「1 日で Windows 10 に対応したアプリ開発手法が習得できるハンズオン ~ Windows 10 UWP Developer Workshop」にて 1 セッション講師を担当させていただきました。 こちらのドキュメント(英語)やサンプルプロジェクト、コード類は GitHub で公開されています。 https://github.com/Windows-Readiness/WinDevHOLs ちなみに同内容が 2016/1/22 ↓ にも開催予定で、またお申込み可能なようですので是非。(こちらは日本語ドキュメントをご用意しています!) https://msevents.microsoft.com/CUI/EventDetail.aspx?EventID=1032708683&culture=ja-JP このワークショップに参加される方 (or ご自身で実施される方) は、以下の環境が必要になります。  Windows 10 : November Update 1511 (Build 10586) 以降 Visual Studio 2015 (無償の Community でもOK) + (出来れば) Update…

0

Power of Community: GoAzure 2015 開催レポート

2015 年 1 月 16 日 (金) ベルサール渋谷ファーストで開催された「GoAzure 2015」は、Microsoft Azure ユーザーコミュニティである Japan Azure User Group (JAZUG) とマイクロソフトの共催、というユニークな取り組みの中、約 1300 人もの方々にお集まりいただき、サブタイトル通り ”MIcrosoft Azure 史上最大のコミュニティイベント” となりました。ユーザーの視点から多角的に見た Azure とマイクロソフトの “今” を、イベントご参加の方々に体感いただけましたのなら幸いです。 私自身、前回 に引き続き GoAzure 2015 の企画&運営スタッフとして関わらせていただいており、全関係者と一番お話しさせていただいたのでは?と思い、マイクロソフト側からとなりますが&改めて開催レポートを書かせていただきます。このような大規模イベントの企画が始まったのは 2014 年の秋、その頃の様子から GoAzure 2015 当日の舞台裏もご紹介します!   ■ GoAzure の多彩なプログラム ■ GoAzure の舞台裏 ■ GoAzure が皆様に伝えたこと ■ GoAzure のあとで ~ Azure を使ってみるには?   ■…

0

Azure SQL Database V12、ヨーロッパ地域で一般提供開始

‘Latest’ Preview SQL Database と呼ばれている Azure SQL Database サービスである Update V12 が 北/西ヨーロッパ リージョンで一般提供開始となり、2/9 には米国内のデータセンターで、3/1までには他の地域でも一般提供開始となることが発表されました。 V12 はデータベースエンジンが SQL Server 2014 相当となっており、また、Standard プランで S3 (100DTU) が追加されています。 機能面では下記のような強化が行われています。 より大規模のデータベース向け管理機能 並列クエリー(※ Premium プランのみ)、テーブルのパーティション作成、オンラインでのインデックス作成、大型インデックスの再構築(トランザクション上限 2GB を解除) プログラムで操作可能な機能 CLR サポート、T-SQL のウインドウ機能 および XMLインデックス、変更の追跡 クエリーパフォーマンスの向上 インメモリ 列ストア (in-memory columnstore) クエリーの対応 監視機能 動的管理ビュー (DMV: Database Management Views) ▶ azure.microsoft.com > Updates > General Availability:…

0

Microsoft Azure & Office 365 金融機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス 公開

金融情報システムに関する自主基準として、FISC (金融情報システムセンター: The Center of Financial Industry Information Systems) により 金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書 が策定されており、クラウド利用における安全対策基準として 第8版追補 が追加されています。 この度、Microsoft Azure および Office 365 に関して、この第8版追補の各項目に対する対応状況を整理した「金融機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス」が公開されました。FISC 安全対策基準の各項目(137の設備基準、108の運用基準、51の技術基準について、株式会社三菱総合研究所、日本ビジネスシステムズ株式会社、トレンドマイクロ株式会社、株式会社電通国際情報サービス の4社にて調査された内容になっています。 ▶ FISC > 金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準・解説書(第8版追補) ▶ 金融機関向けクラウドサービス対応セキュリティリファレンス (各社サイトにてダウンロード可能)株式会社三菱総合研究所 / 日本ビジネスシステムズ株式会社 / トレンドマイクロ株式会社 / 株式会社電通国際情報サービス   【1/30 追加】 ▶ Microsoft Azure Japan Team Blog > 「金融機関等コンピュータシステムの安全対策基準」(FISC 安全対策基準)に対する Azure の対応状況リストを公開 

0

Microsoft Azure のコンプライアンス情報アップデート (2015 年 1 月)

国際標準から国別、業界別の基準、規制への Microsoft Azure の対応については、サードパーティー (第三者) によって監査、準拠の確認が行われています。 2015年1月時点での状況は以下のようになっています。   ■ ISO 270001: 情報セキュリティ統制 2013 年度版 ISO 270001 (ISO/IEC 27001:2013) 更新監査が完了し、British Standards Institute (BSI) America による監査証 が BSI の Web サイトで確認できます。 また、Azure はパブリッククラウドにおける 個人情報 (PII: Personally Identifiable Information) 保護に関する実施標準 ISO 27018 (ISO/IEC 27018:2014) を実現するための制御が組み込まれています。   ■ Service Organization Controls (SOC) 1 & 2 受託業務を行う企業の内部統制を保障する国際基準である SSAE 16 / ISAE…

0

GoAzure ご参加有難うございました & ExpressRoute 日本でのサービス提供開始

タグライン通り “Microsoft Azure 史上最大のコミュニティイベント” となりました GoAzure、ご参加いただきました皆様に御礼申し上げます。 Japan Azure Users Group (JAZUG) による “For Community”、マイクロソフトによる “For Business” 合同で開催させていただき、今回裏方としてサポートさせていただきました。 Community のセッションは「ユーザーの視点から知りたい情報をご提供する」目的の元、すべて JAZUG 有志によって企画され、登壇依頼されたものです。幅広い Azure のサービス群をさまざまな角度から捉え、限られたお時間の中で、概要から利用方法、クラウド活用に向けての考え方までをお伝えする内容になっていたかと思います。 後日セッション録画が公開されますので、ご参加 or 重複して聞けなかったセッションなども是非ご確認ください。 GoAzure 2015 資料リンク集 【2/12 追記】 改めてレポートを書きました → Power of Community : GoAzure 2015 開催レポート また、セッション録画も公開になっていますので (→一覧)、当日来られなかった方、お越しいただいた方はご覧になったセッションの復習や見られなかったセッションの確認など、是非ご活用ください。 ——————- GoAzure Keynote の中で言及されていましたが、Azure と データセンターや社内システムを専用線で接続する 閉域網接続サービスである Azure ExpressRoute が、IIJ およびエクイニクス・ジャパンとの連携により、日本におけるサービスが GA(General Availability, 一般提供)…

0

Azure Virtual Machines G-Series 一般提供、Azure Key Vault パブリックプレビュー開始

2014年後半の振り返り中ですが、取り急ぎ。   Azure Virtual Machines G-Series が 米国西部リージョンで一般提供開始 Azure Virtual Machines で パブリッククラウドで最大となる、高速マシンパワーを利用できるインスタンス、G-Series が 米国西部リージョンにて GA (General Availability: 一般提供) となりました。AzureConf (2014/11) にて発表され、大容量のメモリ、Intel Xeon E5v3 によるマシンパワー、SSDによる高速なローカルストレージを利用できます。     また、提携が発表されていた Docker が稼働する Linux (Ubuntu) VM イメージが Azure Marketplace から提供を開始、利用できるようになっています。 プレビューポータル(https://portal.azure.com/) の Marketplace から、または New(新規) → Everything (すべて) を選択してVMを作成可能です。 Azure Blog > Announcements > Virtual Machines > Azure is…

0

2014年後半の Azure アップデート(1) Azure Websites

2014年後半のアップデート(その1)、最初は Azure Websites 関連をまとめました。   Azure Websites 関連 ■ Backup & Restore (バックアップ&復元) GA (2014/07/07) Azure Websites の Web サイトの丸ごとバックアップと復元機能が GA(一般提供) になりました。自動バックアップのスケジュールも設定できます。   ■ WebJobs GA (2014/10/20) Web サイトのバックグラウンドタスクをスクリプトベースで実行できる WebJobs が GA(一般提供) になりました。 GA に合わせて、Azure Storage (Queue, Blob), Service Bus と連携させたスクリプト作成を行うための  WebJobs SDK が用意されており、連続 / スケジュール / オンデマンド で実行可能です。これらは Visual Studio からテンプレート作成、または直接アプリケーションに追加する形で作成できます。     ■ Diagnostic…

0

2014 年後半の Azure サービスアップデート: サービス一覧&ステータス

皆様、明けましておめでとうございます。本日から業務開始の方も多いかと思います。 すっかりご無沙汰しておりましたが、2014 年 後半 のアップデートを(これから)まとめておきたいと思います。 ■ Azure サービス一覧 現在の Microsoft Azure で提供されているサービス 一覧 と 一般提供 (GA) / プレビューのステータスは、Microsoft Azure サービス 一覧 にまとめました。 ■ 主なAzure 関連のイベント (→セッションビデオにリンク) Worldwide Partners Conference (2014/07) IBC 2014 (2014/09/11-15) AzureConf 2014 (2014/10/21) TechEd Europe (2014/10/28-31) 新しいサービスについては別途まとめていきます。

0