Azure Web Sites のバックアップ機能を正式提供開始


Azure Web Site で稼働している Web サイトやアプリケーションのバックアップを作成、復元できる機能が Azure Web Sites に追加されています。

Azure Web Sites の 無料 / 共有 / 基本 / 標準 の4つのプランのうち、”標準” に設定いただく必要があります。また、現在プレビュー機能としてのご提供です。

バックアップは適時手動で行うことも、自動化を行うこともできます。作成されたバックアップはストレージに保存され、Web サイト全体および DB がバックアップ (Zipファイルとして保存) されます。

 現ポータル (manage.windowsazure.com)   新ポータル[プレビュー] (portal.azure.com) 
   

ステージング設定を行っている Web サイトでは IP スワップで 本番環境とステージング環境を切り替えできますので、丸ごとコピーしたい場合、あるいは他のサイトへの移行などの際もこちらの機能を利用可能です。

なお、Azure Web Sites に関係するアップデートとして、Web Deploy に利用するエンドポイント (アクセスポイント) が変更になっている旨がアナウンスされています。Site Extention (=Web サイトのの機能を拡張) として機能している SCM (Source Control Management) を利用する仕組みに変更されています。

Microsoft Azure Blog > Backup for Azure Web Sites is now generally available
Microsoft Azure Blog > Web Deploy as a site extension (→ 日本語)

 

【7/17 追記】

Azure Web Sites Backup and Restore (バックアップ、レストア機能) が GA (正式サービス提供開始) となっておりましたので、タイトルを修正いたしました。

Microsoft Azure Update > General Availability: Backup and restore for Azure Web Sites

Comments (0)

Skip to main content