SQL Server 2014 リリース発表、Hadoop 2.2 対応 Windows Azure HDInsight 正式リリースに


SQL Server 2014 が 4/1 に正式リリースとなることが発表され、また、プレビュー公開となっていた Windows Azure HDInsight の Hadoop 2.2 クラスターが正式公開となりました。

Windows Azure でも SQL Server の AlwaysOn 機能を正式サポート しており、ミラーやバックアップ先として Windows Azure を利用できます。SQL Server 2014 のリリースと合わせて、Windows Azure 仮想マシン のイメージとしても提供される予定です。

現在時点では SQL Server 2014 CTP2 試用版 が利用可能です。

Windows Azure HDInsight は Hadoop 2.2 クラスターに対応し、クエリー応答時間 40 倍、データ圧縮率 80 % など、大幅な機能改善がなされています。Windows Azure HDInsight 自体は正式リリース、2 月にプレビュー公開していた Hadoop 2.2 クラスターが正式リリースとなったものです。

HDInsight Version 3.0 が Hadoop 2.2 クラスターとなります。

windowsazure.com > Get started using Hadoop 2.2 clusters with HDInsight (HDInsight バージョン 3.0 / Hadoop 2.2 クラスター の作成方法)

Windows Azure Team Blog > SQL Server 2014 Released to Manufacturing; Windows Azure HDInsight supporting Hadoop 2.2 Generally Available
【参考】 Windows Azure Team Blog > Windows Azure HDInsight supports preview clusters of Hadoop 2.2
The Official Microsoft Blog > SQL Server 2014 released to manufacturers, will be generally available April 1 

Comments (0)

Skip to main content