Windows Azure Web サイト のギャラリーに WordPress 日本語 最新版 を追加


Windows Azure Web サイト のギャラリーに WordPress の日本語テンプレートが追加され、数クリックで Windows Azure で WordPress 日本語版がインストールされた Web サイトが利用可能になります。

Windows Azure 管理ポータルから [新規作成] → [Web サイト] → [ギャラリーから] をクリックして、Windows Azure Web サイトのギャラリーを表示し、WordPress (Japanese) を選択します。現在の最新バージョンである 3.8.1 になっています。URLの指定、データベース (新しく作成、または既存データベースを使用)、リージョン(日本に一番近い東アジアなど) を選択し、他の項目は適時設定します (←デフォルトのままでもインストールできます)。

 

管理ポータルで Web サイトの作成が完了したら、指定した URL をクリックし、WordPress の初期設定を行ってください。初期設定画面も日本語になっています。

設定が完了すると、WordPress の管理画面やサイトが利用できるようになります。

 

 

Windows Azure Web サイト のギャラリーには、データベースに MySQL の代わりに Windows Azure SQL データベースを使う Brandoo WordPress も利用可能です。Windows Azure SQL データベースにも無料版が用意されており、無料版で試用など始めたあと、必要に応じて容量を拡張 (→有料版に変更) することもでき、Windows Azure 管理ポータルからの設定ですぐに変更可能です。

  

Brandoo WordPress は Web Platform Installer でご利用のサーバーにインストールできる他、WebMatrix のアプリギャラリーからも利用できます。

また、Windows Azure 仮想マシン でもご利用いただけるイメージ (Linux(ubuntu) / Apache / MariaDB) が VM Depo に用意されています。 

 

Windows Azure Team Blog > WordPress 3.8 on Windows Azure Websites 

Comments (0)

Skip to main content