Windows Azure ネットワークセキュリティ ホワイトペーパー & クラウドデザインパターンガイド 公開


年末に向けて(?) まとめられていた Windows Azure 関連のドキュメントをご紹介します。

■ Windows Azure Network Security Whitepaper

クラウドコンピューティングというサービス提供形態では、一つのハードウエアに複数のお客様の環境が稼働しています。Windows Azure では、お客様が購入している 1 つのサブスクリプションの中で実行環境を複数作成することができ、また、それらは仮想ネットワークとして統合することも独立させることもでき、社内ネットワークと VPN 接続することも可能です。

こちらのホワイトペーパーでは、管理ポータルや RDP、Powershell など管理ツールからの接続、インターネットからの直接接続、同一または複数のサブスクリプションや地域で稼働する 仮想マシン(VM) 同士の接続 が必要な場合の手法や制限事項、留意事項など、ネットワークセキュリティに関する情報がまとめられています。

【1/14 追加】日本語訳も用意されています!

Windows Azure Network Security Whitepaper ダウンロード (日本語)
Windows Azure Team Blog > New Windows Azure Network Security Whitepaper

 

■ patterns & practices Cloud Design Patterns

利用シナリオを元にした Windows Azure の実践的ガイドである patterns & practices Windows Azure Guidance に “Cloud Design Patterns” が追加されました。こちらはシリーズの 5 番目にあたり、クラウド上のアプリケーション構築におけるパターンがまとめられています。

すべてのシリーズはこちら。

  1. Moving Apps to the Cloud  (クラウドへのアプリケーションの移行) [日本語]
  2. Developing Multi-Tenant Apps for the Cloud (クラウドでのマルチテナントアプリケーションの開発) [日本語]
  3. Building Hybrid Apps in the Cloud (クラウドでのハイブリットアプリケーションの構築)
  4. Developing Big Data Solutions in the Cloud (クラウドでのビックデータを活用したアプリケーションの開発) : ダウンロード
  5. Cloud Design Patterns (クラウドデザインパターン) : ダウンロード

【1/30 追記】 Cloud Design Patterns がリリース版になりました。(MSDN Library | コードサンプルのダウンロード)

 

なお、MSDN Library (英語) には Windows Azure Customer Advisory Team (AzureCAT) がまとめている Windows Azure を利用する上でのプラン / 設計 / 開発 / テスト の手引きとなる “Windows Azure Prescriptive Guidance” が公開されています。

MSDN Library > AzureCAT Guidance

Comments (0)

Skip to main content