Windows Azure Backup 正式提供開始、Hyper-V Recovery Manager は公開プレビューに


Windows Azure をつかってローカル環境のバックアップ機能を提供する、Windows Azure Backup が正式公開され、Windows Azure Hyper-V Recovery Manager は公開プレヒューとなりました。

Windows Azure Backup は Windows Server の フォルダーやファイルを Windows Azure ブロブストレージにバックアップできるサービスで、バックアップを行いたい Windows Server にエージェントをインストールすることで、スケジュールを設定して自動でバックアップを行います。Windows Azure 側にデータを送る前にデータ圧縮や暗号化、スロットリングを行っています。なお、Microsoft System Center Data Protection Manager や Windows Server Essentials のバックアップにも対応しています。

Windows Azure Hyper-V Recovery Managerは、招待制プレビューとして先行公開されていましたが、この度公開プレビューとして誰でもご利用いただけるようになりました。System Center 2012 によるプライベートクラウド環境の複製、リカバリー機能を提供するもので、データの自動保護や非同期複製、順次リカバリーにより、災害時などを含めた復旧機能を提供します。リカバリー対象のアプリケーションデータ自体はプライベートクラウド(社内設置)に留まり、サーバー環境情報のみが Windows Azure 上に保持されます。

Windows Azure Team Blog > Announcing the release of Windows Azure SDK 2.2, General Availability for Windows Azure Backup and Preview of Hyper-V Recovery Manager

ScottGu's Blog > Windows Azure: Backup Services Release, Hyper-V Recovery Manager, VM Enhancements, Enhanced Enterprise Management Support

Comments (0)

Skip to main content