Windows Azure が IaaS/PaaS として初めての FedRAMP JAB P-ATO を取得


Windows Azure は米国政府の FedRAMP Joint Authorization Board (JAB) による P-ATO (Provisional Authorities to Operate) 認定を、パブリッククラウドサービス (IaaS / PaaS) として初めて取得しました。

FedRAMP (Federal Risk and Authorization Management Program) は、米国共通役務庁 (U.S General Services Administration) が行っている、クラウドサービスのセキュリティ標準の制定、認定およびモニタリングを行うプログラムです。

国防総省 (Department of Defense) / 国土安全保障省 (Department of Homeland Security) を含むメンバーにより構成された FedRAMP JAB により P-ATO の認定が行われ、米国政府機関がクラウドサービスを利用する上で必須のセキュリティ基準となっています。 

Windows Azure Blog > Windows Azure Achieves another Industry First with its FedRAMP JAB P-ATO (→ 日本語)
The Official Microsoft Blog > Windows Azure cloud services achieve critical federal security milestone

U.S General Services Administration > FedRAMP

Comments (0)

Skip to main content