Windows Azure Plugin for Eclipse with Java アップデート、SDK v2.1 に対応


Windows Azure SDK for .NET のアップデートに合わせて、MS Open Tech により Java 用開発キットである Windows Azure Plugin for Eclipse with Java の 2013 年 8 月版アップデート が公開されています。

こちら Windows Azure SDK (for .NET) 2.1 に対応するもので、最新リリースである Eclipse Kepler に対応しています (minimum base として Indigo / Juno が必要)。また、ローカルの JDK および アプリケーションサーバーをデプロイパッケージに含めるオプションがなくなり、ストレージ(Blob) にアップロードしてデプロイする方法に変更となります (既存のプロジェクトも含む)。

GitHub > Windows Azure Toolkit for Eclipse with Java

Interoperability @ Microsoft > Updated Windows Azure Plugin for Eclipse with Java – Kepler, new Windows Azure SDK, and less is more for deployment options
windowsazure.com > What's New in the Windows Azure Plugin for Eclipse with Java (by Microsoft Open Technologies)

Comments (0)

Skip to main content