柏の葉キャンパス駅前デジタルサイネージ、本格運用を開始 ~ Windows Embedded 8 および Windows Azure を活用


千葉県柏市、柏の葉キャンパス地域にて次世代都市として街づくりが進められている 柏の葉スマートシティ に、日本初のデジタルサイネージ (電子看板) システムである「柏の葉キャンパス駅前デジタルサイネージ」が設置され、エネルギー供給や防災の情報を含め、街の生活情報をリアルタイムに発信しています。

こちらは柏市、柏の葉アーバンデザインセンター、三井不動産株式会社、ストリートメディア株式会社、日本ヒューレット・パッカード株式会社、日本マイクロソフト株式会社の 6 社によって進められており、4 か月間にわたって稼働や操作性の検証が行われたのち、2013 年 8 月より本格稼働が開始となりました。

このデジタルサイネージは、組み込み機器向けOSである Windows Embedded 8 で稼働する、大画面やタッチパネル型のサイネージで、NFC (Near Field Communication: 近距離無線通信技術) 搭載により、外部デバイスと連携してサービスの拡充も可能です。

街づくりに関わる各団体が日々情報を発信しているそれぞれのホームページと連携し、一元化してデジタルサイネージ用のコンテンツに自動加工し、リアルタイムに表示する情報基盤が構築されており、サイネージで表示する情報の連携や処理に Windows Azure が活用されています。

Microsoft News Center > 「柏の葉キャンパス駅前デジタルサイネージ」 8月1日より本格運用開始

Comments (0)

Skip to main content