Windows Azure SDK for .NET 2.1 公開、Visual Studio 2013 Preview に対応


Windows Azure SDK 2.1 が公開されました。いよいよ Visual Studio 2013 Preview に対応、Visual Studio 2012 / 2010 版の 3 種が用意されています。

今回は Visual Studio 開発機能の強化がメインになります。

Visual Studio サーバーエクスプローラーからの Windows Azure 操作および管理

サーバーエクスプローラーに Windows Azure の各サービス (クラウドサービス、仮想マシン、ストレージ、サービスバス) が表示され、稼働状況を確認できます。Windows Azure 仮想マシンは起動、停止の操作を行うこともでき、Windows Azure 管理ポータルにアクセスしなくても Windows Azure の管理、操作が行えます。

20130802_01

Emulator Express (Express モードのエミュレーター)

これまで Windows Azure クラウドサービスをローカルでテストするエミュレーターを起動するには、Visual Studio を管理者権限で起動しておく必要がありました。今回導入された Emulator Express によりその必要がなくなり、通常のユーザー権限でデバッグを行うことができるようになりました。

20130802_02

なお、今後の SDK では Visual Studio 2010 はサポート対象外になります。また、v 1.7 より前のバージョンでは クラウドサービス の Side-by-Side デバッグ がサポートされていません。

また、いくつかの制限事項があります;

  • ASP.NE MVC5 Web API プロジェクト、SPA プロジェクトを Visual Studio 2013 Preview で作成する場合、ODataLib 5.5 を手動で追加する必要があります
  • Windows 8.1 + Visual Studio 2013 Preview の環境では、Internet Explorer の Enhanced Security モードによりローカルサイト (http://127.0.0.x) がTrusted Siteとしてリストされていないため、デバッグなし実行(Ctrl+F5)を行うことができません。(通常の デバッグ実行 (F5) は問題ありません)
  • SDK 2.0 以降で スタートアップタスクに ServiceRuntime をロードすると例外が発生するため、AppConfigファイルに useLegacyV2RuntimeActivationPolicy を追加する必要があります
  • WebPI フィードのインストールは、2010年または2011年のルート証明機関がない場合に失敗します

 

windowsazure.com> ダウンロード – .NET
Windows Azure SDK for .NET 2.1 : Visual Studio 2013 Preview 版 / Visual Studio 2012 版 / Visual Studio 2010 版

windowsazure.com > Windows Azure SDK for .NET 2.1 Release Notes
windowsazure.com >  What’s New in the Windows Azure Tools – August 2013 Release (Version 2.1)


Comments (0)

Skip to main content