WPC 2013 アップデート: Windows Azure AD Application Access, Power BI for Office 365, Premium Offer for Windows Azure SQL Database


全世界のマイクロソフト パートナー企業向けカンファレンスである Microsoft Worldwide Partners Conference 2013 が 米国ヒューストン にて 7/7~ 11 (現地時間)の日程で開催されており、マイクロソフトの Device + Services Vision はもちろん、さらに "Cloud First" のソリューションを展開してゆくためのクラウドサービス関連の最新情報、アナウンスが発表されています。

  • Windows Azure Active Directory Application Access Enhancements
  • Power BI for Office 365
    • Office 2013 のアドオンとして プレビュー公開されていた “Data Explorer”、”GeoFlow” を含む BI 機能がクラウドベースの Office365 で利用できるようになります。       
      Excel からさまざまなデータにアクセスして分析を行う Power Query (Codename “Data Explorer”) は、Windows Azure HDInsight の Hadoop クラスターにも接続できます。また、Power Map (Codename “GeoFlow”) により、データを地図上にマッピングして 2D/3D 表示することが容易に行えます。
    • Office 2013 用ダウンロード : Microsoft Power Query for Excel / GeoFlow for Excel 2013
  • Premium Offer for Windows Azure SQL Database 
    • 占有領域で Windows Azure  SQL Database を稼働させる “Premium” 版が発表され、より強力で可用性の高いデータベースサービスを提供します。こちらは間もなく招待制プレビューで利用できるようになります。
    • 【7/24 追記】Premium for SQL Database のプレビュー申込が開始されました。windowsazure.com のアカウントページにある、プレビュー機能申込のページからお申込み可能です。

なお、Windows Server 2012 R2 Preview / System Center 2012 R2 Preview も公開となり、早速 Windows Azure 仮想マシン でも Windows Server 2012 R2 Preview のイメージが用意されており、すぐに試用や検証が可能です。

他にも、プライベートおよびハイブリッドクラウドのソリューションを推進するための マイクロソフトおよび主要パートナーによる Cloud OS Accrelerate Program の発足、Windows Intune の 30% 値下げがアナウンスされています。

 

The Official Microsoft Blog > Partners in the cloud for modern business  
Office News Blog > Announcing Power BI for Office 365
Microsoft Worldwide Partners Conference 2013 Web サイト

Comments (0)

Skip to main content