Windows Azure Toolkit for Eclipse with Java v2.0 公開


Windows Azure SDK for .NET 2.0 に合わせて、Windows Azure 用の Java アプリケーション開発を支援する Windows Azure Toolkit for Eclipse with Java の2013 年5月版プレビュー(v2.0) が公開されました。

ローカルのJDKを Windows Azure ストレージに自動でアップロードしてデプロイを行う機能や、ストレージアカウントのアクセスキーの一元管理、アプリケーション発行時のリモート接続設定といった機能が強化されています。また、Windows Azure Libraries for Java (v.0.4.2) が Eclipse ライブラリに追加され、既存のJava プロジェクトでWindows Azure API をすぐに利用できるようになっています。

Interoperability @ Microsoft > If you’re working with Java on Windows Azure, this update is for you!

Comments (0)

Skip to main content