Windows Azure 仮想ネットワーク の機能追加 ~ Point-to-Site 接続、ソフトウエア VPN 接続を可能に


先日 GA (正式公開) になった Windows Azure 仮想ネットワーク の機能追加がアナウンスされました。

これまでに提供されている Windows Azure に構成した仮想ネットワークと社内ネットワークの VPN 接続は Site-to-Site VPN (サイト間接続) と呼ばれ、社内ネットワーク側では固定 IP アドレスを持つ VPN 機器 (ハードウエア) で接続する必要がありました。今回、Point-to-Site VPN (ポイント対サイト接続) と呼ばれる SSTP を使用した個別デバイスからの接続が可能になりました。(こちらはプレビュー機能としての公開です。)

また、Site-to-Site VPN の接続元として、ソフトウエアの VPN 機能を利用できるようになり、Windows Server 2012 RRAS (Routing and Remote Access Services: ルーティングとリモート アクセス サービス) を利用して、Windows Azure に VPN 接続できます。

他の仮想ネットワークのアップデートとしては、仮想ネットワークの DNS サーバー の設定を行った際、仮想ネットワークや仮想ネットワークに参加している仮想マシンを再度デプロイ/再起動しなくても、新しい設定が適用されるようになりました。 

 

【追記】

なお、合わせて Windows Azure 仮想マシンやクラウドサービスの機能改善、Windows Azure SDK for Ruby の公開 がアナウンスされています。

Windows Azure 仮想マシンのアップデートとして、作成時に リモート PowerShell のエンドポイントを追加できるようになった他、Linux 仮想マシン作成時に SSH キーをアップロードすることでパスワード認証を使わない設定ができるようになりました。

また、Windows Azure クラウドサービスでは、サービス(Web / Worker ロール) をデプロイした後に、RDP (Remote Desktop Protocol: リモートデスクトップ接続) を管理ポータルから設定できるようになりました。

 

Windows Azure Blog > Virtual Network adds new capabilities for cross-premises connectivity
ScottGu’s Blog > Windows Azure: Improvements to Virtual Networks, Virtual Machines, Cloud Services and a new Ruby SDK

windowsazure.com > Configure a Point-to-Site VPN in the Management Portal (Site-to-Site VPN の設定方法)

Comments (0)

Skip to main content