Windows Azure Active Directory 正式公開、無料で利用可能


Windows Azure Active Directory が正式リリース (GA: General Availability) となりました。

Office 365、Dynamics CRM Online、Windows Intune、そして Windows Azure のアクセス管理からスタートした Windows Azure Active Directory は、世界規模のクラウドによる ID 管理サービスとなりました。社内リソースとクラウドサービスへ同一 ID によるシングルサインオンアクセスを提供し、クラウド+オンプレミスのハイブリッド環境に柔軟に対応できます。

Windows Azure Active Directory の正式公開に合わせ、現在利用中の Windows Azure サブスクリプションで ディレクトリ テナントを追加できるようになり、カスタムドメインの追加 や シングルサインオンの設定、ディレクトリ同期など、Windows Azure 管理ポータルから操作できるようになっています。Microsoft アカウントに加えて Windows Azure Active Directory で管理されている ID を利用できるようになるなど、Windows Azure にアクセスできるユーザーの追加や管理も容易になりました。

なお、これまでプレビュー期間として無料で提供されていた Windows Azure Active Directory の各機能 (AD テナント、ユーザー / グループ管理、シングル サインオン、グラフ API、クラウド アプリケーション プロビジョニング、ディレクトリ同期、ディレクトリ フェデレーション) は、正式公開後も無料で提供されます。

Windows Azure Blog > Windows Azure Active Directory: Ready for Production with over 265 Billion Authentications &  2.9 Million Organizations Served!
windowsazure.com [English] > Active Directory

windowsazure.com [日本語] > 料金の詳細: ID

 

Comments (0)

Skip to main content