鳥取県日野郡日南町の太陽光発電所の電源管理システムに Windows Azure を採用


鳥取県日野郡日南町の大規模太陽光発電所(メガソーラー)である石見東太陽光発電所は、マウンテンフィールズ株式会社が Windows Azure をプラットフォームとして開発した電源管理サービスである「AEMS-Cloud」を採用、2013 年 3 月より実運用が始まっています。

AEMS-Cloud は、各種センサーで計測されるデータを集積し、発電量や太陽光パネルの稼働状況を監視、自動管理を行うサービスで、インターネット経由で遠隔地から運用状況監視を実現します。クラウドサービスを活用することで、今後の情報量の拡大、発電所の規模の拡大にも柔軟に対応できます。

Microsoft PressPass > [導入事例]鳥取県 日南町 石見東太陽光発電所
マウンテンフィールズ株式会社 > ソリューション : エネルギーマネージメントサービス

 

【4/11 追記】

マイクロソフト米国本社の Environmental Sustainability Team 公式ブログにて紹介されています。

Microsoft Green Blog > How Windows Azure is Helping Manage Solar Energy Generation in Japan

Comments (0)

Skip to main content