Windows Azure ストレージ障害発生 (2 月 23 日)


2013 年 2 月 23 日(日本時間) に Windows Azure ストレージにおいてサービス中断が発生致しました。ご利用いただいているお客様には大変なご迷惑をおかけ致しましたこと、心よりお詫び申し上げます。

日本時間 2 月 23 日 5:44 (AM) より、SSL 証明書に期限切れに伴い、HTTPS トラフィックに対して 世界規模で Windows Azure ストレージ のサービス中断が発生致しました。(HTTP トラフィックに関しては影響はありませんでした。) 影響のあったクラスターに対して SSL 証明書の更新を行う修復作業を行い、日本時間 同日 18:00 には全てのデータセンターにおいて 99% 以上のストレージが利用可能となっております。

サービス中断と復旧までの経緯は windowsazure.com の サービスフィード (Windows Azure Storage – East Asia) にてご確認いただけます。

今回の障害に関する正式発表は、公式ブログにて公開予定となっておりますので、今しばらくお待ちください。

 

【追記】

Windows Azure Blog (公式ブログ) にて今回の障害について掲載されています。

SLA に基づきサービスクレジットを発行すること、および 原因究明と今後の再発防止策について順次公開される旨、記載されています。

Windows Azure Blog   >  Windows Azure Service Disruption from Expired Certificate ( → 日本語訳)

 

【3/14 追記】

改めて詳細をこちらにまとめております。

2月23日の Windows Azure ストレージ のHTTPS アクセス中断について (詳細) (3/4 Post)

 

 

Comments (0)

Skip to main content