Windows Azure 管理ポータルへのシングルサインオンアクセス ~ Windows Azure Active Directory と Windows Server Active Directory の連携

マイクロソフトの SaaS 型クラウドサービス (Office 365 / Dynamics CRM Online / Windows Intune) の ID 認証を担い、また、Windows Azure 上の Active Directory としてサービスを提供している Windows Azure Active Directory は オンプレミスの Windows Server Active Directory と同期可能です。 このたび Windows Azure 管理ポータルの ID 認証に Windows Azure Active Directory が統合されました。Windows Azure AD と Windows Server AD の連携により Windows Server AD で管理されている テナント / ID を用いて…

0

Windows Azure SDK 1.8 以降の Visual Studio による Web サイト配置

こちらも少々アップデートが遅れましたが、Windows Azure SDK 1.8 より Web サイト配置のオプションが追加されています。 Web サイト プロジェクト (WSP)  をサポートするようになり、Web アプリケーション プロジェクト (WAP) と同じ手順で Windows Azure Web サイトに直接配置できるようになっています。 これまで WSP を配置する場合は、毎回すべてのファイルを Windows Azure 側にアップロードする必要がありましたが、Web 配置を利用して差分を検出し、変更されたファイルのみをアップデートするようになっています。なお、Visual Studio による Web サイト 発行では、直接 サーバーへ Web 配置を行う他、Web 配置用のパッケージ、FTP、ファイルシステム、FPSE による発行をサポートしています。 .NET Web Development and Tools Blog > Web Publish Updates with Windows Azure SDK 1.8 MSDN ライブラリ >…

0

Windows Azure ストレージ クライアントライブラリ 2.0 ~ Windows 8、Windows RT、Windows Server 2012 対応

少々アップデートが遅れましたが、Windows Azure SDK v1.8 のリリースと共に Windows Azure ストレージ にアクセスする .NET ライブラリである Windows Azure ストレージ クライアントライブラリ 2.0 が利用可能になっています。こちらは .NET 4.0 ライブラリに加えて Windows 8、Windows RT および Windows Server 2012 向けライブラリ が CTP (Customer Technology Preview) としてリリースされています。 Windows Runtime のサポートに伴う再設計、ルート名前空間の変更など、大きく変更が行われています。なお、最新版は 2.0.1 (11/12付) となっています。 今回変更/ アップデートされている内容は以下になります; 名前空間の変更、簡素化 : Microsoft.WindowsAzure.StorageClient → Microsoft.WindowsAzure.Storage への変更 ODataLib(ver5.0.2) をベースとした効率的な新しいテーブル実装 デバッグ、設定機能 : OperationContext クラスによるデバッグ、診断情報 同期および非同期プログラミングモデルによる実装 : True…

0

マイクロソフト、クラウド統合ストレージサービスを提供する StoreSimple を買収

StorSimple はCloud Integrated Storage (CiS: クラウド統合ストレージ) と呼ばれるサービスを提供しており、クラウドストレージ、クラウドへのデータのアーカイブやバックアップなどの機能を持ち、オンプレミスおよびクラウドをシームレスに統合する、可用性の高い、セキュリティ・災害対応(Recovery Disaster)のデータ管理ソリューションを提供します。 マイクロソフトと StoreSimple は 2012 年 10 月に最終合意 しており、このたび正式買収となりました。 The Microsoft Conference 2012 など Windows Server 2012 の説明として “Cloud OS” という表現が使われていますが、Windows Server 2012 とWindows Azure をコアとして、オンプレミスとクラウドを統合、可用性の高いハイブリッドクラウド環境を提供するという意味が込められています。こちらStorSimpleが提供するサービスの方向性、価値と同じであり、マイクロソフトとStorSimpleが協力してより良いストレージサービスを提供してゆく旨が言及されています。 Windows Azure Team Blog > Microsoft Acquires StorSimple Windows Azure Team Blog > Microsoft Reaches Definitive Agreement to Acquire StorSimple Microsoft News Center > Microsoft…

0

Windows Azure 管理ポータルの機能強化 ~2012年10-11月アップデートまとめ

先日、Windows Azure 管理ポータル (manage.windowsazure.com) で日本語が利用可能になりましたが、他にも便利な機能が追加、アップデートされています。 6 か国語のサポート 日本語のサポートと同時にドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語も利用できるようになり、英語と合わせて 6 か国語で利用可能になりました。 2012 年 10 月の Windows Azure 一斉アップデート : .NET 4.5 & Windows Sever 2012 対応、SDK 1.8 リリース、管理ポータル日本語対応 (10/29 Post) 操作ログの取得 Windows Azure クラウドサービスやストレージに対する操作 (サービス作成やデプロイなど)のログがサブスクリプション別に簡単に抽出できます。 Windows Azure SQL データベースの稼働状況ダッシュボード コンピューティングサービス (クラウドサービス、Webサイト、仮想マシン) と同様に、SQL データベースの稼働状況を確認できるダッシュボードが利用できるようになりました。 Windows Azure 仮想マシンの Quick Create オプション 予め用意されているVMイメージを利用するギャラリーにも、”Quick Create (簡易作成)” のオプションが追加され、仮想マシンの作成ステップが簡易になりました。仮想マシンのイメージ(VHD) を配置する ストレージを指定したい場合は従来のギャラリーからの作成を行って下さい。 全てのデータセンターにおける…

0

データ層アプリケーションフレームワーク 2012 年11月版による Windows Azure SQL データベースの改善

SQL Server における データ層アプリケーションフレームワーク (DACFx : Data-Tier Application Framework) の 2012 年 11 月版アップデートが行われ、Windows Azure SQL データベース 関連の問題も修正されています。 Windows Azure SQL データベースに対して BACPAC 形式ファイルによるインポートおよびエクスポートを行う際、データベース接続がスロットリング(*)された場合にデータを損失する可能性があった問題が解決されています。また、DACFx による Windows Azure SQL データベースの利用における パフォーマンスと安定性の改善がなされています。 SQL Server Data Tools Team Blog > SQL Server Data-Tier Application Framework (November 2012) Available DACFx を用いることによって Windows Azure SQL データベースを オンプレミス または Windows Azure 仮想マシン上のSQL…

0

Windows Azure Training Kit 2012年11月版公開、Windows 8 対応強化

Windows Azure Training Kit の 2012 年 11 月版が公開されました。 Windows Azure SDK (2012 年 10 月版) に対応、Visual Studio 2012 および Windows 8 版が追加されています。また、Windows Azure モバイルサービスの Windows ストアアプリ開発コンテンツが拡充されています。 一括または個別に選択してインストールできるインストーラー形式になっているほか、GitHubでも公開されています。  windowsazure.com [en-us] > Windows Azure Training Kit GitHub > Windows Azure Training Kit

0

Windows Azure がスパコン処理能力 世界ランキング TOP500 にランクイン

年2回発表されるスーパーコンピューターの処理能力世界ランキングである TOP500 に Windows Azure がランクインしました。Top500 は日本の理化学研究所の「京」が 2011 年 6 月 および 11 月に世界 1 位となったのが記憶に新しいかと思います。 今回、 2012 年 11 月版のランキングで、Windows Azure は 8,065 コアで 151.3 TFlops となり 165 位、90.2 % の論理性能比を達成しました。こちらは RDMA (remote direct memory access) による InfiniBand を導入し、Windows Azure で Hyper-V 上に稼働する仮想マシンに展開された Windows Server 2012 で実現しています。 こちら ベンチマーク用の特殊な環境ではなく、Microsoft HPC Pack 2012 と Windows Azure を利用して ハイパフォーマンスコンピューティング が実現できます。  今後、Windows Azure…

0

Windows Azure カスタマーサポートを 5種類のプランに変更

Windows Azure カスタマーサポートの変更 および 新しいプランがアナウンスされました。 無償 / デベロッパー / スタンダード / プロフェッショナルダイレクト(英語対応のみ、米・英・カナダ限定) / プレミア の5種類となり、2012 年 12 月末まで スタンダード サポート を無料でお試し頂けます。 無償を含む いずれのプランでも、フォーラムでのマイクロソフトのエンジニアによるサポート、日本語を含む 8 か国語によるサポートが利用可能です。また、プロフェッショナルダイレクト および プレミア サポートでは、深刻度に合わせた応答時間の短縮、アドバイザリーサービス、開発者支援なども提供されます。 なお、有償プランのうち、デベロッパー、スタンダード、プロフェッショナルダイレクト サポート は月々一定料金 (サブスクリプション) となり、サブスクリプション期間は6か月となります。オンラインで申込みでき、管理ポータルからのサポートチケットの利用・管理が行えます。  サポートプラン  料金(JPY/月) デベロッパー  ¥  2,534.89  スタンダード ¥26,223 プロフェッショナル ダイレクト ¥87,410 windowsazure.com > Windows Azure のサポート Windows Azure Team Blog > Announcing: Comprehensive Updates to Windows Azure Customer Support…

0

Windows Azure Active Directory の機能強化、ASP.NET Fall 2012 Update でユーザー認証機能を簡単に組み込み

Windows Azure Active Directory の機能強化がアナウンスされました。 Build にて発表された ASP.NET Fall 2012 Update (Build Preview) により  Windows Azure Active Directory を用いたユーザー認証機能を簡単に Web アプリケーションに組み込むことができるようになっています。Offce365、オンプレミス環境のActive Directory から同期する 社内アカウント、もちろん Windows Azure Active Directory で作成したドメインを利用して認証できます。 Visual Studio 2012 のウィザードが用意され、数ステップで完了、Windows Azure Web サイトに配置可能です。 その他に発表された機能強化は以下になります; Web SSO の機能強化 SAML 2.0 のサポート、WS-Federation によるサインアウトのサポート、アプリケーション ID に URI を利用可能になります Differential Query (差分クエリ) のサポート Windows Azure Authentication Library (Windows Azure…

0