ロンドンオリンピック 2012 の中継、録画映像配信で Windows Azure Media Services が活躍


まだまだ話題の尽きないロンドンオリンピックですが、Windows Azure Media Services のアナウンスと同時に発表された通り、ロンドンオリンピック の映像配信では Windows Azure Media Services が使われていました。

2,300 時間におよぶ中継および録画の映像コンテンツを 20 以上の国 へ配信を行う上で、deltatre / Southworks / gskinner / Akamai のパートナー各社が利用している自動化プラットフォームとWindows Azure Media Services を連携させ、エンコーディングから配信までが行われました。 Smooth Streaming による配信が行われ、ブラウザ閲覧用には Sliverlight / Flash にて対応、iOS(iPhone/iPad) / Android / Windows Phone 7 の各種デバイスにも対応しました。

Windows Azure Media Services を利用することにより、世界中にある Windows Azure のデータセンターを活用でき、ブロードキャスティングに必要な機能を選択し、既存のプラットフォームと統合しながら利用できます。

Windows Azure Team Blog > Windows Azure Media Services Enables Cloud Delivery of London Olympics  
ScottGu’s Blog > Windows Azure Media Services and the London 2012 Olympics

windowsazure.com [ English | United States ] > How to Use Media Services

只今 Windows Azure Media Services は プレビューとして利用が可能です。サブスクリプションをお申込みいただいた Microsoft アカウント (旧 : Windows Live ID) で windowsazure.com のアカウントページ にサインインいただき、アカウント > プレビュー機能 からお申込みいただけます。 

 

Comments (0)

Skip to main content