Windows Azure SQL データベースの機能強化 ~ SQL Data Sync によるフェデレーションメンバー同期、ファイアウォール設定


Windows Azure SQL データベースは 2012 年 7 月版のアップデートが行われており、いくつかの機能強化が行われています。

その 1 つとして、SQL Data Sync でデータベースのフェデレーションメンバーの同期が可能になりました。Windows Azure SQL データベース のフェデレーション 機能は、 1つのデータベースを 複数のデータベース (フェデレーションメンバー(データベース)) に分割して保持し、拡張性とパフォーマンスを向上させます。

ある特定のフェデレーションメンバーのみの同期、複数のフェデレーションメンバーに分かれているデータの統合などを行えるほか、フェデレーションメンバーに含まれている データの取得情報である 参照テーブル (reference data/table) を同期設定することが可能になり、これまでフェデレーションメンバーの数だけ同期が必要であった参照テーブルの同期作業が容易になります。

他にもカスタマーフィードバックの結果として、フェデレーションメンバーの参照テーブルにおける timestamp データタイプや Identity プロパティ の制限解除なども行われています。

なお、Windows Azure SQL Database の ファイアウォールの設定が変更されています。これまでは SQL データベースサーバーごとに接続できる IP アドレスの範囲を設定するものでしたが、各データベースサーバーに作成される データベースごとに ファイアウォールを設定することができるようになっています。これにより、同じデータベースサーバーに置かれている不要なデータベースへのアクセスブロックが可能になるなど、柔軟な設定ができるようになりました。

Server & Tools Blogs – Your Data in the Cloud Blog > Newsflash: Reference Data Management Simplified in Federations with the July 2012 Update to SQL Database! Reference Data Replication with Data Sync Service, Unique ID Generation for Reference Data and more…

Vivek’s Blog > Control access at the database level using the improved Windows Azure SQL Database firewall rules

Microsoft TechNet ライブラリ > Windows Azure SQL データベースでのフェデレーション

Comments (0)

Skip to main content