次期 Office 365 および Sharepoint と Windows Azure の連携


 

Microsoft Office の次期バージョンである Office / SharePoint 2013、Office 365 の β 版が公開されましたが、App for Office と呼ばれる アドオン開発では Windows Azure と Office 365 の連携が強化されています。 

Office Developer Tools for Visual Studio を利用することで Web サービスである Office 365 と連携したアプリケーションを容易に作成できますが、開発したアプリケーションは Windows Azure (Web サイト) に配置可能です。また、ID認証・コントロール機能を持つ Windows Azure Active Directory に加えて Windows Azure Workflow と呼ばれる .NET 4.5 ベースのワークフロー機能が Windows Azure で利用できるようになり、SharePoint と連携したワークフローアプリケーションをクラウドに配置し、利用することが容易になります。 

Apps for Office and SharePoint Developer Preview : 次期 Office 365 の開発者アカウントの取得、試用が可能です。
Apps for Office and SharePoint Developer Preview > Samples

Microsoft Office Developer Tools for Microsoft Visual Studio 2012
Windows Azure に配置する場合は、Windows Azure SDK for .NET 1.7 も合わせてダウンロード、インストールしてください。

ScottGu’s Blog > Windows Azure and Office 365 (日本語)

Comments (0)

Skip to main content