Windows Azure 管理ポータル アップデート、日本語利用可能に


Windows Azure Develper Portal (管理ポータル)がアップデートされ、これまでの英語表記のみから 日本語を含む 11 か国語で利用可能になりました。

また、今回のアップデートにより、Hosted Service のページで右クリックメニューが利用可能になったり、Hosted Service として稼働中のインスタンスを一旦停止しなくても削除できるようになったりするなどの変更が行われています。

新しい管理ポータルは、ローカルキャッシュの利用によりロードタイムが短縮されるように改善されており、初回アクセス時に ローカルストレージ クオータの拡張に関するアラートが表示されます(という方が多いと思います)。このような表示↓が出た場合は「クオータの変更」をクリックして頂き、画面表示に従って進んで頂ければ OK です。

この次に出る画面↓で「はい」をクリックすれば完了です。

 

Windows Azure Team Blog > Windows Azure Platform Management Portal Updates Now Available

 

Comments (0)

Skip to main content