Windows Azure AppFabric Apr 2011 公開、Access Control Service 2.0 リリース


Windows Azure AppFabric のメンテナンス後、Apr 2011 Release が公開されています。その中でも、これまで CTP として公開されていた Access Control Service (ACS) 2.0 が正式リリースとなっているのが大きなアップデートになります。それによって下記のような機能が利用可能になりました。

認証機能の強化
・ Active Directory Federation Service (ADFS) 2.0、Windows Live ID、Google、Yahoo、Facebook との ID 連携
・ OAuth 2.0 による認証委任

Web サービス標準プロトコルへの対応
・ WS-Federation, WS-Trust, OpenID 2.0, OAuth 2.0 (Draft 13)

開発生産性の向上
・ ODataによる管理
Windows Identity Foundation を利用可能

ACS 2.0 のサンプルコード、ドキュメンテーションは CodePlex で公開されています。

なお、開発ポータル(http://appfabric.azure.com/)が Silverlight ベースの Windows Azure Platform 管理ポータル(http://windows.azure.com/) に統合されています。

Windows Azure AppFabric Team Blog : Windows Azure AppFabric April release now available featuring a new version of the Access Control service!
CodePlex : Access Control Service Samples and Documentation
Microsoft TechNet ハイブリッドクラウド コンテンツ一覧 → ADFS 2.0 ホワイトペーパー「Active Directory から Windows Azure アプリケーションへのシングル サインオン」が公開されています


【6/20 追記】

Windows Azure AppFabric SDK Apr 2011 のアップデートが公開されました。(注 : May 2011 / June 2011 は CTP(Community Technology Preview)、今回の公開分はリリース版です。)

Microsoft Download Center : Windows Azure AppFabric SDK V1.0 - April Update
MSDN Library : Windows Azure AppFabric Overview - Addendum to the April 2011 Release Notes

Comments (0)

Skip to main content