Windows Azure SDK 1.4 リリース


Windows Azure SDKの最新版、1.4がリリースされました。

今回のリリースではWindows Azure Connect の管理機能の強化や複数管理者サポート、Windows Azure Content Delivery Network (CDN) のHosted Service サポートやHTTPS対応などが盛り込まれています。

Windows Azure Team Blog : NOW AVAILABLE – Updated Windows Azure SDK and Windows Azure Management Portal
Microsoft Download Center : Windows Azure SDK and Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio (March 2011)

また、これに合わせてWindows Azure 管理ポータルもアップデートされています。

Windows Azure Management Portal

【補足】

既に Windows Azure Tools 1.3 をインストールされている方は、SDK 1.4 (WindowsAzureSDK-x86.exe または WindowsAzureSDK-x64.exe) のみのインストールでOKです。

Windows Azure Tools 1.3 がインストールされているまま、Windows Azure Tools (VSCloudService.exe) をインストールすると、上書きされないことがあるようです。SDK 1.4 が正しくインストールされると、デフォルトのままインストールしている場合は、C:\Program Files\Windows Azure SDK\v1.4 というフォルダが生成されています。

Comments (0)

Skip to main content