マイクロソフトクラウド & エコロジー


ビジネスの機敏性向上やコスト削減がメリットとして語られることが多いクラウドですが、今後はエコロジーについて語られることが多くなるかもしれません。

データセンターによる大規模と集中化、運用の効率化により、各企業がオンプレミスでアプリケーションを稼働させるよりも、エネルギーやCO2排出量を30%以上削減でき、小規模企業がクラウドへ移行する場合はさらに効果が高く、削減率は最終的に90%を超えるという調査結果が出されています。

Microsoft Environment : Saving Energy and Carbon in the Cloud
Microsoft Japan Blog : Monday Memo - クラウドはEco! エネルギー消費量とCO2排出量を大幅抑制

Microsoft PressPass : マイクロソフト、クラウド コンピューティングがエネルギー消費量と二酸化炭素排出量の大幅抑制に効果を発揮するとの調査結果を発表  

Comments (0)

Skip to main content