Windows Azure CDN エッジサーバー ロケーション公開


Windows Azure コンテンツ配信ネットワーク (Content Delivery Network : CDN) のエッジサーバーのロケーション(都市名)が公開されています。北米(US)  8 か所、中南米 1 か所、ヨーロッパ 7 か所、そしてアジア太平洋地域は、香港・シンガポール・シドニー・東京の4か所です。 (※ロケーション数の記載に誤りがございました。お詫び申し上げます (8/12))

Windows Azure Team Blog : 20 Nodes Available Globally for the Windows Azure CDN

Windows Azure CDN とは、ネットワーク上にある複数のポイント (エッジサーバー) にデータ (オブジェクト) のコピーを配置することにより、クライアントアクセスのパフォーマンスを向上させます。詳しくは Windows Azure Platform Web サイト : FAQ – コンテンツ配信ネットワーク をご覧ください。  コンテンツの配信にどのエッジサーバーが使われるのかを、管理者側でコントロールすることはできませんので注意が必要です。(Windows Azure Platform Web サイト の価格情報、例えば Windows Azure Platform 特別導入プラン のページ下部にある「▼コンテンツデリバリーネットワーク」に詳細が掲載されています。)


【9/15 追記】

CDN エッジサーバーのロケーションに新たにソウルと台北が追加されました。これによりアジア太平洋地域のエッジサーバーが増強され、全地域において合計で22のロケーションに設置されていることになります。

Windows Azure Team Blog : Two New Nodes for the Windows Azure CDN Enhance Service Across Asia

ご参考まで CDN の利用方法についての解説です。

MSDN Library : Getting Started with the Windows Azure CDN


【2011/2/9 追記】

CDN エッジサーバーのロケーションにモスクワが追加されました。これでエッジサーバーは全世界で合計 23 となりました。

Windows Azure Team Blog : New Moscow Node of the Windows Azure CDN Brings Total Number of Nodes Available Globally to 23

Comments (0)

Skip to main content