Cognitive Services: 自然言語分類エンジンを LUIS (Language Understanding Intelligent Service) でスピード作成 ~ Prebuild Domain の利用方法

[English Version Available] Cognitive Services: 自然言語分類サービス Language Understanding Intelligent Service (LUIS) LUIS は口語などの文章を予め設定した分類に判別できる自然言語解析エンジンを作成でき、文章に含まれるエンティティを合わせて抽出できます。この自然言語解析エンジンは、お好みの分類(Intent と呼ばれます)と抽出したいエンティティ(Entity)を設定、典型的な例文(学習データ)をセットして自由に構成可能です。 2017年5月頃より各ドメインで良く使用される Intent と Entity をセットにした Prebuild Domain を使って、より簡単にエンジンを構成できるようになりました。以下では、この Prebuild Domain を利用して、自然言語解析エンジン (LUIS では App と呼ばれます) を構成する方法をご紹介します。(※ 2017/6 現在、LUIS では日本語を利用可能ですが、Prebuild Domain は英語のみの対応です。)   準備するもの Microsoft アカウント LUIS のサインインアカウントとして必要になります  (-> Microsoft アカウント 新規登録) LUIS サブスクリプションキー LUIS app から API アクセスする際に必要になります (-> Azure Portal から申込: 無料プラン(F0) を利用可能です)…

0

Cognitive Services: Building Natural Language Analyzer with LUIS(Language Understanding Intelligent Service), using Prebuild Domains

[日本語版はこちら] Cognitive Services: Language Understanding Intelligent Service (LUIS) LUIS is natural language analyze engine, to categorize and extract entities from colloquial sentence. You can build App (engine) easily setting up “Intents” (categories) and “Entities” on your own, or instantly using “Prebuild Domains” which are sets of commonly-used Intents and Entities. Here is how to build…

0

Cognitive Services: 写真を用意するだけ!Custom Vision でカスタム画像認識エンジン作成

[English Version available] Custom Vision : Microsoft Cognitive Services Custom Vision は Cognitive Services に追加されたサービスで、ご自分で用意した画像を使ってカスタムの画像認識エンジンを作成、Web API から呼び出せるサービスです。ご自分で画像認識ロジックを構築することなしに、画像をアップロードしてタグ付けし、学習させることで画像認識エンジンを構成できます。   Custom Vision を利用したカスタム写真認識エンジンの作成方法 準備 Microsoft アカウント Custom Vision のログイン情報として利用します。(お持ちでない方 -> Microsoft アカウント登録手続き) 画像 (写真) [学習用データ]ひとつのタグにつき、5枚以上の写真が必要です。 [テスト用データ] とりあえず2-3枚ご用意ください。 → 下記で使ったものと同じ画像をダウンロード可能です 🙂 画像は jpg/png/bmp、1枚当たり 4MB 未満   手順 Custom Vision Portal からの写真アップロード &認識エンジンの 学習 画像認識エンジンのテスト より詳細な手順は 人工知能パーツ Microsoft Cognitive Services で食べ物画像判定…

0

Cognitive Services: Deploy your own image recognizer with Custom Vision

[日本語版はこちら] Custom Vision : newly member of Microsoft Cognitive Services Custom Vision, family of Microsoft Cognitive Services, is a service to create original image detection engine, and you can call it as web API to recognize photos. Simply uploading photos and tagging image, detection engine is ready without building image detection logic yourself using machine…

0

de:code 2017: Session AI03 – Cognitive Services 概要&アップデートまとめ

少し時間が空きましたが、5/23-24 の de:code 2017 にお越しいただきました皆様、本当に有難うございました。 [AI03: AI × 導入の速さを武器に。”人工知能パーツ” Cognitive Services の使いどころ] のセッション を担当させていただきましたので、復習を兼ねて Cognitive Services の概要とアップデートのまとめを。 セッション資料 および 収録 の一般公開は準備中ですので、しばらくお待ちください。 【2017/6/27 Update】→ 動画は Channel9 、資料は SlideShare にて公開となりました。 また、Azure Webinar (オンラインセミナー) で Cognitive Services 概要編 & 開発編の 2 回に分けて開催予定ですので、こちらもご利用ください。 Cognitive Services 概要&アップデート編: 2017/6/20(火) 14:00~15:00 Cognitive Services 開発&活用方法編: 2017/6/21(水) 14:00~15:00 まとめ Cognitive Services 一覧 Cognitive Services を触ってみる: Demo Cognitive…

0

Build 2017: Cognitive Services New APIs – Custom Vision, Video Indexer, Custom Decision, Custom Search & Labs

[日本語版はこちら] Now Build 2017 event, Microsoft Event for developers is being held in Seattle on May 10-12 2017. You can view Keynote and other contents at Channel9 (on-live, or on-demand). At Day1 Keynote, Cognitive Services’ new APIs are announced and available as below! Information site for Cognitive Services Website (microsoft.com/cognitive-services) is integrated to Azure Website, and you can check direct…

0

Build 2017: Cognitive Services の新しい API 追加 – Custom Vision, Video Indexer, Custom Decision, Custom Search & Labs

[Engilish Version available] マイクロソフト本社の開発者向けイベント Build 2017 が米国シアトルにて 2017/5/10-12  (現地時間) の日程で開催中です。Keynote や Live 中継が Channel9 から視聴できます (追いかけ再生可能)。 Day1 Keynote にて Cognitive Services の 新しい API が発表されています。 これまでは Cognitive Services 独自のサイトがありましたが、Azure Web サイトに統合され、こちらから全 API の内容を確認できます。 https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/   New APIs Custom Vision Service Computer Vision API をお使いいただいていた中でもご要望が多かった、画像判定をカスタムでタグ付けできるサービスです。ご自身で画像判定ロジックを構築しなくても、画像をアップロードしてタグ付けを行うことで、画像判定エンジンを構築できます。 [Check&Try] Custom Vision Service のサイトから [Try Custom Vision Service] をクリック、または https://www.customvision.ai/ から直接アクセス [Document]…

0

Microsoft Cognitive Services (Face API, Computer Vision API & Content Moderator) GA!

2017/4/19 開催のオンラインイベント Microsoft Data Amp にて、Microsoft Cognitive Services の Face API, Computer Vision API & Content Moderator が GA (プレビュー終了→一般提供開始) が発表されました。 Microsoft Azure Blog > Microsoft Cognitive Services – General availability for Face API, Computer Vision API and Content Moderator SQL Server Blog > Delivering AI with data: the next generation of Microsoft’s data platform…

0

Microsoft Bot Framework & Cognitive Services 1 周年

Build 2016 で Bot Framework が発表されてから、そして (旧称) Project Oxford / Bing APIs が統合されて Cognitive Services という名前で紹介されてから、ちょうど丸 1 年になりました。これを機に開発リソースを簡単にまとめてみます。 Cognitive Services Cognitive Services 情報 開発ドキュメント API Reference と Testing Console SDKs & Samples 価格 Subscription Key 取得方法 Bot Framework Bot Framework 情報 開発ドキュメント Cognitive Services 認知機能を Web API 経由で利用できる “人工知能パーツ” である Cognitive Services は 21 種類からスタート、この 1年 の間に 24…

0

Q&A をコーディングなしで BOT 化! Cognitive Services QnA Maker による Q&A Bot 作成

Cognitive Services の新サービス、QnA Maker Cognitive Services に QnA Maker と呼ばれる新サービスが追加されました。 QnA Maker introduction on Cognitive Services Website QnA Maker Website こちらは、質問&回答のリスト、または FAQ のような Web サイトから、Q&A を行う BOT をコーディングなしで自動生成できるサービスです。QnA Maker で作成した AI エンジンは、Web API 経由でアクセスして回答を得られる Web サービス として利用できるほか、Azure Bot Service のテンプレートとしても選択できるようになりました。 Q&A のリストを編集・追加も GUI の画面から行うことができます。 * 日本語でも利用できますが、サポートは英語のみのため、機能が限定的である箇所もありますがご了承ください。 FAQ サイト または リストからの Q&A Bot 作成 新規 Q&A…

0