たったの 3 ステップ!文章判別 Bot を作成しよう by Azure Bot Service × LUIS (Language Understanding Intelligent Services)

bluesky_20161118_01
bluesky_20161118_01

[Engilish Version available] Azure Bot Service は “Bot-as-a-service”、1ステップで BOT の作成と公開ができるサービスです。Azure Portal から BOT を稼働させる Azure Functions の作成&公開と Bot Directory への登録を一度に行えます。今回はこの Azure Bot Service を利用し、テンプレートの形で組み込まれている LUIS (Language Understanding Intelligent Service) を用いて言語(日/英)を判別する、文章判別 BOT アプリを作成する手順をご紹介します。 準備 Microsoft アカウント (または 組織アカウント) Azure サブスクリプションの申し込みに必要です。(-> Microsoft アカウント登録手続き) このアカウントを Bot Directory や LUIS でも利用します。 Azure Subscription Azure Bot Service の作成に利用します (Azure のサービスとしては…

0

Now 3 Steps Tutorial: Simple Intelligent Bot by Azure Bot Service × LUIS (Language Understanding Intelligent Services)

bluesky_20161118_01
bluesky_20161118_01

[日本語版はこちら] Introduction Azure Bot Service is “bot-as-a-service” which we can publish bot app, deploying app on Azure Functions and registering Bot Directory at once in Azure Portal. This is 3-step tutorial to deply bot app using Azure Bot Service, add text-analytics flavor using and training pre-built LUIS (Language Understanding Intelligent Service). Requirement Microsoft Account (or…

0

BOT 作成がより簡単に。Azure Bot Service による BOT アプリ作成&公開 [手順付き]

bluesky_20161116_01
bluesky_20161116_01

Azure Bot Service とは 11/15 付で Azure Functions 上で Bot Framework による BOT を展開するサービスである Azure Bot Service が発表され、プレビュー利用可能になりました。 Azure Bot Service により、これまで Bot Framework で BOT アプリ作成 → Azure で公開 → Bot Directory に登録、という手順が必要だったところを、Azure Portal から 一度に作成できるようになりました。 Microsoft Azure > Azure Bot Service Microsoft Azure Blog > Microsoft Azure Announces Industry’s First Cloud Bot-as-a-Service 以下、Azure…

0

5ステップでズバリ!笑顔判定BOT を作成しよう by Microsoft Bot Framework and Cognitive Services

bluesky_20161110_03
bluesky_20161110_03

[English version available] Tech Summit 2016 でもご紹介いたしました「笑顔判定BOT」を5ステップで作成する手順をご紹介いたします。こちらは写真を送ると、人物の表情を分析し、スコア (0~100%) を返答する BOT です。Bot Framework の C# テンプレートをベースとして、Cognitive Services の Emotion API を利用するクラスライブラリーを追加して開発を行います。   必要な準備 Microsoft アカウント Bot ディレクトリーへの登録やCognitive Services サブスクリプションの申し込みに必要です。Azure サブスクリプション でも利用します。(→Microsoft アカウント登録手続き) Visual Studio 2015 Enterprise, Pro の他、無料の Visual Studio Community でもOKです。 Bot Framework Template & Emulator Bot Framework C# テンプレート をダウンロードして、zip ファイルのまま Visual Studio のテンプレートフォルダに配置します。デフォルトでは C:\Users\[Username]\Documents\Visual…

0

Just 5 Steps Tutorial: “Smile Score Bot” by Microsoft Bot Framework and Cognitive Services

bluesky_20161110_03
bluesky_20161110_03

[日本語版はこちら] Introduction This is 5-Steps tutorial developing “Smile Score Bot” which analyzes smile face from photo and sends back its score (between 0~100%). It is based on Bot Framework C# template and some class libraries added to use easily Cognitive Services Emotion API. Microsoft Cognitive Services is like “AI parts” which we can use via web…

0

Microsoft Tech Summit 2016 ~ Bot Framework と Cognitive Services による AI の民主化

bluesky_20161110_04
bluesky_20161110_04

Microsoft Tech Summit 2016 ご参加有難うございました! 2016/11/1-2 に開催されました Microsoft Tech Summit 2016 にご参加くださいました皆様 (&基調講演視聴いただきました方々も)、有難うございました! 基調講演の “Democratizing AI (AI の民主化)” パートにて Microsoft Bot Framework & Cognitive Services のご説明&デモ、および Cognitive Services セッション(APP-015)を担当いたしました。下記動画やレポートでご確認いただけるほか、補足情報をお知らせいたします。 Microsoft Tech Summit 2016 基調講演アーカイブ [オンデマンド動画] ASCII.jp > Microsoft Tech Summit 2016 基調講演(前編)セキュリティと管理の課題、マイクロソフトはこう切り込む ASCII.jp > Microsoft Tech Summit 2016 基調講演(後編)マイクロソフト、DevOpsやAI、FPGAクラウドなどを怒濤のアピール Cognitive Services & Bot Framework 導入事例 当日ご紹介いたしました事例…

0

Microsoft Ignite ~ “Democratizing AI” が実現する今後の方向性

bluesky_20161019_01s
bluesky_20161019_01s

2016/9/26-30に米国 アトランタで開催されていた今年の Microsoft Ignite。Keynote をはじめとする セッションは Ignite オンデマンド動画 で見られるほか、日本では Microsoft Tech Summit (2016/11/1-2) として Igntite のエッセンスをお伝えいたします。 Ignite では、Satya Nadella の Innovation Keynote にて マイクロソフトが注力する “Democratizing AI” (直訳すれば “AI の民主化”) という方針が示されました。これは、AI がもっと一般的に利用され、身の回りのあらゆるITサービスで使われる状況になることを意味しています。Microsoft Cognitive Services のように人間の認知機能を (自分でAIエンジンを作成し、学習させるといったプロセスなしで) API 経由で簡単に取り入れられるようになったことは、この “AI Everywhere” の状況を加速する一つの例です。 “Democratizing AI” を支える柱として、以下の 4 つのテクノロジーグループが紹介されていました (代表的な製品/テクノロジー名も併記してみました) ; Agent: ユーザーと直接やり取りを行うUI Cortana: ユーザー情報との連携によるパーソナライズされたサービス 取得された自分のアクティビティからのSuggestionを表示。音声入力だけでなく手書きも↓   Applications: 情報を活用し、洞察を得て、次の一手へのヒントを提供 Office 365, Dynamics…

0

LUIS (Language Understanding Intelligent Service) 日本語対応 ~ 解析エンジン作成&利用方法

Build 2016 から各種機能がアップデートされた自然言語解析ツールである LUIS (Language Understanding Intelligent Service)。日本語を含む 8 か国語対応になりました。 改めて LUIS による文章解析エンジン部分の作成方法と、アプリから LUIS を呼び出す利用方法について、ご紹介します。 ※詳細な手順については、LUIS で天気情報 BOT を作ろう![日本語解析エンジン作成編] (Qiita)をご覧ください。 最新情報は ↑ https://www.microsoft.com/cognitive-services/en-us/news に掲載   LUIS とは LUIS (Language Understanding Intelligent Service) は自然言語を解析するツールで、入力された文章の分類、およびキーワードの抽出を行うエンジンを GUI で作成できます。 作成したエンジンは API 経由、または公開されている C# ライブラリー経由でアクセスでき、結果は JSON 形式で取得できます。 (新) LUIS tutorial LUIS C# SDK (GitHub) LUIS に必要な準備 現在 β 版として利用可能で、アカウントは Microsoft アカウントに紐づけられます。また、作成したエンジンごとに…

0

Cognitive Services の新しい UWP サンプルアプリ “Intelligent Kiosk” – Face API & Emotion API による顔認識ダッシュボード

bluesky_20160729_03
bluesky_20160729_03

Cognitive Services SDK & Samples Cognitive Services の SDK & Samples のページが新しくなり、各種 SDK やサンプルは別々のGitHubレポジトリに変更されています。 Microsoft Cognitive Services > SDK & Samples この中に表示されているサンプルに、 UWP版のVision系(Computer Vision, Face, Emotion) API を使った “Intelligent Kiosk” が追加されました。 GitHub > Microsoft Cognitive Services Intelligent Kiosk Sample “Intelligent Kiosk” UWP サンプルアプリ 内容は、Face API と Emotion API による写真 or デバイスで撮影した画像の解析になっています。 Face API Playground: 写真…

0

Cognitive Services の Text Analytics API 日本語対応強化

bluesky_20160623_01
bluesky_20160623_01

Text Analytics API、日本語対応機能強化 Cognitive Services の Text Analytics API の対応言語が拡大、日本語で利用できる機能が増えました。 from Cortana Intelligence and Machine Learning Blog > Text Analytics API Now Available in Multiple Languages Text Analytics API は文章解析を行う API で、文章の言語判定、キーフレーズやトピックの抽出、ネガポジ (Sentiment) 分析などを行うことができます。 Microsoft Cognitive Services > Text Analytics API 今回の機能拡大により、日本語文章のキーフレーズ抽出ができるようになりました。こちら Text Analytics API のデモサイト↓で簡単に試すことができます。 https://text-analytics-demo.azurewebsites.net/ 文章を入力して [Analyze!] をクリックすると、分析結果が表示されます。黄色に表示されるのが抽出されたキーフレーズです。 Text Analytics API の使い方 言語判定、キーフレーズ抽出、ネガポジ分析はそれぞれ Request…

0