Cognitive Services Containers プレビュー提供開始

[English Ver] Cognitive Services の一部機能を Docker コンテナにダウンロード、構築して利用できる Azure Cognitive Services Containers がプレビュー提供開始となりました。 これにより、ご自身の(ローカルを含む) Docker 環境で Cognitive Services を利用でき、データの送受信に関する対応、インターネット接続の可否や遅延などの問題が解消されることになります。 Microsoft Azure Blog > Bringing AI to the edge Microsoft Azure Blog > Getting started with Azure Cognitive Services in containers Microsoft Azure Updates > Azure Cognitive Services Containers are in preview 利用可能な Docker 環境 以下の Docker 環境が利用可能です:…

0

Container support for Cognitive Services APIs

[日本語版はこちら] Now Azure Cognitive Services Containers is available for preview, which enables you to deploy Cognitive Services in Docker container (including local container). It means you can use cognitive features in your own containers, be free from internet connection and its delay, or get feature to keep your data stored locally. Microsoft Azure Blog > Bringing…

0

Microsoft Ignite 2018: Cognitive Services Video Indexer & Speech Service GA + Bot Framework v4

IT システム管理者 & 開発者向けイベント Microsoft Ignite & Envision 2018 が米国オーランドにて2018/9/24-28 (現地時間) の日程で開催されています。(オンライン配信あり) 日本では 11/5-7 で Microsoft Tech Summit 2018 として開催いたします。 Microsoft Ignite 2018 Live Microsoft Ignite 2018 Live(日本語) 本日(?) からセッションが始まっていますが、Cognitive Services & Bot Framework 関連のアップデートが発表されています Cognitive Services & Bot Framework 関連アップデート Video Indexer : GA (*repro) 先週アナウンスされていた Video Indexer の GA を再掲です。 What is Video Indexer…

0

Custom Vision の WinML モデル Export を利用した ユニバーサル Windows アプリ の開発

[English Ver] Cognitive Services Custom Vision Service は 画像分類 および 物体認識を行う ML (機械学習) モデル を数枚の写真から作成できるサービスです。作成した ML モデルは Web API として利用できるだけでなく、アプリ等で利用できる形でダウンロードすることも可能です。これにより、Web API ではなく、ローカルの環境で (=インターネット接続なしで) Custom Vision を利用できることになります。 ONNX 形式で定義された WinML を利用すると、ユニバーサル Windows  アプリ (UWP: Universal Windows App) に MLモデルによる分析機能を簡単に追加することが可能です。 Custom Vision Service を用いて WinML フォーマットの ML モデルを作成するには、Custom Vision Service の新規 Project 作成で、”compact” タイプの Domain を選択する必要があります。作成済みの Project でも、設定で Domain Type…

0

Developing Universal Windows app using WinML model exported from Custom Vision

[日本語版はこちら] Cognitive Services Custom Vision service is pre-build and customizable image classification & now object detection machine learning models builder, just uploading some photos to detect. You can use your ML models as Web API, also download in several format to use in your app, like CoreML for iOS, TensorFlow for Android, ONNX-based WinML for Windows, and now Docker…

0

Microsoft Build 2018 – Cognitive Services & Bot Framework アップデート

米国シアトルにて マイクロソフトの技術イベントである Microsoft Build 2018 が 2018 年 5 月 7~9 日 (現地時間) で開催されており、Azure, AI 関連のアップデートが発表されています。 Microsoft Build 2018 情報 Cognitive Services 関連アップデート Bot Framework 関連アップデート   Microsoft Build 2018 情報 Microsoft Build 2018 https://developer.microsoft.com/en-us/events/build  Microsoft Build 2018 Livestream (追いかけ再生で Keynote 視聴可能) https://mediastream.microsoft.com/events/2018/1805/Build/player/MPSLive.html Microsoft Build 2018 総括 Microsoft News > Microsoft Build 2018 https://news.microsoft.com/build2018/ Microsoft…

0

Cognitive Services – Custom Vision Service 有償版サブスクリプション提供開始

Cognitive Services の Custom Vision Service がアップデートされ、Paid Subscription (有償版)が可能になりました。 これまで Custom Vision Service の画像分析モデル(Project) は 管理アカウント (マイクロソフトアカウント) に関連づけられており、1アカウント当たり Project 数の上限 20、Prediction 1000回/日 などの制限がありました。この無償版サブスクリプションの制限を超えて利用したい場合に、有償版サブスクリプションをご利用いただけるようになりました。 Microsoft Azure Blog > Announcing new milestones for Microsoft Cognitive Services vision and search services in Azure Microsoft Azure Website > Cognitive Services の価格 – Custom Vision Service   Azure Portal からの Custom…

0

Cognitive Services – Custom Vision Service Paid Subscription Available

New Cognitive Services Custom Vision Service paid subscription announced. This mean you can predict images using Custom Vision Service in pay-as-you-go style over free trial subscription. With current (one and only) free subscription allows you to create max 20 of project (prediction model) and predict 1000/day, and now you can exceed those using paid subscription….

0

Language Understanding (LUIS) による自然言語処理: 概要、分析モデル作成、Web API 経由の利用

当記事は Cogbot Advent Calendar 2017 に参加中です。 自然言語処理のための分析モデルを容易に作成できる Language Understanding (LUIS)。LUIS では、分析モデルを作成するうえで、学習データの準備やエンジンの作成に自然言語処理 (NLP) が使われています。LUIS をより良くお使いいただくために、自然言語処理の基本となる NLP のプロセス、および それに沿って LUIS による分析モデルを作成する上で必要となる手順をご紹介します。 自然言語処理 (Natural Language Processing (NLP)) とは 自然言語処理のプロセス Language Understanding (旧称: Language Understanding Intelligent Service (LUIS)) とは Language Understanding (LUIS) による分析モデル (LUIS App) の作成方法 分析モデル (LUIS App) の 設計 分析モデル (LUIS App) の Web API からの利用 分析モデル…

0

ブラウザーだけで設定&編集可能!Azure Bot Service による Bot アプリ作成

2017 年 12 月にGA (プレビュー終了→一般提供開始) になった Azure Bot Service を利用すると、開発環境がなくてもブラウザーだけで&1ステップでチャットボット (Chatbot, 以下 Bot) が作成できます。 Azure Bot Service とは Chatbot というのは、Web API であり、Web サービスのアプリケーション(Bot アプリ)の構築と、Bot アプリをホストする Web ホスティング環境 (Web サーバー) が必要です。Azure Bot Service では、予め用意されている Bot Framework による Bot アプリ のテンプレートを元に Bot アプリを作成し、Web ホストとして Azure App Service Web App または Azure Function を利用して Bot アプリをデプロイ(配置、公開)するサービスです。 また、Bot Channel…

0