[SQL Database] アプリケーション作成における推奨事項について (Microsoft Azure SQL Database)

高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 SQL Server/Azure SQL Database サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure SQL Database を使用したシステムを構築するうえで、推奨されるアプリケーションの実装について紹介します。   Azure SQL Database は、クラウド上に配置されたデータベースをサービスとしてのプラットフォーム (Platform as a Service : PaaS) として提供しており、高可用性を実現するため、複数レプリカによる冗長性を備えています。また、高可用性を維持していくために、Reconfiguration (リコンフィグレーション) が内部的に行われています。 ※ Reconfiguration (リコンフィグレーション) の詳細については、以下の ブログを参照ください。   [SQL Database] Reconfiguration (リコンフィグレーション) は悪ではない。 http://blogs.msdn.com/b/jpsql/archive/2014/10/22/sql-database-reconfiguration.aspx   そのため、Azure SQL Database を使用したシステムを構築する場合は、アプリケーション側でも、 アプリケーションからデータベースまでの経路間におけるネットワーク遅延、及び、Reconfiguration (リコンフィグレーション) の発生に伴う、既存セッションの切断、ロールの変更 (セカンダリからプライマリへの昇格など) が完了するまでの期間 (数秒から数十秒程度) における、新規接続の一時的な遅延を考慮した実装を検討する必要があります。…