When using SharePoint, don’t use $

In the latest post on his blog, Senior Premier Developer Consultant Brian Gregor discusses an error when using Distributed Cache PowerShell cmdlets with a user account that includes a $ in the name. https://blogs.msdn.microsoft.com/briangre/2017/01/24/when-using-sharepoint-dont-use/


PowerShell: Deploying Outlook ribbon customisations

The Outlook ribbon can be customised by users, and any such changes are stored in an Xml file in the user’s AppData folder (by default, this will be %LocalAppData%MicrosoftOffice – though this can be changed to roaming AppData using a registry key).  Sometimes a company may want to have specific functionality (or custom functionality) available…


InfoPath – State Service Application is required

When using InfoPath in your SharePoint 2013 environment, if you don’t have the State Service configured in the farm you’ll see the error below, “The form cannot be rendered.  This may be due to a misconfiguration of the Microsoft SharePoint Server State Service”.     Resolution:  See if the state service has been configured by…


Azure Management Certificates (German Cloud, Azure Deutschland)

This article has to do mostly with the German Cloud, #GermanCloud #AzureGermany because it is most probable that there will not be anything similar to manage.windowsazure.com deployed to this solution.  Why is that important?  It is important because this is historically how many people configured thier PowerShell or other clients to make deployments/configurations onto Azure. …


Azure Management Certificates (German Cloud, Azure Deutschland)

This article has to do mostly with the German Cloud, #GermanCloud #AzureGermany because it is most probable that there will not be anything similar to manage.windowsazure.com deployed to this solution.  Why is that important?  It is important because this is historically how many people configured thier PowerShell or other clients to make deployments onto Azure. …


PowerShell で操作する SQL Server クックブック(性能情報の取得2)

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 西村哲徳 みなさん、こんにちわ。前回は PowerShell で性能情報を取得する方法を紹介しました。 内容はカウンター名から性能情報の取得まですべて全て PowerShell で実行する方法でしたがパフォーマンス モニターの GUI で設定した性能情報をコマンドで開始、終了することもできます。最初に思い浮かぶコマンドが logman という方も多いと思いますが、今回は PowerShell 版を紹介します。


PowerShell で操作する SQL Server クックブック(性能情報の取得2)

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 西村哲徳 みなさん、こんにちわ。前回は PowerShell で性能情報を取得する方法を紹介しました。 内容はカウンター名から性能情報の取得まですべて全て PowerShell で実行する方法でしたがパフォーマンス モニターの GUI で設定した性能情報をコマンドで開始、終了することもできます。最初に思い浮かぶコマンドが logman という方も多いと思いますが、今回は PowerShell 版を紹介します。   1.データ コレクター セットの作成 まず最初にパフォーマンス モニターでユーザ定義のデータ コレクター セットの作成方法を紹介します。取得したいパフォーマンス カウンターをデータ コレクター セットに追加し作成することで指定した情報をまとめて取得することができるようになります。 通常の運用では常に実行しておくことで定常的にパフォーマンスの監視をすることができます。 ではスクリーンショットとともに設定作業を見ていきます。 1.パフォーマンス モニターを起動します。 2.データ コレクター セット->ユーザ定義を右クリックし新規作成->データ コレクター セットをクリックします。 3.任意のデータ コレクター セット名を入力し、手動で作成するを選択します。 4.データログを作成するを選択し、その中のパフォーマンス カウンターをチェックします。 5.取得したいパフォーマンス カウンターを追加します。 ここでは SQL Server:Access Method のみを選択しますが必要に応じて追加してください。 6.作成を完了します。  …


PowerShell で操作する SQL Server クックブック(性能情報の取得1)

Microsoft Japan Data Platform Tech Sales Team 西村哲徳 みなさん、こんにちは。1回目から随分時間がたってしまいましたが「PowerShell で操作する SQL Server クックブック」の第二弾です。前回は性能評価用の SQL を PowerShell でまとめて実行する方法を bash と比較しながら紹介しましたが、今回は単に実行するだけでなく性能分析に必要な情報を取得するスクリプトを紹介します。