Azure 仮想マシン上に作成した SQL Server の日本語化手順(Windows OS 版 SQL Server 2017 対応手順)

高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 BI Data Platform サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure 管理ポータルのギャラリーからデプロイした Azure 仮想マシン上に作成した SQL Server 2017 (Windows OS 版) の日本語化手順 について紹介します。   Azure 管理ポータルのギャラリーから、SQL Server を含む Azure 仮想マシンのイメージをデプロイすることが可能ですが、該当イメージに含まれている SQL Server は英語版となります。 SQL Server データベース エンジンの実行可能ファイルは全言語共通であるため、英語版 SQL Server でも、日本語を挿入可能なデータ型 (Unicode 型など) をテーブル列として追加することで、日本語データの格納、取り出し、また、検索を実施することが可能です。 しかしながら、管理ツールのインターフェースを日本語にする必要がある場合は、以下の手順を実施することで、日本語化することが可能です。   ◆ SQL Server 2012 、2014  および 2016 の日本語化手順は以下の…


Office リボンをカスタマイズ – パート6 – (TIPS 2 : 動的なカスタマイズ)

※ この記事は以下の Office サポート フォーラムに移行しました。 https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/64456a56-a605-4903-bf14-93633bf6d514/office-6-tips-2-   こんにちは、Office 開発サポート チームの中村です。 今回の記事では、前回の投稿に引き続き、リボン カスタマイズ方法の例をご紹介します。   以前の投稿で紹介した方法で、リボンのカスタマイズがファイル単位でできることはお伝えしましたが、以下のような状況の開発者の方もいるのではないでしょうか。 ・アドインとして提供する 1 つのプログラムから、ファイルによってリボンの内容を変えたい (ファイルにカスタマイズを組み込みたくない) ・Office 97-2003 形式 (.xls 等) のファイルにリボン カスタマイズを行いたい ・ブック内での操作に応じて動的にリボンの状態を変えたい   これらの要望は、Office 2007 形式のアドイン (.xlam 等)、または VSTO カスタマイズで実現できますので、以下に具体例を用いて紹介します。Excel のカスタマイズを行われることが多いので、(これまでの記事を含め) 以下はすべて Excel を例に説明していますが、他の Office アプリケーションでも利用できます。   目次 1. .xls 形式のファイルのリボン カスタマイズを行う (アドインからファイルごとにリボンをカスタマイズする) 2. 任意のタイミングでリボンの状態を変更する 1. .xls 形式のファイルのリボン カスタマイズを行う (アドインからファイルごとにリボンをカスタマイズする) .xlsx…


Office リボンをカスタマイズ – パート5 – (TIPS 1 : 既存メニューのカスタマイズ)

※ この記事は以下の Office サポート フォーラムに移行しました。 https://social.msdn.microsoft.com/Forums/ja-JP/92c79484-7a8c-40ba-9bfa-aee91ba844c7/office-12522125081253112434124591247312479125101245212474-8211   こんにちは、Office 開発サポート チームの中村です。   本テーマについて、前回の投稿から時間が空いてしまい申し訳ありません。 ここまでの記事では、カスタムのリボン タブを作成するというカスタマイズ内容を例に、カスタマイズ手法についてご紹介してきました。今回の記事からは、この他によく行われるカスタマイズの実装方法をいくつか紹介しつつ、XML などの書き方のイメージを掴んでいただればと思います。   今回の投稿で紹介する方法は、1. を除いて VSTO のビジュアルなデザイナーではカスタマイズできない内容となりますので、XML を利用して実装します。VSTO のビジュアルなデザイナーでカスタマイズしている方で以下の方法を利用したい場合は、以前の投稿の例でも行っていたように、ビジュアルなデザイナーで作成したリボンを XML へエクスポートできます。   目次 はじめに : 開発時に便利な機能 1. 既存のタブをすべて表示しない方法 2. 既存のリボン メニューを無効化する方法 はじめに : 開発時に便利な機能 Office で以下のオプションを有効にすると、リボン カスタマイズ用の XML の記述エラーをハンドリングすることができます。 無視して問題ないエラーも通知されるため、運用上はお勧めしませんが、開発時にはこのオプションを有効にしておくと実装上の問題点を確認しやすくなります。 <該当の設定項目> [ファイル] タブ – [オプション] – [詳細設定] – [全般] セクション – [アドイン…


Deploying Your Angular Application To Azure Using Visual Studio Team Services (VSTS)

This tutorial on using VSTS to deploy your Angular application to Azure comes to us from Premier Developer consultant Wael Kdouh. Introduction It is no secret by now that the Angular CLI is the preferred method to develop an Angular application due to its simplicity and power at the same time. One of the main…


Satya Nadella on Digital Transformation (2018)

Note: This article is updated at Satya Nadella on Digital Transformation 2018. “With you, we seek to unlock the unimaginable, and to solve the impossible.” – Satya Nadella Satya Nadella shared his take on how Microsoft can enable digital transformation at Ignite: Satya Nadella at Ignite: “We collectively have the opportunity to lead in this…


How To Use Agile Results To Realize Your Full Potential

Note: This article is updated at How To Use Agile Results to Realize Your Full Potential. “I want to be thoroughly used up when I die.” — George Bernard Shaw Were you born for something more? Have you ever really tested and explored the outer limits of your full potential? Imagine if you could learn…


Docker Blog Series Part 4 – Managing Secrets inside Kubernetes Cluster in Azure Container Service

This post is the next in a series of Docker posts from Premier Developer consultant Monu Bambroo.  In this post, Monu walks through setting up a Web API to leverage Kubernetes for managing secrets. One of the common tasks in application development is to manage configurations. Some of the configurations can be sensitive information. One…


Microsoft Planner: A Change Management Solution for Office 365

MessageCenterToPlannerCodeSamplesV2 *** Update 1/29/2019 – I’ve been looking at the newer Identity dlls, and managed to get Message Center working but couldn’t get to Planner (yet) – so if you are using this code best to stick with https://www.nuget.org/packages/Microsoft.IdentityModel.Clients.ActiveDirectory/2.29.0 and not the v3 or v4.  I’ll update if I get v4 working *** TL;DR version -…