Windows 8.1 上で動作する Windows ストアアプリに対して UI Automation が動作しない

こんにちは、Platform SDK (Windows SDK) サポートチームです。 今回は、ストアアプリに対して UI Automation が動作しない現象についてご案内します。   現象 UI Automation を利用することにより、他のアプリケーションを操作する、または、他のアプリケーションから情報を取得する等のアクセスを行うことが可能です。 ところが、Windows 8.1 上で動作しているストアアプリに対して UI Automation によるアクセスを実行すると、正しく動作しない現象が確認されています。 例えば、HTML コンテンツを WebView で表示しているストアプリがあるとします。UI Automation からこの HTML コンテンツにアクセスすると、正しいプロパティ値が取得できない場合があります。ところが、同じ HTML コンテンツを Internet Explorer で表示している場合は、UI Automation からこの HTML コンテンツにアクセスして、正しいプロパティ値を取得することができます。 同様の現象は、お客様が作成されたアプリケーションだけでなく inspect.exe や acccheckui.exe といった弊社ツールでも確認されています。 UI Automation については下記 Blog などをご参照ください。 UI Automation のススメ https://blogs.msdn.microsoft.com/japan_platform_sdkwindows_sdk_support_team_blog/2011/05/26/ui-automation/   原因 この現象は、Windows 8.1…


LogFileParser with PowerShell

Hi all, I have created a sample project for the PowerShell Conference Asia 2017 to demonstrate PowerShell Classes and its possible benefit. The project ‘LogFileParser’ by itself can be quiet useful and is completely extendable by capabilities in terms of log file types and filtering functions and therefore I wanted to share it with you….


Out of the Box: What Colors Can I Impact on the Schedule Board?

One common question when doing any Dynamics implementation is around how to change colors. Obviously, Dynamics offers Theming which allows an organization to ensure the system reflects a brand consistent theme. However, there are some additional color controlling features in Dynamics 365. In particular, with a Field Service implementation, people often ask questions on how…


Enabling Encrypted Connections with SQL Server Configuration

Hello Readers, Here is another post arriving from Norm Eberly.   My colleague Sean Gallardy and I were asked about the process for enabling encrypted connections for SQL Server as outlined here when using a Group Managed Service Account (gMSA). NOTE: an update to the next four italicized sentences regarding the content of the reference. …


Vcpkg: Using multiple enlistments to handle multiple versions of a library

Vcpkg allows you to acquire and build 3rd party libraries on Windows. Once cloned, the vcpkg directory (enlistment) provides a stable set of libraries that are all compatible and based on the latest published version of these libraries. Occasionally, you may need different versions of the same library. By design, you can’t have two different…


.NET Core Performance Profiling with Intel® VTune™ Amplifier 2018

Last Updated: 2018-04-30 This post was written by Varun Venkatesan, Li Tian, and Juan Rodriguez, engineers at Intel. They are excited to share .NET Core-specific enhancements that Intel has made to VTune Amplifier 2018. We’re excited to have a new tool to use to help make .NET Core faster on Intel chips. Intel has been a strong partner…


Defending Against PowerShell Attacks

The security industry is ablaze with news about how PowerShell is being used by both commodity malware and attackers alike. Surely there’s got to be a way to defend yourself against these attacks! There absolutely is. PowerShell is – by far – the most securable and security-transparent shell, scripting language, or programming language available. Our recommendations…


Bots as Chat Agents, with Escalation to Live Agents

Update, Jul. 2018: With the QnA Maker service now in GA, it is now necessary to pass in an additional parameter to the QnAMakerDialog if using a GA QnA Maker Service: “endpoint hostname”; see this link (scroll to QnAMakerDialog heading, and CSharp code sample for details) Update, Feb. 2018: This post has been updated to…


MSDN インシデントで技術サポートにドライバー開発のお問い合わせをする方法

MSDN サブスクリプションの特典として付属している、テクニカル サポートのインシデントを利用して、ドライバー開発に関連したお問い合わせをする方法について、ご案内いたします。   流れとしては、大きく 2 段階あります。   [1] お電話でインシデントをアクティベーションしてアクセス ID と契約 ID を取得 (※初回またはご契約更新後の初回のみ必要) [2] Web から「法人のお客様向け 技術サポート窓口」のページからお問い合わせ   すでに [1] の ID をお持ちの方は、[2] へお進みいただけます。ただ、MSDN サブスクリプションのご契約を更新いただいた場合、改めて [1] が必要になります。   [1] お電話でインシデントをアクティベーションしてアクセス ID と契約 ID を取得   以下のいずれかにお電話をいただき、MSDN サブスクリプションの特典インシデントの有効化(アクティベーション) を行っていただき、アクセス ID と契約 ID を取得します。   カスタマー サービス (0120-750052) サポート契約センター (0120-17-0196)   いずれも営業時間は 9:00-17:30 (土日祝日、弊社指定休業日を除く) です。…