Novel HoloLens Application – Genetic Data Visualisation in Mixed Reality

Guest post by Rachel Slater, M.Sc Student at UCL,  where I am taking courses such as Algorithmic’s and Artificial Intelligence & Neural Computing. I am the Community Lead at London’s She++ chapter, an undergraduate teaching assistant at UCL, and a Faculty StAR (student academic representative). Prior to UCL, I completed a Medicinal Chemistry degree at…


Deep Dive on set-body Policy

Introduction The set body policy is used for changing the request or response body. If the policy is in the inbound policy section it changes the request payload passed to the back-end API, however, if it is in the outbound section it changes the response payload returned by API Management to the client. Building a…


Data collection for the Named User License Counts report in Dynamics AX 2012 R3 Cumulative Update 9 and later

You may be already familiar with the blog post of my colleague in which the background of the Named User License Counts report is explained. Using the Named User License Count report In this post, I would like to explain a change that was introduced in relation to this report in Cumulative Update 9 for…


Part 3: Secure your Logic App with Azure Active Directory using Azure API Management

This is the third part in the series about securing your Logic Apps. In the previous post, I’ve described how to add several Access restriction policies to your API inside of the API Management Service. In this post, I was going to show how you can leverage the Validate JWT Access Restriction Policy. But when…


Backup Compression for TDE-enabled Databases: Important fixes in SQL 2016 SP1 CU4 and SQL 2016 RTM CU7

Backup Compression and Transparent Data Encryption (TDE) have been two immensely valuable and popular features for customers in SQL Server. In SQL Server 2016, backup compression was enabled for TDE-enabled databases, where if you backup a TDE-enabled database with compression and MAXTRANSFERSIZE > 64K, backup compression will kick in, reducing backup size and improving overall…


WCF: Consume WCF REST service by HttpClient

In a recent case, one of my customers requested how to consume the WCF REST Service by taking the help of System.Net.Http.HttpClient modules (introduced in .NET 4.5). I hope the following details would help in depth.   Create a new WCF service application project named “RestService” WCF REST service contract appears as the following. namespace…


パブリック シンボルとプライベート シンボル

他社でのダンプ解析やライブデバッグのために、自社ドライバのシンボルファイルを提供しないといけないけど、ローカル変数やソースコードの行番号まで出したくないと思ったことはありますか?   内部変数やソースコードの行番号がわかると、リバースエンジニアリングできてしまう可能性が高まったり、API を他社向けに提供している場合に、ローカル変数等がそれをご利用される他社様にわかり、それを前提にコーディングされてしまいますと、API を提供している側としては、その後の実装変更がやりづらくなったり、API を提供されている側としても互換性を保てなくなったりするリスクが高まるかと思います。かといって、それを恐れて、今困っているお客様の現象を調べるために、シンボルファイルを提供しない、というのも、問題の解決が遅れたり、誤った解析結果につながり、お客様の信頼を失うという別のリスクにつながりかねません。   今回は、そのような皆様に、パブリック シンボルとプライベート シンボルのご紹介をしたいと思います。誤解を恐れずにイメージだけを端的に言えば、ローカル変数やソースコードの行番号が含まれる方が「プライベート シンボル」、それらを除いた関数名やグローバル変数が含まれる方が「パブリック シンボル」です。今回の記事では、シンボルについておさらいをした後、パブリックシンボルとプライベートシンボルの違いについてご説明し、最後にその両方をどのように作成するかをご説明します。     シンボルとシンボル ファイル   まず、シンボルとシンボル ファイルについて、おさらいしておきましょう。   シンボル ファイルとは、ドライバ (.sys や.dll) やアプリケーション (.exe) をビルドすると、一緒に作成される、同じ名前の .pdb という拡張子を持つファイルです。   通常、シンボル ファイルは以下のものを含みます。   ・グローバル変数 ・ローカル変数 ・関数名とそのエントリポイントのアドレス ・FPO (Frame Pointer Omission) レコード ・ソースコードの行番号   厳密には、これらのそれぞれを、個別に「シンボル」と呼びます。   ただ、私たちがお客様に「シンボルをください」とお願いする時は、シンボル ファイルそのものを指すことが多いです。   シンボル ファイルが必要な理由は、効率性の面で様々ありますが、それよりも正確性の面で、今見ているコールスタックが間違っていない状態にする必要があるからです。例えば「WARNING: Stack unwind information not available….


Resetting Search Index in Team Foundation Server

Search indexing (Code and Work Item) works in 2 phases: Bulk Indexing (BI) where the entire code and work item artifacts in all projects/repositories under a Collection are indexed. This is a time consuming operation and depends on the size of the artifacts under the collection. Continuous Indexing (CI) which handles all incremental updates to…


Things You Should Know: Web Apps and Linux

Last Updated: June 29, 2018 Azure App Service on Linux and Web App for Containers allow you to run your Web App on Linux and Apache. Azure App Service on Linux provides a collection of Microsoft-provided runtime stacks that you can use for your Web App. Web App for Containers makes it possible to use your own Docker…


Embrace the extensions mindset with Dynamics 365 for Finance and Operations

A couple of weeks ago, we launched the last platform update 10 (August 2017) for Dynamics 365 for Finance and Operations, Enterprise Edition and, as in almost every release, there were changes regarding the Application Extensibility Plans. A lot of effort is being invested in the journey to a non-intrusive way to extend the application, and it…