Microsoft joins 500+ Law Enforcement professionals in extending commitment to Public Safety!

Oregon and Washington host annual CJIS training conferences From the opening with the local Color Guard presentation of the flags to the assurance from the CJIS Systems Agencies to public safety, and all the sessions in between, the Oregon CJIS Division Annual Training and the Northwest CJIS Users Workshop and Security Summit conferences were another…


Managing Versions and Revisions using the HTTP API

The new Versions and Revisions feature was designed to fit as seamlessly as possible into our existing management API. From a high level perspective, working with a current Revision is identical to the way working with an API has always been. Working with a different Version of an API, is just like working with a…


HowTo: Management Studio を使ってトランザクションログファイル (ldf) のサイズを小さくする方法

  神谷 雅紀 Escalation Engineer   「ログファイルが大きくなってディスク領域を圧迫し始めているので、ファイルサイズを小さくしたい」という内容の問合わせは今でも多く寄せられます。今回は、SQL Server Management Studio GUI を使って、トランザクションログファイルのサイズを小さくする手順を紹介します。 ここに記載した方法で、トランザクションログファイルのサイズを小さくしたいという状況のほとんどに対応可能だと思います。 ここに記載した方法でトランザクションログファイルのサイズを小さくできない場合は、おそらく、トランザクションログファイルのサイズを小さくする前に、レプリケーションやミラーリングのトラブルシューティングなどが必要になるでしょう。   ステップ 1 : データベースの復旧モデルを確認する 復旧モデルが「単純」かそれ以外かによって、以降の手順が違ってきますので、まず最初に、データベースの復旧モデルを確認します。 手順 復旧モデルを確認するために、データベースのプロパティを表示します。データベースのプロパティは、オブジェクトエクスプローラでデータベース名を右クリックし、「プロパティ」をクリックすることで表示できます。 表示されたダイアログボックスの左ペインで「オプション」を選択すると、右ペインに「復旧モデル」が表示されます。復旧モデルは、「単純」「完全」「一括ログ」のいずれかです。   ステップ 2 : トランザクションログをバックアップする トランザクションログは、データベースファイルへの更新履歴ですので、データベースに対して更新を行うたびにトランザクションログファイルには履歴データが記録され、何もしなければ、トランザクションログファイル内の履歴データはどんどん増えていきます。 復旧モデルが「単純」の場合は、トランザクションログファイル内のデータ量が一定量を超えると、SQL Server がファイルの中身を消し、ファイル内に空き領域を作り、空いた領域は再利用されます。 一方、復旧モデルが「完全」または「一括ログ」に設定されている場合は、過去に一度でもデータベースの完全バックアップ (データベースフルバックアップ) を取得していると、SQL Server はファイルの中身を消すことはしませんので、トランザクションログファイル内のデータは、バックアップしなければ削除されません。 このステップ 2 は、復旧モデルが「完全」または「一括ログ」の場合のみ行います。「単純」の場合は、次のステップ 3 に進みます。 手順 データベースを右クリックし、「タスク」 –  「バックアップ」をクリックします。 「バックアップの種類」として「トランザクションログ」を選びます。もし、復旧モデルが「単純」に設定されている場合は、「トランザクションログ」は選択できません。 「バックアップセットの有効期限」は既定のまま、「バックアップ先」は、バックアップデータを書き込むファイル名を指定します。「ディスク」を指定して、「追加」でファイル名を指定して下さい。そのサーバーにテープデバイスがある場合には、「テープ」を選んでも構いません。 最後に「OK」を押すと、バックアップが開始されます。   復旧モデルが「完全」または「一括ログ」であっても、データベースの完全バックアップが一度も取得されていない場合、トランザクションログのバックアップは以下のエラーで失敗します。   メッセージ 4214、レベル 16、状態…


Sample: C# code to have EWS Managed API code go through Fiddler on the same machine.

Having calls done with the EWS Managed API go through Fiddler is very easy. Below is an example. public static void SetProxyToFiddler(ref ExchangeService oService) { System.Net.WebProxy oWebProxy = null; oWebProxy = new System.Net.WebProxy(“127.0.0.1”, 8888); oService.WebProxy = oWebProxy; } Here is how you might call it: ExchangeService oService = new ExchangeService(); oService.Credentials = new WebCredentials(“test@contoso.com”, “test”);…


Power BI Premium generally available for U.S. government users

With more than 20 compliance offerings, Power BI delivers an end-to-end business intelligence solution while helping organizations comply with national, regional and industry-specific requirements. Today, we are pleased to build on this legacy by announcing Power BI Premium will be generally available for both the U.S. Government Community Cloud (GCC) and U.S. Department of Defense…


Microsoft extends commitment to CJIS compliance with Maine and Vermont!

Adding Maine & Vermont makes 32 states background checking Microsoft employees for CJIS When you are thinking about CJIS and digital transformation across your government and Justice and Public Safety priorities, you should seek a partner committed to compliance and security today and in the future. At Microsoft, we continue to expand our commitment to…


Updates coming to Dynamics 365 Customer Engagement connection security

Starting with Dynamics 365 (online), version 9.0, connections to Customer Engagement applications are required to use TLS 1.2 (or later) security protocol. This aligns with updated Microsoft and industry security policies and best practices. To prevent any disruption to your organization, you might be required to take actions to maintain the connectivity to Dynamics 365…


Create a Service Fabric Application on demand

“Hello World”! You probably already know that the Service Fabric SDK allows a developer to fully manage the cluster, the nodes, and the deployed applications by code. One of the features I like most of the Service Fabric programming is the ability to dynamically create and deploy new services. Or more in general the ability…


Microsoft Drivers 5.1.0 Previews for PHP for SQL Server Released!

Hi all, We are excited to announce the technical preview for SQLSRV and PDO_SQLSRV drivers. The driver now supports basic CRUD functionalities with Always Encrypted. Notable items about 5.1.0-preview release: Added Added support for SUSE 12 Added support for Always Encrypted with basic CRUD functionalities (see here) Support for Windows Certificate Store (use connection keyword ColumnEncryption)…


Migrate from Visio Web Access to Visio Online

Overview Visio Online replaces Visio Web Access (also called Visio Services) in SharePoint Online. Visio Online is the new way to view, create and share Visio diagrams in SharePoint Online. As part of the Office Online ecosystem, Visio Online includes a modern UI, introduces performance improvements and has richer capabilities that aren’t available in Visio…