Beyond GVFS: more details on optimizing Git for large repositories

Over the last few years, Microsoft has been moving the entire company to a modern engineering system built on Visual Studio Team Services and using Git as our version control system.  For many of the projects within Microsoft, this is no problem, since: the Git homepage tell us: Git was built to work on the Linux…


Azure アプリのパブリック プレビューの紹介

執筆者: Michael Flanakin (Program manager) このポストは、5 月 10 日に投稿された Introducing the Azure app public preview の翻訳です。   週末が近づく金曜日の午後。仕事はここまですべて順調です。会議の予定もなく、今週やることはすべて完了しました。それならちょっと早いけど、家に帰ることにしましょう。いそいそと会社を出て自宅に向かっていると、悪い予感は的中。突然電話が…。「重要なサービスが停止したから会社に戻ってこい」という、会社からの無情な呼び出しです。 いつ何が起きるかは、予測することができません。しかし、事前に準備をしておくことはできます。そこでお勧めなのが、新しいプレビュー版 Azure モバイル アプリを利用することです。これがあれば、いつでもどこにいても Azure リソースにアクセスすることができます。 Azure リソースの状態と重要なメトリックを確認 正常性に関する重要な問題の通知やアラートを受信 一般的な問題を簡単な操作で解決 アプリ内で強力な Azure Cloud Shell スクリプトを実行 (近日提供開始予定) いつでもどこからでも Azure アプリで不測の事態に対応できるため、このように残念な思いをしながら会社に戻らなくても済むようになります。ただし、これらの機能は、ロードマップに掲載されているようなごく一部の機能に過ぎません。アプリで提供されている機能はほかにもあります。 必要なリソースに 1 タップでアクセス Azure アプリを使用すると、あらゆるサービスのあらゆるサブスクリプションのリソースを手軽に持ち運べます。すべてのリソースやリソース グループをスクロールして探すか、名前で検索するか、リソースの種類で絞り込めば、必要なリソースが見つかります。 リソースの情報として、以下が表示されます (該当する場合のみ)。 状態 過去 1 週間に発生したエラー数と、アクティビティ ログ全体へのリンク 重要なプロパティ ([Essentials] セクション) 主要な使用状況メトリック 関連するリソース…


Azure 用 Snapshot Debugger のプレビューをリリース

執筆者: Dan Taylor (Senior Program Manager, Azure Tools) このポストは、5 月 10 日に投稿された Introducing the Snapshot Debugger preview for Azure の翻訳です。   Snapshot Debugger を使用すると、運用環境の Azure アプリで例外が発生したときや、その他必要なときにスナップショットを取得することができます。スナップショットがあれば運用環境のアプリケーション トラフィックに影響を与えることなく、どのような異常が発生したかを正確に把握することができます。 Snapshot Debugger は Application Insights と Visual Studio に導入されたまったく新しい機能で、Web 開発者の皆様が Azure を使用する際に運用環境で起こった問題を短時間で解決できるようになります。 この記事では、まず .NET 向けの自動スナップショット機能のパブリック プレビュー (英語) について紹介し、次にインタラクティブな Snappoints 機能および Logpoints 機能の概要とプライベート プレビュー プログラムへのサインアップ (英語) についてご説明します。 運用環境で起きた問題の診断は困難 運用環境のサービスで問題が起きてほしいと考える人はまずいません。また、クラウドを利用するすべての人が、そのメリットであるスピードを活かしたいと考えています。開発者や…


Committing with Confidence: Getting Code Quality Information at Commit Time

Many developers tell us that they are under pressure to deliver software on an ever-faster cadence. This pressure for increased speed makes building your software at high quality from the start even more important – you want to make sure that any commits you make to your codebase are at the right quality, to avoid…


Code Runner supports Kotlin in Visual Studio Code now!

In recent Google I/O 2017, Kotlin has been announced as the official development language of Android by Google. And now, it’s time to support Kotlin in Code Runner! Kotlin tools will be included with Android Studio 3.0 by default, and JetBrains and Google are pledging to support the language going forward. Kotlin as a language…


Using Certificates in R Server Operationalization for Linux

In this article, we will look into how to generate a self-signed certificate in Linux and use it for access token signing in R Server Operationalization Web Node. You must use a certificate for access token signing whenever you have multiple web nodes so that the tokens are signed consistently by every web node in…


Continuous Delivery Tools adds support for Containers

Last week at //BUILD, the Continuous Delivery Tools for Visual Studio shipped a new update. As always we are continuing to expand the extension’s set of features guided by your feedback. The enthusiasm and feedback has validated just how much opportunity there is to help you continuously deliver value to your users. Apart from bug…


Configuring R Server to Operationalize Analytics using ARM Templates

To benefit from Microsoft R Server’s deployment and operationalization features, you can configure R Server after installation to act as a deployment server and host analytic web services. R Server Web Services can be operationalized in two types of configuration : One-box configuration: As the name suggests, one web node and one compute node run…


Welcome to the Windows Bluetooth Core Team blog!

Bluetooth is powering new innovations in wireless connectivity across computers, smart devices, and the Internet-of-Things. Besides being the input of choice for the new Surface accessories such as mice, keyboards, Surface Pen, and Surface Dial, it’s become the preferred protocol for wearables and health monitoring systems like Fitbit and Garmin. Because of Bluetooth, a Jabra Sport…


Enterprise-grade R package management made easy in SQL Server

As enterprise data scientists access SQL Server R Services to perform their in-database analytic work such as data mining and machine learning, the R language’s full power cannot be materialized without custom yet secure R package installation. SQL Server has offered R package management functionality since 2016 (SQL R Services 9.0) which enables a team…