Lync Server 2010/2013 Edge の NIC について

こんばんは。Japan Lync/Skype Support の久保です。   2015/10/19 更新   Lync Server  2010・Lync Server 2013・Skype for Business Server 2015 のエッジサーバーの構成について、 特に NIC の設定について、様々なお客様から類似のお問い合せを定期的にいただいております。 そのため、Technet 資料の補足となりますが、こうした点について、以下に補足情報を纏めてみました。 これらの資料では、エッジサーバーでは、NICを有する必要があり、その枚数は物理的に 2 枚(或いはDual Portで 2ポートを有する)が、最低限必要とされる構成になる事を示しています。 そのため、まずエッジサーバーの構築にあたっては、最低限、内部インターフェース、外部インターフェースの 2 ポートが物理的に独立して存在することが必須となります。 まず、Microsoft がサポートし、かつ、推奨する NIC の枚数は以下の Technet の記述に基づきます。 TITLE: Server requirements for Skype for Business Server 2015 URL: https://technet.microsoft.com/en-us/library/dn951388.aspx 抜粋: 1 dual-port network adapter, 1 Gbps or…


[SQL Database] アプリケーション作成における推奨事項について (Microsoft Azure SQL Database)

高原 伸城 Support Escalation Engineer   皆さん、こんにちは。 SQL Server/Azure SQL Database サポートチームの 高原 です。 今回は、Azure SQL Database を使用したシステムを構築するうえで、推奨されるアプリケーションの実装について紹介します。   Azure SQL Database は、クラウド上に配置されたデータベースをサービスとしてのプラットフォーム (Platform as a Service : PaaS) として提供しており、高可用性を実現するため、複数レプリカによる冗長性を備えています。また、高可用性を維持していくために、Reconfiguration (リコンフィグレーション) が内部的に行われています。 ※ Reconfiguration (リコンフィグレーション) の詳細については、以下の ブログを参照ください。   [SQL Database] Reconfiguration (リコンフィグレーション) は悪ではない。 http://blogs.msdn.com/b/jpsql/archive/2014/10/22/sql-database-reconfiguration.aspx   そのため、Azure SQL Database を使用したシステムを構築する場合は、アプリケーション側でも、 アプリケーションからデータベースまでの経路間におけるネットワーク遅延、及び、Reconfiguration (リコンフィグレーション) の発生に伴う、既存セッションの切断、ロールの変更 (セカンダリからプライマリへの昇格など) が完了するまでの期間 (数秒から数十秒程度) における、新規接続の一時的な遅延を考慮した実装を検討する必要があります。…


Scaled Agile Framework: Using TFS to support epics, release trains, and multiple backlogs whitepaper

EDITED: 6/20/2018. See below. We are pleased to publish the following whitepaper: Scaled Agile Framework: Using TFS to support epics, release trains, and multiple backlogs. The Scaled Agile Framework, or SAFe, is gaining popularity among organizations looking to scale Agile practices to the enterprise level. SAFe is a comprehensive framework, covering practices from portfolio level…


Microsoft.SystemCenter.WebApplication.UrlProbe Error Code Reference

  This is just a reference page for the various error codes that you might encounter when using the URLProbe in Operations Manager workflows.   Error code Status or Value 100 HTTP_STATUS_CONTINUE 101 HTTP_STATUS_SWITCH_PROTOCOLS 200 HTTP_STATUS_OK 201 HTTP_STATUS_CREATED 202 HTTP_STATUS_ACCEPTED 203 HTTP_STATUS_PARTIAL 204 HTTP_STATUS_NO_CONTENT 205 HTTP_STATUS_RESET_CONTENT 206 HTTP_STATUS_PARTIAL_CONTENT 207 HTTP_STATUS_WEBDAV_MULTI_STATUS 300 HTTP_STATUS_AMBIGUOUS 301 HTTP_STATUS_MOVED 302…


PowerShell Automation from .Net

Even though this blog has numerous PowerShell scripts showing mainly how to use EWS from PowerShell, scripting isn’t actually something my team supports (Exchange scripting support is provided by the Exchange team).  What we do support, though, is automation of PowerShell from .Net. We’ve had a couple of cases on this recently, and it seems that it…


Have a mentor, be a mentor

 The word “Mentor” actually comes from Greek literature – it’s a character from “The Odyssey”. He advised Odysseus and Telemachus, and the word seems to derive from a term meaning “intent, purpose, spirit, passion”. We often think of a mentor in the business sense – but some folks I’ve talked with aren’t sure what a…