Business Intelligence in SQL Server 2014 – SQL Server Data Tools (SSDT)

  Updates to Design Tool installation   SQL Server Data Tools for Business Intelligence (SSDT BI), previously known as Business Intelligence Development Studio (BIDS), is used to create Analysis Services models, Reporting Services reports, and Integration Services packages. In this pre-release version of SQL Server 2014, SQL Server Setup no longer installs SSDT BI. The…


Summary of packet-tracking techniques

Tracking the packet tracking We just covered a couple ways to track packets in the kernel debugger.  Here’s a quick reference table to help you understand how these techniques fit into your toolbelt. !ndiskd.pendingnbls !ndiskd.nbl -log Documentation Here Here Finds “lost packets” Yes No Finds “smuggled packets” No Yes Finds use-after-free No Yes Loses data…


!ndiskd.nbl -log

All your NBL are belong to !ndiskd Last time we talked about !ndiskd.pendingnbls.  This command shows you which component currently holds an NBL.  But what if you want to see how the NBL got there?  That sounds like a job for !ndiskd.nbl-log! Starting with Windows 8 and Windows Server 2012, NDIS can be configured to…


!ndiskd.pendingnbls

I’ve got your NBLs right here The most common issue we see in NDIS drivers is a “lost packet”.  You have lost a packet when NDIS gives your driver a NET_BUFFER_LIST (NBL) and your driver never returns the packet back to NDIS.  A lost packet will often show up as a hang during Pause or…


Updated license for September 2012 Roslyn preview available (MattGe)

As I mentioned in my previous blog post, we ended up with a little too much time between previews, to our subsequent embarrassment. In fact, it came to our attention recently that the licensing for the most “recent” CTP (and admittedly I use the term “recent” loosely, given that it was released in September 2012)…


What version of Team Foundation Server do I have?

Team Foundation Server has improved a lot over the years. From being deployed to physical machine(s) to the cloud. There has been a variation in terms of updates pushed to Team Foundation Server from 2005 to the latest version (2013). In simple terms, in 2005, 2008 and 2010, the updates were given out as Service…


UTF-8 RTF

For RichEdit 4.0 (Windows XP SP1), I developed a UTF-8 version of the Rich Text Format (RTF). The reason was to have a faster, more reliable way of handling copy/paste for RichEdit than regular RTF. RichEdit 5.0 added the binary format for this purpose (and for OneNote) and RichEdit 6.0 added a still faster internal…

5

Microsoft Azure のクォータ増加について

Microsoft Azure では、利用できる仮想マシンの数やストレージアカウントの数に対して、利用しすぎないように制限を設けています。しかしながら利用上、この制限を拡張したいというご要望があるかと思います。本トピックでは、Microsoft Azure におけるクォータ増加の方法について説明します。 クォータとは 仮想マシン・クラウドサービスやストレージサービスには、課金が予想外に高くならないように、既定で利用可能な、コア数やストレージサービスアカウント数が決まっています。通常は、その既定のサイズ以上のコア数を利用したり、ストレージアカウントを割り当てたりはできません。この制限値のことを「クォータ」と呼びます。クォータは既定で以下の値が割り当てられています。 サービス クォータ数 クラウドサービス 20 コア 20 ストレージアカウント 100 SQL データベース サーバー数 6 ※上記値は 2017 年時点のデプロイモデルがクラシックの場合であり、変更される場合もあります。また、ご利用いただいている契約により若干割り当て個数が異なる場合があります。 ※ 2017 年現在、無料評価版のクォータ増加は承っておりません。従量課金プランにアップグレードの上、ご申請ください。 ※ 2017 年 現在、日本リージョン(東日本と西日本)のご利用申請には、お時間を要しております。 別リージョンや別サイズでのご利用をご案内する場合がございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。   仮想マシンはクラウドサービスの一種であるため (特殊なクラウドサービスとして割り当てられています)、仮想マシンとクラウドサービスを 20個以上ご利用の際には、クラウドサービスのクォータ制限にひっかかります。通常は、割り当てられている個数以上は使うことはできませんが、サービスの運用上必要な場合には、Microsoft Azure サポートサービスに問い合わせることで拡張することが可能です。増加方法については、次の項目で説明します。 クォータ増加方法について クォータ増加については、Microsoft Azureの課金サポートから問い合わせることが可能です。ご契約いただいているサブスクリプションから、以下の手順でお問い合わせください。 Microsoft Azure 管理ポータル に接続します。 契約をお持ちのマイクロソフトアカウントでログインします。 ポータルが表示されましたら、右上のアカウント名をクリックし、「マイクロソフトサポートに問い合わせる」を選択します。 該当するサブスクリプションを選択し、「日本」「日本語」を設定の上、クォータ増加の要望の旨を記載し、ご連絡ください。 お問い合わせにあたって、事前に以下の情報をご用意いただければ幸いです。 ■ 仮想マシン/コアの場合 対象の仮想マシン デプロイモデル:クラシックか、リソース マネージャ 対象のデータセンター、仮想マシンの種類、想定されるストレージ (ディスク) の総容量・種類   …


Three SSRS Quizzes – Test Your Knowledge!!!

SSRS Parameters, Authentication, and SharePoint Integration — Test Your Knowledge There are three new SSRS quizzes to test your knowledge on integration with SharePoint, authentication, and parameters. The quizzes are at http://quizapp.cloudapp.net/default.aspx?quiz=ssrs. Please take the quizzes to see if you learned anything new!    – User Ed