What version of Team Foundation Server do I have?

Team Foundation Server has improved a lot over the years. From being deployed to physical machine(s) to the cloud. There has been a variation in terms of updates pushed to Team Foundation Server from 2005 to the latest version (2013). In simple terms, in 2005, 2008 and 2010, the updates were given out as Service…


バックアップが存在しない、または、バックアップからのリストアが行えない場合のデータベース復旧手順

  データベースが破損しエラーが返されたり、アクセスできないといった状況が発生した場合、バックアップからリストアするという対処がもっとも一般的かつ確実な対応であり、SQL Server サポートでは、通常、バックアップからのリカバリ手順をご案内しております。 しかしながら、バックアップを採取していなかったり、バックアップからのリストアに失敗したという場合もあります。 今回は、そのようなバックアップからのリストアが行えない場合のデータベースの修復方法を紹介します。 ※ 注意事項 ※ 以下の手順は検証済みの手順ですが、必ずしもデータベースの復旧を保証しているものではありません。手順の実施につきましては、自己責任において行ってください。 データベースの破損状況によっては、以下で紹介する修復手順を実施しても、データベースに接続でき、アプリケーションが実行できるまでの状態に復旧できない場合もあります。その場合はデータベースの再作成が必要となります。 本手順を実施すると、トランザクションの一貫性が失われる場合があります。トランザクションの一貫性が保たれているかどうかの確認は、対象データベースに格納されているデータ間の関連性を熟知している方、もしくは、この手順を実施する方の責任において実施する必要があります。トランザクションの一貫性が保たれているかどうかの確認が行えない場合には、この手順を実施しないで下さい。 また、SQL Server サポートサービスにて、可能な限りデータベースを復旧するサポートを承っております。必要に応じてご利用下さい。     ■修復手順 1. 対象データベースのファイルコピーを行います。 SQL Server サービスを停止し、対象データベースファイルのファイルバックアップ(別フォルダにデータベースファイルをコピー)を行います。 データベースファイル、ログファイルのファイルパスは以下のクエリにて確認可能です。以降の手順で予期しない問題が発生した場合、このファイルを用いて手順 1. の状態まで戻すことができます。バックアップ完了後、SQL Server サービスを再起動します。 select d.name as databasename,f.name as filename ,f.physical_name as filepath from sys.master_files f,sys.databases d where d.database_id = f.database_id GO 2. Microsoft SQL Server Management Studio を起動し、sa 等の管理者権限をもつ sysadmin ロールメンバとして…


GetTempFileName() をご利用いただく場合の注意点

Platform SDK (Windows SDK) サポートの平田です。11 月になり、ちらちら紅葉も見られるようになってきました。私の家は高尾に比較的近いところにあるため、この時期の高尾山を見に行くのを楽しみにしております。 本日は、GetTempFileName() をご紹介させてください。こちらの API は、一時ファイルを作成するときに便利な関数です。私も仕事柄サンプルを作ったりすることが多いのですが、大体作成するログファイルの名前は“log.tmp” です。当然、サンプルを動作させる場合に、同じファイルに上書きさせてしまったことがあります。その結果、出力した結果を後日確認できなくなったりして困ったりすることがありました。皆様も私と同じ失敗をしないように、この API を利用してみてください。 GetTempFileNamehttp://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/cc429354.aspx UINTGetTempFileName(  LPCTSTR lpPathName, // ディレクトリ名  LPCTSTR lpPrefixString, // ファイル名の接頭辞  UINT uUnique, // 整数  LPTSTR lpTempFileName // ファイル名を格納するバッファ); 一時ファイル名を作成するための規則をそれぞれの引数で指定することができ、lpPathName には、出力を行うフォルダのパスを設定します。ちなみに、”.” と設定するとカレントディレクトリに出力されます。lpPrefixString には、ファイルの接頭辞をつけます。たとえば、hir と設定した場合、出力されるファイル名は、”hir1111.tmp”といった形で先頭3 文字を設定できます。uUnique に設定する値をもとに16 進文字列が生成されますが、0 を設定するのがこの API をご利用いただく一番のメリットとなります。0 を設定した場合には、一意なファイルが作成されます。0 を設定された場合は、結果は、hir1111.tmp だったり、hir1112.tmp だったりします。この結果の文字列が lpTempFileNameが指すバッファに書き込みが行われます。 こんな動作をするGetTempFileName() の動作メカニズムについて、以下にまとめてみました。   GetTempFileName() の動作メカニズム 一番利用されるシナリオと考えられる uUnique パラメーターにて…


DirectXMath 3.06

DirectXMath version 3.06 is included in the release of VS 2013. You can use this with VS 2012 or VS 2010 as well via the standalone Windows 8.1 SDK. The high-level What’s New is covered on MSDN, but here is a more technical summary of the changes between DirectXMath 3.03 in the VS 2012 / Windows 8.0…


Microsoft Nokia AppCampus – What is required?

This week I have done a number of events including Games Marketing Europe where I was asked to present on the 6 Top Tips for Marketing your App for Windows 8 and Windows Phone you can see my deck below   6 Top Tips for Marketing Success for Your Apps from Lee Stott One of…


RoboCup Junior Australia 2013 National Championships and more

As mentioned in my previous post, RoboCup Junior WA 2013 Rescue Premier & Senior Dance State Champions, my sons and I went to Brisbane, Queensland for the Robocup Junior Australia 2013 National Championships on 21st and 22nd of September 2013. Here is the lowdown on what happened. Getting There and Getting Ready We were part of three teams…


Manifest Madness

This blog post discusses Application Manifest elements for use in Win32 desktop applications. This is not about the App package manifest (aka AppX) used for Windows Store apps for Windows 8.x. User Account Control Back when Windows Vista launched and the User Account Control feature was first introduced, there was one key recommendation for game…


Troubleshooting Configuration Manager Powershell cmdlets

Starting with Configuration Manager 2012 SP1, we began providing PowerShell cmdlets to assist with many management tasks. The number of cmdlets grew to over 400 with CU1 along with providing numerous fixes and enhancements to the cmdlets that shipped with 2012 SP1 RTM. If you’re experiencing problems with cmdlets, try these troubleshooting steps: Make sure that…