Scaling your Microsoft Azure App Service Web App

Having spent many years supporting web sites running on IIS one of the most challenging aspects was managing load.  I was able to plan for near-term growth by tracking the CPU, Memory, total number of requests, etc… over time and once the utilization of these elements exceeded my threshold for what I considered manageable, it…


Using Procdump and Failed Request Tracing to capture a memory dump

One of my favorite tools for troubleshooting Internet Information Service issues is ProcDump.  It is a single, small, yet powerful EXE that is very useful for capturing W3WP.exe process memory dumps. One of my other favorites is Failed Request Tracing which I have written about here and here for a Windows Azure Web Site. Failed…


Could not load type “Namespace.Class” from assembly “Namespace”

I have been working hard learning the new features of ASP.NET 4.5, specifically using the following methods: HttpResponse.BeginFlush HttpResponse.EndFlush Stream.ReadAsync HttpRequest.GetBufferedInputStream HttpRequest.GetBefferlessInputStream Stream.BeginRead Stream.EndRead All of which need to be implemented using either a handler or module, if you want to use them in IIS.  Can’t say that I did this a lot in the…


500.19 when setting up WebDAV on a UNC File share

I have written some instruction on how I setup a WebDAV installation that uses Windows Authentication and UNC here. An important concept to understand before you start setting up a WebDAV solution using this configuration is the difference in behavior when you are logged on and testing from the IIS server versus testing from a…


Download Azure App Services Web App log files from Visual Studio

I wrote an article about the ability to enable Web Server Logging, Detailed Error Message, Failed Request Tracing and Application Logging here.  In that article I discussed that you can download the logs using an FTP tool like FIlezilla. You can also download the log files from within Visual Studio by performing the following.  I currently…


Microsoft Azure のクォータ増加について

Microsoft Azure では、利用できる仮想マシンの数やストレージアカウントの数に対して、利用しすぎないように制限を設けています。しかしながら利用上、この制限を拡張したいというご要望があるかと思います。本トピックでは、Microsoft Azure におけるクォータ増加の方法について説明します。 クォータとは 仮想マシン・クラウドサービスやストレージサービスには、課金が予想外に高くならないように、既定で利用可能な、コア数やストレージサービスアカウント数が決まっています。通常は、その既定のサイズ以上のコア数を利用したり、ストレージアカウントを割り当てたりはできません。この制限値のことを「クォータ」と呼びます。クォータは既定で以下の値が割り当てられています。 サービス クォータ数 クラウドサービス 20 コア 20 ストレージアカウント 100 SQL データベース サーバー数 6 ※上記値は 2018 年時点のデプロイモデルがクラシックの場合であり、変更される場合もあります。また、ご利用いただいている契約により若干割り当て個数が異なる場合があります。 ※ 2018 年現在、無料評価版のクォータ増加は承っておりません。従量課金プランにアップグレードの上、ご申請ください。 ※ 2018 年 現在、日本リージョン(東日本と西日本)のご利用申請には、お時間を要しております。 別リージョンや別サイズでのご利用をご案内する場合がございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。   仮想マシンはクラウドサービスの一種であるため (特殊なクラウドサービスとして割り当てられています)、仮想マシンとクラウドサービスを 20個以上ご利用の際には、クラウドサービスのクォータ制限にひっかかります。通常は、割り当てられている個数以上は使うことはできませんが、サービスの運用上必要な場合には、Microsoft Azure サポートサービスに問い合わせることで拡張することが可能です。増加方法については、次の項目で説明します。 クォータ増加方法について クォータ増加については、Microsoft Azureの課金サポートから問い合わせることが可能です。ご契約いただいているサブスクリプションから、以下の手順でお問い合わせください。 Microsoft Azure 管理ポータル に接続します。 契約をお持ちのマイクロソフトアカウントでログインします。 ポータルが表示されましたら、右上のアカウント名をクリックし、「マイクロソフトサポートに問い合わせる」を選択します。 該当するサブスクリプションを選択し、「日本」「日本語」を設定の上、クォータ増加の要望の旨を記載し、ご連絡ください。 お問い合わせにあたって、事前に以下の情報をご用意いただければ幸いです。 ■ 仮想マシン/コアの場合 対象の仮想マシン デプロイモデル:クラシックか、リソース マネージャ 対象のデータセンター、仮想マシンの種類、想定されるストレージ (ディスク) の総容量・種類   …


404 File or directory not found when mapping custom domain to an Azure App Service, Server Error

If you are receiving a 404 error while accessing your custom domain, as shown in Figure 1, then you are most likely missing the link between your Azure App Service Web App configuration and your custom domain. Before we move to the solution, you might want to also check these descriptions of how to map a custom domain…


Enable CAPI2 event logging to troubleshoot PKI and SSL Certificate Issues

The CryptoAPI 2.0 Diagnostics is a feature available on Windows Server 2008+ that supports the trouble shooting of issues concerned with, for example: Certificate Chain Validation Certificate Store Operations Signature Verification This article describes how to enable the CAPI2 Diagnostic, but for an in depth review of the capability, check here. Enable CAPI2 logging by…


Enable logging on your Windows Azure Web App – App Service from Visual Studio

With the release of Windows Azure SDK 2.0, you can enable the logging from within Visual Studio.  I wrote another article which discussed how to enable Failed Request Tracing while logged into the Microsoft Azure Management console.  You can review that article here.  After installing the SDK, open Visual Studio and example the Server Explorer,…