Microsoft Azure のクォータ増加について

Microsoft Azure では、利用できる仮想マシンの数やストレージアカウントの数に対して、利用しすぎないように制限を設けています。しかしながら利用上、この制限を拡張したいというご要望があるかと思います。本トピックでは、Microsoft Azure におけるクォータ増加の方法について説明します。 クォータとは 仮想マシン・クラウドサービスやストレージサービスには、課金が予想外に高くならないように、既定で利用可能な、コア数やストレージサービスアカウント数が決まっています。通常は、その既定のサイズ以上のコア数を利用したり、ストレージアカウントを割り当てたりはできません。この制限値のことを「クォータ」と呼びます。クォータは既定で以下の値が割り当てられています。 サービス クォータ数 クラウドサービス 20 コア 20 ストレージアカウント 100 SQL データベース サーバー数 6 ※上記値は 2018 年時点のデプロイモデルがクラシックの場合であり、変更される場合もあります。また、ご利用いただいている契約により若干割り当て個数が異なる場合があります。 ※ 2018 年現在、無料評価版のクォータ増加は承っておりません。従量課金プランにアップグレードの上、ご申請ください。 ※ 2018 年 現在、日本リージョン(東日本と西日本)のご利用申請には、お時間を要しております。 別リージョンや別サイズでのご利用をご案内する場合がございます。予めご了承くださいますようお願いいたします。   仮想マシンはクラウドサービスの一種であるため (特殊なクラウドサービスとして割り当てられています)、仮想マシンとクラウドサービスを 20個以上ご利用の際には、クラウドサービスのクォータ制限にひっかかります。通常は、割り当てられている個数以上は使うことはできませんが、サービスの運用上必要な場合には、Microsoft Azure サポートサービスに問い合わせることで拡張することが可能です。増加方法については、次の項目で説明します。 クォータ増加方法について クォータ増加については、Microsoft Azureの課金サポートから問い合わせることが可能です。ご契約いただいているサブスクリプションから、以下の手順でお問い合わせください。 Microsoft Azure 管理ポータル に接続します。 契約をお持ちのマイクロソフトアカウントでログインします。 ポータルが表示されましたら、右上のアカウント名をクリックし、「マイクロソフトサポートに問い合わせる」を選択します。 該当するサブスクリプションを選択し、「日本」「日本語」を設定の上、クォータ増加の要望の旨を記載し、ご連絡ください。 お問い合わせにあたって、事前に以下の情報をご用意いただければ幸いです。 ■ 仮想マシン/コアの場合 対象の仮想マシン デプロイモデル:クラシックか、リソース マネージャ 対象のデータセンター、仮想マシンの種類、想定されるストレージ (ディスク) の総容量・種類   …


Living without D3DX

Over the past few years, I’ve been working on a number of projects in part motivated by the need to replace legacy D3DX functionality. As noted on MSDN, all versions of D3DX are deprecated and are not shipped with the Windows 8.x SDK. This includes D3DX9, D3DX10, and D3DX11. There are plenty of options for…


PowerShell: Search mailbox for items of a particular message class (ItemClass)

The Search-Mailbox cmdlet can be used to perform various searches within a mailbox, and while it serves many needs, there are some searches that it can’t do.  I wrote a PowerShell script to demonstrate how to perform a search of a mailbox (or mailboxes) using EWS, in this case looking for items of a particular…


Use of ingredient types for batch balancing in production

In an earlier blog post, http://blogs.msdn.com/b/axmfg/archive/2012/12/05/what-s-new-in-microsoft-dynamics-ax-2012-r2-potency-management.aspx#10421522, we introduced the new capabilities in Microsoft Dynamics AX 2012 R2 that support potency management business processes for process industries. This blog provides more information about the four ingredient types that were introduced, None, Active, Compensating, and Filler, and the impact that they have on how quantities are calculated for batch…


Ode to Data Explorer

To the tune of The Candy Man by Sammy Davis Jr. Who can talk to SQL, sprinkle with Hadoop Cover it with Sharepoint and a miracle or two Data Explorer, oh Data Explorer can Data Explorer can causes it mixes it with love and makes your data taste good. Who can take a table, merge…


Memory Grants Meditation: The mysterious SQL Server memory consumer with Many Names

The Memory Consumer with Many Names Have you ever wondered what Memory grants are? What about QE Reservations? And Query Execution Memory? Workspace memory? How about Memory Reservations? As with most things in life, complex concepts often reduce to a simple one: all these names refer to the same memory consumer in SQL Server: memory…