シンプルになった Windows 8 の印刷機能

オンライン リソースを読み、処理することが増えているとはいえ、印刷は PC を使って最も頻繁に実行する作業の 1 つです。私たちは、よく実行されるこの作業の簡略化と機能強化に乗り出しました。Windows 8 での印刷機能の強化を実現するために、エコシステムのパートナー各社に協力していただいています。この記事は、印刷チームのリード プログラム マネージャーである Adrian Lannin が執筆しました。  –Steven Windows PC に接続できるあらゆる周辺機器の中で、プリンターは最もよく使われる機器の 1 つであり、最も古くからサポートされています。実際、Windows 1.0 Press Kit によると、Windows 1.0 (1985 年にリリース) は、「多数のプリンターとプロッター」をサポートし、「あるファイルの印刷中に、別のファイルの作業を可能にする印刷スプーラー」を搭載していました。以下の Windows 1.0 のスクリーンショットでは、Windows 1.0 に含まれていたファイル (Epson.drv、さまざまなフォント ファイル、および印刷スプーラー プロセス) が表示されています。印刷システムの一部は、現在このシステムの開発に携わっている人間が生まれる前から存在します。:-) 長い年月をかけて、印刷システムは複雑なアーキテクチャへと進化してきました。現在では、多種多様なプリンターへの印刷をサポートし、家庭で使用するシンプルな 50 ドルのインクジェット プリンターから、数十万人のユーザーが利用し、数千件の印刷キューをホストし、数万ドルもするプリンターを動かす高可用性プリント サーバーにまで対応できるスケーラビリティを備えています。 印刷システムは、Windows のさまざまなレイヤーと領域にアクセスします。印刷システムは UI を表示し、ドライバーをホストします。このドライバーも UI を表示します。印刷は本質的に画面上のコンテンツを紙面に再描画することであり、負荷の高いグラフィックス操作を実行します。USB またはネットワークが主として、印刷では下位の通信も扱います (現在、米国で購入されているプリンターの大半はネットワークに対応していますが、Windows の利用統計情報によると、Windows 8 Consumer Preview にインストールされているプリンターの 75%…

38

マルウェアからユーザーを保護する

Windows 8 に関してよく話題になることの一つは、どうすれば Windows を安全で堅牢な、信頼性の高いコンピューティング環境にできるかということです。Windows ではこれまでもこの目標に向けて幅広い種類のソリューションを提供してきており、業界のさまざまなパートナー企業と密接な協力関係を築いています。Windows 8 でもこうした機能を強化し続けると同時に、どのように PC を保護するかはユーザー自身が判断し、管理できるようにします。また、Defender の保護機能を拡張し、より幅広い種類の脅威に対応します。この記事は、この課題に取り組む複数のチームを代表して、信頼性とセキュリティ担当チームのグループ プログラム管理者である Jason Garms が執筆しました。–Steven 悪意のあるソフトウェア (“マルウェア”) の日々変化する動向に対応して、より完全な保護機能をお届けするために、Windows 8 で私たちが行っているいくつかの取り組みについて、ここで紹介できることを嬉しく思います。この記事では、マルウェアが利用するエクスプロイトへの対策となるリスク軽減機能の強化、あらゆる種類のマルウェアに対するリアルタイムの保護を実現する Windows Defender の改良点、そして URL およびアプリに対する評価を利用したソーシャル エンジニアリング攻撃への対策についてお話しします。 現在の状況 犯罪者による攻撃は進化を続けており、マルウェアは彼らの標準的な武器として、インターネットを利用するすべての人にとっての脅威となっています。これは従来からのフォーム ファクター デバイスでも、タブレットや携帯電話のようなモバイル デバイスでも同様です。マルウェアはすべてのオペレーティング システムとブラウザーをターゲットとしており、近年ではアプリケーションに対する違法な攻撃も大幅に増加しています。 また、ユーザーを騙して危険な行動をさせるソーシャル エンジニアリングの手法も使われています。ソーシャル エンジニアリングの戦略として広まってきているのが、オンラインの広告キャンペーン (英語) を使って、コンピューターにマルウェアをインストールするサイトへとユーザーを誘導する方法です。 脆弱性を利用した確実なエクスプロイトが構築され、それを犯罪者が自分のマルウェアを拡散させるために購入するという図式で、ある種の経済 (英語) さえ形成されています。犯罪者はマルウェアから収益を得ているため、マルウェアの有効性を保つためにさまざまな投資を行います。たとえばマルウェアの数を増やしたり、マルウェアを高い頻度で (たとえば 1 日に何度も) 更新したり、サイズを大きくしてより複雑にしたりしています。一部のマルウェアは、商業アプリケーション並みに複雑なものとなっています。 堅牢な設計 私たちは Windows の構築においてセキュリティ開発ライフサイクル (SDL) (英語) を採用し、セキュリティ面の設計、開発、テストにおいて最良のプラクティスを適用しています。たとえば、次のようなものです。 脅威のモデリングとセキュリティ設計のレビュー。設計プロセスでは、機能やシナリオに対して犯罪者がどのような攻撃を行う可能性があるかを検討し、その分析を設計に組み込みます。 安全なコードの記述。トレーニングとコード品質チェック ツールにより、Windows のソース…


ISO ファイルや VHD ファイルのデータにアクセスする

Windows のコアとなる機能を改良し、皆さんからのリクエストにお応えするために、Windows 8 のエクスプローラーでは ISO ファイルおよび VHD ファイルが標準でサポートされます。だれでもテラバイト単位のストレージを利用できるようになっている中で、多くの組織やパワー ユーザーにとって、ミッション クリティカルな作業におけるディスク イメージの形式の管理が重要である点は変わっていません。VHD については、さらなるサポートを求める声が多いことはチームにも伝わっていますので、今後の動きにご期待ください。この投稿は Rajeev Nagar が執筆しました。Rajeev は Storage & File Systems (ストレージ/ファイル システム) チームに所属するグループのプログラム管理者です。–Steven 巨大な容量とコンパクトさを兼ね備えたハード ディスクの普及により、私たちは容量不足の心配をすることなく、増え続ける大量のデータを保存できるようになってきています。Windows 8 では、ISO と VHD という 2 つの重要なストレージ形式のファイルのコンテンツに簡単にアクセスすることができます。これらの形式はまずメディア上で扱うものと考えるのが一般的ですが、ファイル システム内でファイルとして扱うことができれば多くの利点があるため、エクスプローラーによる標準サポートは願ってもいない改良点です。 ISO ファイルの処理 光ディスクは依然として多くの場面で活躍していますが、大容量ハード ディスクの登場により、光ディスクを使用する機会も減ってきました。私自身リッピングはかなり活用していて (もちろん合法的に)、音楽データはおよそ 900 GB、ホーム ビデオの DVD は最近では 1 TB 近くをコレクションに追加しました。私にとって写真とホーム ビデオのバックアップは、自宅にあるデータの中でおそらく最も大切なものです。バックアップに加えて、自宅にある最も基本的なデータを保存するだけで、テラバイト単位の容量が必要になってきています。ほんの 2、3 年前には考えられなかったストレージ容量です。しかし今では 3 TB のハード ディスクを 2 万円以下で手に入れることができます。…


強力な USB 3.0 サポート体制の構築

Windows を大きな “エコシステム” の一員として位置付けると、その役割の 1 つとして、新しいハードウェアに対するサポート体制の構築が重要になります。これはなかなか複雑なプロセスですので、まず、この記事では USB 3.0 のサポートについて取り上げます。USB 3.0 にはさまざまなメリットがありますので、皆さんも心待ちにしておられることと思います。またこれは、このブログで初めてのビデオ投稿でもあります。”エンジニアリング” のビデオですので作品としてのクオリティは高くありませんが、お伝えしたいことは表現できていると思います (ビデオは HTML5 で埋め込まれており、ダウンロードも可能です)。ビデオをご覧になると、ファイルをコピーする際のインジケーターが若干古いのが気になる方もいらっしゃるかもしれませんが (私もそうなのですが)、どうぞ今後にご注目ください。なお、この記事は、デバイス/ネットワーキング グループ プログラム管理ディレクター Dennis Flanagan が作成したものです。–Steven USB 3.0 には、USB 2.0 の 10 倍のスループット速度と、バッテリ寿命を長く保つ電源管理という特徴があります。これらの利点を活かすために、世界で最も普及した PC インターフェイスが、ついにアップグレードされる局面を迎えました。2015 年までにすべての新しい PC に USB 3.0 ポートが装備され、2015 年だけで 20 億個を超える新しい SuperSpeed USB (USB 3.0) デバイスが販売されることになるでしょう。 2011 年 6 月インスタット社調べ 2011 年 6 月インスタット社調べ USB 3.0 に投資しようという決断は簡単でしたが、それを実行に移しつつ既存の…