ここまでの対話を振り返って (パート 2)

前回の投稿の冒頭でも述べたとおり、今回は、以前 Engineering Windows 7 ブログでも行ったように、このブログでのこれまでの対話を振り返り、いくつかのご意見やご質問をさらに深く掘り下げてみたいと思います。前回の投稿に続いてフィードバックの重要性に触れた後、リボン、Metro スタイル、および Media Center の提供について取り上げます。 リボン ファイル コピー関連機能の再設計についての投稿では、集まっている関心の強さを実感しました。ですから、Windows エクスプローラーについて投稿したときは、よくも悪くもたいへんな “反響” があることは覚悟のうえでした。物議をかもすブログ トピックでは、たいてい似たようなパターンが見られるものです。ここでは Slashdot からの照会数 (他の投稿をはるかに超える数です) やブログ サーバーのパフォーマンス (効率向上のためサイト レイアウトの調整を行いました) ではなく、採用された設計に注目して話していきましょう。 何よりも重要なのは、これが製品の一要素にすぎないということです。ファイル名の競合ダイアログのときと同様、一つのことに光を当てすぎると、(見る側にも見せる側にも) 見落としが出てきたり、必要以上に大きく扱ってしまう傾向があります。前回の映画の例で言うなら、映画の宣伝のために選んだシーンが、思いがけずその映画に関する議論に (あるいはターゲット市場そのものに) 変化を及ぼしてしまうようなものです。好材料は、他にもお伝えしたい内容がたくさんあることです。 最初の投稿の内容は繰り返しませんが、ここで付け加えたいのは、私たちが、皆さんからご批判があると思われる点の多くを考慮しているということです。今回、リボン メカニズムを採用していますが、この選択が間違っているとお感じの方には、私たちの考えは違うとしか申し上げられません。あらかじめ予想し、実際に証明されたことですが、このブログをご覧の皆さんの中に、リボンへのご批判が根強いことは承知しています。このご批判については、Windows 7 のブログの一部トピックに関する反響と同じく、多数のご意見をいただくと予想しており、実際に多くのご意見をいただきました。 多様な対象ユーザーに向けたメカニズムの役割がどうあるべきか (初心者向けなのか上級者向けなのか?) については、さまざまな試行錯誤がありました。皮肉なことに、メニューはかつて初心者向けの機能であり (上級者が使うのはキーボードでした)、のちにそれをさらに簡単にしたのがツール バーでした。コンテキスト メニューは当初、上級者向けのショートカットでしたが、結果的にだれもが使う機能になりました。今では、メニューもツール バーも、上級者向けの機能と認識されています。もちろん私たちは、こうした異なるメカニズムを統合して、よりシンプルな操作性を実現することを目指してきました。メカニズムの数が少なければ、当然 UI の表示領域も少なくできるからです。さまざまなご意見がある中で、明らかなのは、リボン機能搭載の弊社製品のお客様満足度は高まっており、この機能の使用率は広く浸透しつつあるということです。ご満足いただけないお客様がわずかにいらっしゃることも承知しております。それは、理由こそ異なれ、リボン メカニズムを採用する以前の各バージョンでも同じでした。どうしたところで、すべてのユーザーにご満足いただくことはできないのかもしれません。 個人的に最も興味深かったフィードバックは、視覚的なオーバーヘッドに関するものです。”Metro” 機能が登場して、より軽量のグラフィカル操作が可能になったうえ、表示するコマンドの数を簡素化してユーザーが求める “ミニマリズム” に応えています。簡素化はだれもが求めています。表示される機能が少なければ、必要な領域も少なくでき、コードの記述、テスト、管理の工数も減らせます。ミニマリズムは、機能を隠すことでもなければ、便利な機能にアクセスしにくくすることでもありません。ミニマリズムとは、余分なものをそぎ落として本質的な機能だけを残すことです。そのためには、本当に必要な機能の見極めが重要になります。私たちが考えるミニマリズムは、コマンドの多層化や、見つけにくい場所への機能のグループ化をやめ (これらのメカニズム自体が概念的になり、コードのオーバーヘッドを生みます。UI が表示する内容だけでなく、UI 自体も肥大化の原因となるのです)、同時に UI に使用するメカニズムの数を減らすことでもあります。このアプローチに従い、私たちは製品の機能を 1 種類の方法で示すことを目指しています。また、ミニマリズムとは盛り込む機能の削減ではないという点も心得ています。エクスプローラーへの機能追加に関するフィードバックの量からも、それは明らかです。 従来の機能表示は段階的、階層的なものでした。キーボード限定の機能やコンテキスト メニューにしかない機能があり、またある機能はトップ…

4

ここまでの対話を振り返って (パート 1)

このブログは、Windows 8 の構築について、皆さんと意見交換を行うことを前提として開始されました。まずはブログのねらいどおり、この製品をどのように構築していくかについて、皆さんとの対話を始めることができたと思います。また、皆さんにとって明らかに重要なトピックに関して、コメントまたは投稿で意見を交わすこともできました。数値的なことを申し上げますと、私が個人的にいただいた電子メール メッセージだけで 300 通ほどあります (相当数の返信も送りました)。また、英語のコメント数を合計すると、約 1,700 人の読者から 3,000 件余りをいただいています。Twitter のフォロワーについては、約 15,000 人あたりまで来て横ばいになっています (類似のケースに基づいて判断すると、このようなブログをフォローする “市場” の規模はおおむねこれくらいの数になるようです)。Engineering Windows 7 ブログの場合と同様に、早い段階で一度皆さんとの対話内容を振り返り、そのうえでテーマのいくつかに焦点を当てていきたいと思います。これは新しいブログを始めていくプロセスの一環として、ごく一般的なステップと考えています。立ち上がりの活気があふれ、読者の皆さんも発言の場を見つけてリズムに乗ってくる時期です。 Windows 8 について語ることと、Windows 7 について語ることには、大きな違いがあります。Windows 7 の基本はルーツへの回帰でしたが、Windows 8 ではそのルーツを維持しつつ、新しい形で大きく前進することが基本になっているからです。新しい方向へと動くときには常に、エンジニアリング面の課題だけでなく、単に開発状況について語ることに関しても課題が生じます。Windows 8 の場合は特にそうなのですが、これには 2 つの理由があります。 1 つ目は、10 億人ものユーザーが使う製品が主題になっているという点です。どのように区分けしようと、この製品に対する視点の数も、対象となるユーザー数も、膨大なものになるのは確かでしょう。もちろん、1 つの非常にオープンな製品を幅広いお客様にご提供することには、計り知れない価値があります。このことは、皆さんのコメントから十分見て取れます。コメントでは、皆さんの視点が力強く述べられ、それに同意する意見も、真っ向から対立する意見も、何度となく書き込まれています。私たちが深い責任感と共に取り組んでいるこの仕事は、開発者、IT 管理者、PC メーカー、ハードウェア ベンダーといった多様なお客様のシナリオに対応し、かつそれを単一の製品で行うことの価値に根差した、製品の開発です。 2 つ目は、私たちが Windows 8 でユーザー エクスペリエンス モデルを変えようとしているという点です。ユーザー インターフェイスの開発に携わったことがある方なら (そしてより重要なことに、ユーザー インターフェイスを使ったことがある方なら) どなたでもおわかりいただけるように、ユーザー インターフェイスに関して意見を持つことは、難しくありません。提案用のモックアップを静止画像で作成することさえも、少し手間をかければ難しいことではありません。実を言えば、私の受信トレイには、ダイアログ ボックスやツール バーに関するモックアップや提案書があふれています。しかしご理解いただきたいのは、それが今に始まったことではないということです。つまり、私たちは既にこのプロセスに長い期間を費やしてきているのです。静止画像だけで UI…


チームの紹介

コメントと大量のメール (そして Twitter でのフォロー) をいただきありがとうございます。コミュニティの熱意と関心の高さに、本当に身が引き締まる思いです。初期の投稿に対するコメントの中に、既にいくつかの重要なスレッドができています。そのうちのいくつかは Windows 8 のユーザー エクスペリエンスのプレビューに基づくものです。これらの問題や製品の設計、トレードオフについて議論する準備を、チームでも着々と進めているところです。Windows 8 では、製品全体にわたって新しい機能が盛り込まれています。そんな Windows 8 の構築に欠かせな い強力なチームの構造について、ここでお話しするのも有意義かと思います。”どうやって (How)” を知ることが、”何 (What)” や “なぜ (Why)” を理解するのに役立つことがあるからです。この説明によって同時に、Windows 8 のどういった部分に機能が追加されているか 、概要をつかんでいただくこともできると思います。また、製品の話をしていくにあたってのガイドのような役割も果たしてくれるはずです。 Windows を 1 つのエンティティなりグループとして考えたり、何人かの決まったメンバーの集まりと考えたくなる方も多いと思います。たとえばあるメンバーがカンファレンスで話したり、ブログを書いていたりすれば、その人が製品を代表する顔として記憶されるでしょう。実際には、 Windows は常にチーム全体で取り組む製品であり、Microsoft の大部分を占めるプロジェクトでもあります。社内のほぼすべての開発グループが、なんらかの形で Windows 8 の構築に貢献しています。そして Windows も他のグループに貢献する取り組みを行っていま す。 Windows は、組織化された小さなプロジェクト群から成る、かなり幅広いプロジェクトです。Windows 8 の構築を始めるにあたって、向かうべき方向ははっきり把握できていたので、その方向性をサポートするためのチーム構造を作ることになりました。多くのチームを連携させる一方 で、同時に作業を細分化して比較的独立性の高いグループに分けていきます。ユーザーにとっては各パーツの適切な連動が重要なのは当然ですが、一方エンジニアとしては独立して仕事を進められることも重要です。この微妙なバランスが重要でした。 Windows という大きな仕事をやり遂げるためのチーム構造作りには、多くの工夫が盛り込まれています。最も重要な第一歩は、最適なチームと最適な構造を用意できるよう、何をやりとげるべきなのか (“What”) を決定することです。同時に、すべてのエンジニアリング プロセス、 たとえばデイリー ビルド、統合、品質、セキュリティー、そして多くの基礎要素が、最初からうまく連動するようにしなければなりません (これらのトピックについても話したいことは山積みです)。 チームにはいくつかのエンジニアリング上のロール、つまり専門分野があります。Windows における実装作業とは、開発者がコードを書くこ とです。このコードによって実装される機能の基になるのは、プログラム管理担当者が書いた仕様と、製品デザイン担当者が用意するインタラクション デザインです。…


このブログとコメントの投稿について

あたたかい反響をいただきありがとうございます。このブログと Windows に向けて寄せられる関心と熱意の量に、改めて襟を正す思いです。現在チームではお寄せいただいたたくさんのコメントを消化しており (掘り下げた内容についてたくさんのメールが社内を飛び交っています)、私も受信トレイからあふれそうなメールに目を通して (すべてとはいきませんが) 返信を出しているところです。ご意見ありがとうございます。質問やコメントで最も多くいただいているのは、ベータ プログラムへの参加登録についてのものです。プレリリース ソフトウェアがご利用いただけるようになった場合は、率直かつ明確にお知らせします。約束します。 このブログで Windows 8 についてのディスカッションを始めるにあたって、実際に Windows 8 やその構築の話に入る前に、ブログの運営について 2 点ほど確認しておきましょう。このブログに書かれる内容については率直な姿勢でありたいので、コメントについての私たちの考えを述べておきたいと思います。 このブログは正真正銘、エンジニアによって書かれたもので、マーケティングや広報のためのものではありません。ゴーストライターや編集者などは存在せず、タイプミスや誤字脱字の編集作業を除いては、チームのメンバーが書いた内容の削除などは行われていません。 これによって、製品を開発しているメンバーの熱意を直接反映した、嘘のない言葉をお見せすることができます。また同時に、このブログを書くのはプロのライターではないということでもあります。投稿によっては細部に深入りすることもあります。執筆者が違えばトーンや意見も異なります。皆さんには、私たちが選んだ率直なアプローチを念頭に置いていただき、文章に対してあまり批判的な姿勢をとらないようお願いしたいと思います。個人攻撃のようなコメントは、執筆者にとっては文字どおり個人的な攻撃になってしまいます。 私たちは Building Windows 8 (“B8”) におけるコメントの扱い方について、長い間検討を重ねてきました。Engineering Windows 7 (“E7”) ブログでのコメントのやりとりは有意義なものがほとんどでしたが、中には不適切な内容のメールを送信したり、コメントを書き込んだ人もいました。無関係な話題についてのコメント投稿は避け、コミュニティとしての意見交換の範囲を逸脱しないようにしましょう。 もちろん、このブログの 1 番の目標は双方向の会話なので、コメントは私たちにとって重要な意味を持ちます。そこで私たちは、何千もの MSDN ブログで既に使用されているコメントのメカニズムにならって、匿名のコメントを許可し、コメントを修正せずに表示する方法を取ることにしました。このブログのプラットフォームには、最低限のセキュリティ対策とスパム フィルターが導入されていますが、これは私たちがコントロールするものではありません。 ぜひ、コメントを書き込んでください。Windows チーム全員がコメントを読み、皆さんと交流できることを楽しみにしています。マイクロソフトの社員が参加する際は身分を明かして発言するよう、特に Windows の該当分野の担当者であるかどうかを明記するよう伝えています。プレス関係者の皆さん (プロとしての立場から本やブログの執筆、ツイートなどを行っている方々) も、同様に身分を公表していただくようお願いしたいと思います。 コメントでは次のような姿勢を歓迎します。 Windows や B8 への投稿に関する、トピックの趣旨に合った興味深い意見を活発に投稿する トピックについての全般的な話題ではなく、投稿の内容に注目し、細部を掘り下げる 相手に敬意を表しながら、楽しく会話をする マイクロソフトは、コメントの内容を編集したり、コメントを削除する権利を有します。編集または削除の対象となる場合は次のとおりです。 コミュニティにおいて不快または口汚いと判断される言葉や行動を含むコメント なりすましの (自分以外の人物を名乗った) コメント。本名を使用する必要はありません。プロファイル名が不快または下品なものや他人の名を使ったものでなければ結構です。 ブログで話し合われている内容に関係のない、同じコメントや議題の投稿の繰り返し、またはすべての投稿への特定のトピックの書き込み あらゆる種類のブログスパムやリンクの悪用…


Building Windows 8 (Windows 8 の構築) へようこそ

Microsoft Windows の次のリリースを構築する取り組みは、業界全体にかかわるプロジェクトであり、マイクロソフトは強い使命感と謙虚な姿勢でこれに臨んでいます。Windows 8 は、新世代のコンピューティング デバイスに向けて Windows を刷新するものであり、世界中で優に 10 億人以上が使用する、新旧取り混ぜて何億台もの PC にとって最高のオペレーティング システムとなります。 私たちはこれまで、Windows 8 の設計と開発に真剣に取り組んできました。そして今日から数か月の間、プレリリース版を試用してくださる皆さんと、オープンに対話していきたいと思います。Windows 8 の開発期間中、エンジニアリング面に焦点を合わせて、このブログを定期的に更新していく予定です。このプロジェクトは、”Building Windows 8″ (Windows 8 の構築) または “B8” と呼ぶことにしたいと思います。 Windows チームにとっては、Windows 7 のブログがそうであったように、このブログも Windows 8 開発の重要なパートの 1 つです。ブログによって、設計上の選択肢、現実に即したデータや使用形態、Windows 8 に盛り込む新しいオプションなどについて、皆さんと双方向的に対話することが可能になります。新しい Windows という非常に重要な製品を市場に送り出すというまたとない経験を、今回皆さんと一緒に始めたいと思います。私たちは、熱意あるエンド ユーザー、開発者、および IT プロフェッショナルの皆さんと真摯に向き合い、Windows 8 の開発について意見交換できることを心から楽しみにしています。 Windows の刷新: チップからエクスペリエンスまで Windows 8 は、Windows を刷新するものとなります。これは非常にスケールの大きいメッセージであり、またこのブログを続けていく中で何度も戻ってくるテーマとなるはずです。それと同時に、既に販売された 4 億以上の Windows 7…

1