Windows 8 Release Preview では、Web ブラウザーのエクスペリエンスの刷新を引き続き推し進め、皆さんからのフィードバックを取り入れて、あらゆる Windows 8 デバイスで最高のブラウジング エクスペリエンスを実現しています。これにより、皆さんが日常的にアクセスしている Web を最大限に活用できます。この記事は、Internet Explorer 担当のグループ プログラム管理者である Rob Mauceri が執筆しました。
-- Steven


ユーザーの皆さんに Metro スタイル アプリのメリットを感じていただけるように、私たちは、Windows 8 と足並みを揃えて新しいブラウジング エクスペリエンスを作り上げました。IE の基盤となっているアーキテクチャを拡張し、ハードウェア アクセラレーションに完全に対応する高速なブラウジング エンジンを構築し、堅固なセキュリティと、HTML5 およびその他の Web 標準のサポートを組み込みました。

Internet Explorer 10 は、マウスとキーボードを多用する使い方に対応するのはもちろんのこと、タッチ操作でも Web サイトとのやり取りを高速で滑らかに行うことができるように設計されています。IE10 によって、Web サイトは Windows 8 の Metro スタイル エクスペリエンスに含められ、スタート画面、チャーム、スナップなどの機能と共存することになります。さらに IE10 では、ユーザー自身によるオンライン プライバシーの制御を実現しつつ、Web 上の悪意のあるソフトウェアに対抗する最も効果的な保護機能が提供されます。

Metro スタイルのブラウジング エクスペリエンスは、マウスとキーボードで操作する大画面のデスクトップ コンピューターにおいても、タッチ対応のモバイル デバイスにおいても、従来よりも優れた体験となります。携帯電話での "クロムレス" なブラウジングが一般に広がるにつれて、デスクトップよりも没入的で手間の少ないブラウジング エクスペリエンスに慣れてきた人が増えていることと思います。Metro スタイルのブラウジングでは、画面のすべてのピクセルがユーザーのお気に入りのサイトに使用され、全画面表示で集中しやすいサイト エクスペリエンスが提供されます。IE と Windows 8 では、Web サイトを見ていて何かをしたいと思ったら (共有、印刷、検索など)、いつでもチャームを使って達成することができます。私たちの元には、Metro スタイルのブラウジングは多くのユーザーに好まれ、特別に熱心で頻繁なブラウジング パターンを示すユーザーにさえも受け入れられているという声が届いています。この理由は、Metro スタイルの方が高速で滑らかに動作し、操作方法よりも情報に集中することができるからです。


ビデオをダウンロードしてお好みのメディア プレーヤーで再生することができます:
高画質 MP4 | 低画質 MP4

Web ブラウジングの強化

Windows 8 Release Preview には、電源面で最適化されたタッチ操作対応の Adobe Flash Player が搭載されています。この IE10 用の Adobe Flash Player は、Windows Update を通じて更新されます。新しい Metro スタイル Web ブラウザーでは、互換性のある Web サイトの Adobe Flash コンテンツが再生されるようになりました。この最適化された Flash Player は Windows 8 の IE 10 に統合され、優れた Web ブラウジング エクスペリエンスを約束します。私たちは、Metro スタイル ブラウザーで "動作する" サイトが増えることで、コンシューマーにとってのエクスペリエンスも企業にとってのエクスペリエンスも同様に向上すると確信しています。

実際問題として、主に持ち歩くデバイスでは、よく使うサイトの Web コンテンツが再生されなければなりません。再生できないと、そのデバイスは PC のおまけにすぎなくなります。一部の人気 Web サイトでは Adobe Flash が必須となっており、HTML5 による代替には対応していません。私たちの元には、Metro スタイル IE 向けに HTML5 だけで実現するエクスペリエンスを提供しないサイトに関して多くのフィードバックが寄せられました。このようなフィードバックを反映して、製品に変更を加えることになりました。たとえば、iPad で pbskids.org にアクセスしてみてください。Beeline (英語) のように Flash が必要な従業員ソリューションもあります。このサイト (英語) のような財務管理サイトでも Flash が要求されることがあります。youtube.com などのサイトも、Flash を使った場合に最良のエクスペリエンスが実現されます。 

基盤となる HTML5 "Trident" ブラウザー エンジンと Chakra JavaScript エンジンの技術的な詳細および設計上の改良点、Flash Player のサポートなどについては、IE ブログを参照してください。

Windows 8 の Metro スタイル ブラウザー

IE10 のユーザー エクスペリエンスは、Metro スタイル デザイン パターンに合わせて専用に設計され、毎日繰り返されるブラウジングにおいても、高速かつ滑らかに動作するように作られています。私たちは、Consumer Preview に対する皆さんからのフィードバック (英語) に耳を傾け、Web ページからの画像の保存、"貼り付けて移動" コマンドによるすばやい移動、ネットワーク診断機能の統合などに対応しました。

インターフェイスとコントロールは、必要になったときに表示され、不要なときには目に入らないように設計されています。また、毎日の頻繁な Web ブラウジングに求められるさまざまな機能も用意されています。これには、フォーム用の便利なタッチ キーボードのサポート、オートコレクト付きのスペル チェック機能の統合、ページ上のテキストの検索などがあります。ユーザー エクスペリエンスは Metro スタイルのパターンと規則に準拠し、パーソナリティ、アニメーション、コマンド実行、Windows 8 チャーム、スナップなどがサポートされます。

 

IE 10 で見た Sound Discovery Web サイトにはクロムが一切表示されないIE10 ではサイトに重点が置かれ、端から端までのすべてのピクセルを Web のために使う
全画面表示のエクスペリエンスが提供される。

 

同じ Web サイトを表示しながら、画面下部にはアプリ バーが、画面上部にはタブが表示されている

   タブ機能もあり、必要になったときだけ表示される。

IE10 では、モバイル版のサイトだけでなく、フル バージョンの Web も高速かつ滑らかに動作します。タッチ操作、マウス、キーボードのどれを使う場合でも、非常に優れた応答性を期待できます。Metro スタイル ブラウザーは、単なるタッチ デバイスでのブラウジングを超えた、タッチ主導のブラウジングを実現します。これは、指に吸い付くような反応として体感していただけると思います。パンとズーム、スワイプによるページ移動、ダブルタップによるコンテンツの拡大縮小などのタッチ操作を行うとき、感触を確かめてみてください。Release Preview では、タッチ操作でリンクをたどるときの視覚的なフィードバックも改良され、サイトのコードがタッチ操作向けに記述されていない場合でも、より確実に操作できるようになりました。コンテキスト メニューとフォーム コントロールはタッチ操作向けに最適化され、デバイスの向きの変更にも適切に反応します (横向きと縦向きの画面レイアウトに合わせてスムーズに調整されます)。また、Windows 8 アプリケーションを横に並べて "スナップ" 表示することもできます。IE10 では、マウスとキーボードによる Web ブラウジングのエクスペリエンスも改良され、要望の多いキーボード ショートカットのサポートや、便利なマウス操作による履歴の移動にも対応しています。これらも Release Preview で改良されています。たとえば、マウスを画面の左端へ移動して戻るボタンをクリックするだけという、より簡単な操作になっています。

Metro スタイル IE10 は、これまでとは異なる現代的なブラウジング アプローチを取っています。過去 10 年のブラウジングの主体となっていたタブとウィンドウの管理操作よりも、閲覧する Web サイトそのものにまっすぐに焦点が当てられます。たとえば Release Preview では、HTML5 ビデオに集中しようと思ったら、ダブルタップするだけで全画面表示で再生することができます。私たちは、社内でこの IE10 を普段のブラウザーとして、ラップトップやデスクトップ ワークステーションでも、タッチ画面やキーボードとマウスでも使い続けてきました。スタート画面に並ぶ Web サイトのタイルから、没入型の全画面表示の Web エクスペリエンスに至るまで、Windows 8 の IE は、現実の Web で毎日使ってもらえるブラウザーになるように設計されています。

ナビゲーション: ナビゲーション タイルは、最小限の入力で目的のサイトをすぐに見つけて移動できるように、各サイトのアイコンと色を使って表示されます。Release Preview では、これらのタイルをよりすばやく効率的に使えるようにレイアウトを改良しました。頻繁にアクセスするサイトを視覚的に見分けられるように最適化し、スタート画面との統一感も強化しています。

スクリーン キーボードとアドレス バーの上に [Frequent] (よく使うサイト) と [Pinned] (ピン留めされたサイト) のタイルが表示されている
ナビゲーション タイルでは重要なサイトにすばやくアクセスできる。

お気に入りのサイトには、その名前の最初の数文字を入力するだけですばやくアクセスできます。さらに Release Preview では、お気に入りのサイトとピン留めされたサイトにバッジが表示され、簡単に見分けられるようになっています。この画面には、何度もアクセスしたサイトと、スタート画面にピン留めしたサイトが表示されます。アドレス バーに入力を始めるとナビゲーション タイルが絞り込まれ、履歴、お気に入り、または人気の高い URL のサイトが表示されます。

Windows 8 にローミング アカウントを関連付けて使うと、ブラウザーの履歴やお気に入りを持ち運ぶことができるため、どの PC からでも最近参照した Web ページに簡単にアクセスできます。

IE10 のアドレス バーに入力された V I という文字に一致する検索結果が表示されている
お気に入りの名前の最初の数文字を入力するだけで目的のサイトにアクセスできる。お気に入りのサイトとピン留めされているサイトはバッジ付きで表示されるので、すぐに見分けることができる。

Web サイトに重点を置くというコンセプトに従って、IE10 のナビゲーション バーは必要時にのみ表示されます。Windows Release Preview では、ナビゲーション バーに使いやすいコントロール (タッチでもキーボード/マウスでも) が統合され、戻る、進む、中止/更新、スタート画面へのサイトのピン留め、アプリの入手など、よく使われる操作を実行することができます。アドレス バーには、セキュリティで保護されたサイト、SmartScreen、InPrivate ブラウジングを示すアイコンと色が表示されます。オートコンプリートと Web 検索もサポートされ、デスクトップ版の IE と同じように動作します。Release Preview での新機能として、"貼り付けて移動" コマンドがあります。これにより、クリップボードにコピーした URL や検索語にすばやく移動できます。アドレス ボックスには、ページの読み込み中に進行状況のインジケーターが表示されるほか、サイトの互換性と追跡防止に関するインジケーターも含まれます。ナビゲーション バーには、ページを検索するためのコマンドと、従来のプラグイン テクノロジを必要とするサイトとの互換性のために、デスクトップ版の IE で開くためのコマンドがあります。デスクトップ版の IE は、既存のワークフローに沿ってデスクトップ ツールを使い続ける必要がある場合にも有用です。

アドレス バーの URL の右クリック メニュー。メニューには、[Cut] (切り取り)、[Copy] (コピー)、[Paste] (貼り付け)、[Paste and go] (貼り付けて移動) の各コマンドが表示される。
[Paste and go] (貼り付けて移動) を使うことでよりすばやく移動できる。

タッチ操作によるブラウジングの強化: Release Preview では、IE10 の Metro スタイル エクスペリエンスの新機能として、複数のページから成る連続したコンテンツを新しい形で参照することができます。タッチ主体のデバイスでは、リンクをクリックする代わりに自然なスワイプ ジェスチャを使うことで (マウスの場合は次へ進むボタンを使うことで)、ページ フリップによって雑誌を読むようにお気に入りのサイトを移動できます。New York Times で複数のページにわたる記事を読んだり、Amazon や eBay の製品一覧を参照したり、CNN.com で最新ニュースをすばやくチェックしたりする場合を想像してみてください。ページ上の "次へ" リンクを探さなくても、前方へスワイプするだけでページを移動できるのです。

Etsy Web サイトが開き、画面下部にコマンド バーが表示されている
"次へ" リンクを探さなくても、スワイプすることでページをめくって次の一覧に移動できる。

左へページをめくる最中には同じ Web サイトの 2 つのビューが表示される。2 つ目の画面では、一面灰色の背景に "Next page" (次のページ) という文字が表示されている。

タッチ操作によって高速かつ滑らかに次のページに切り替えることができる。

Etsy Web サイトの次のページ
複数のページから成るコンテンツを高速かつ滑らかに参照できる。

ページ フリップを有効にすると、複数のページにまたがるコンテンツを閲覧する際に、スワイプによって同じ記事、投稿、またはスレッド内の次のページに移動できるようになります。ブログやニュース サイトのように連続したコンテンツの閲覧中に複数ページのコンテンツの最後に到達すると、次の記事、投稿、またはスレッドとして適切なページが提示され、続けて参照することができます。ページ フリップを使うには、ユーザーがこの機能をオプトインし、閲覧の履歴を Microsoft に送信することに同意する必要があります。送信された情報はエクスペリエンスの品質向上に役立てられます。

Metro スタイル エクスペリエンスのその他の部分は、全体的にはこれまでと同じです。

タブ: 優れた Web エクスペリエンスを達成するためには、複数の Web ページを参照できることが重要です。Metro スタイルのタブ切り替えの画面は、画面の下部または上部をタッチ操作でスワイプするか、マウスで右クリックするか、キーボードの Windows + Z キーを押すと表示されます。

9 個のタブが表示され、その中には InPrivate タブが 1 つ含まれている

アクティブなタブは、ページのサムネイルにページ タイトルのオーバーレイ テキストが重なった状態で表示されます。各タブにはタッチ操作でも使いやすいボタンが表示され、タブを閉じたり、新しいタブまたは新しい InPrivate タブを作成したりできます。IE10 は、最近使用された 10 個のタブを自動的に表示します。したがって、ユーザーが意図的にタブを管理する必要はそれほどありません。タブのクリーンアップも、コマンド 1 つで簡単にすばやく行うことができます。

タッチ キーボード: IE10 は、物理キーボードだけでなく、Windows 8 のタッチ キーボードにも対応しています。タッチ キーボードの動作は、より使いやすいエクスペリエンスを実現するように自動的に調整されます。たとえば、アドレス バーにフォーカスがある場合は、URL をすばやく入力できるように "/" キーと ".com" キーが有効になります。

アドレス バーへの入力中に表示されるタッチ キーボードには、/ キーと .com キーが用意されている
タッチ キーボードは入力先の場所に応じて自動的に調整される。たとえば、
電子メール フォーム フィールドでは "@" キーや ".com" キーが表示される。

IE10 では、通知に関してクリーンで "控えめ" なアプローチが取られています。警告とユーザー プロンプトはすべて、画面下部にある通知バーに表示されます。ユーザーの操作が必要となる場合は、Windows 8 Metro スタイルの "ポップアップ" が使われます。通知バーは、状況に従って自動的に非表示になります。Metro スタイル ブラウザーでダウンロードを行うときは、デスクトップ版の IE と同様に、SmartScreen のアプリケーション評価によって悪意のあるソフトウェアから保護されます。Release Preview の Metro スタイル エクスペリエンスでは、"ポップアップ" ウィンドウを後ろのタブとして開くことも可能になりました。

Metro スタイルでの Web サイトとアプリの関連付け

IE10 では、Web サイトは Windows 8 の Metro スタイル エクスペリエンスの一部となります。Metro スタイルのブラウジングでは、スナップ、チャーム、ストアとスタート画面の統合などにより、Web とアプリは明確には区別されなくなります。

サイトのピン留めを使用すると、よく使うサイトを Windows のスタート画面に並べてカスタマイズできます。どのような Web サイトでも IE10 からスタート画面にピン留めできるため、気になる情報や必要な情報をすべて 1 か所に集めることができます。

ピン留めされたサイトのタイルには、サイトの色とアイコンが反映されます。Release Preview では、サイト アイコンとして高解像度の PNG ファイルを使用でき、タイルの背景色も指定できます。IE10 を使うと、サイトからバックグラウンド通知を発行して、その Web サイト上の新しいメッセージや他のアカウント活動を知らせることができます。サイトでは、IE のナビゲーション バーに表示されるタッチ操作向けの追加コマンドをプログラミングすることもできます。この方法は、デスクトップ版の IE でジャンプ リストをプログラミングする場合と同様です。

スタート画面に New York Times、Facebook、Kayak、MSN.com などの Web サイトがピン留めされている
サイト タイルでは、Windows 8 のスタート画面からサイトに直接移動できる。

ピン留めされた同じサイトを拡大したところ
ピン留めされたサイトでは高解像度の画像、カスタム色のタイル、バックグラウンド通知を使用できるため、
お気に入りのサイトが簡単に見つかり、ひとめで最新情報を確認できる。

ストアとの統合により、IE でアクセスしたサイトの Metro スタイル アプリを簡単に見つけて起動することができます。Release Preview では、UI コンセプトが引き続き単純化され、IE の動作がわかりやすくなっています。[Tools] (ツール) アイコンは、ページに関する "特別" な情報がある場合に通知するように更新されました。そのアイコンをタップすると、ストアに移動してアプリをインストールすることができます。アプリがインストールされたら、サイトから直接起動できます。たとえば、WordPress.com は IE10 で次のように表示されます。

[Tools] (ツール) コマンドの上にメニューが表示され、[Get app for this site] (このサイトのアプリを手に入れる)、[Find on page] (ページを検索する)、[View on the desktop] (デスクトップで表示する) というオプションが含まれている
新しくなったツール メニューでは、サイト用のアプリがあるとユーザーに通知が表示される。

その他、Metro スタイル エクスペリエンスへのサイトの統合に関する機能として以下のようなものがあります。

Windows 8 で複数の作業を同時に行いたいときは、スナップが役立ちます。IE10 でブラウジングを行いながら、その横でメール、音楽、または他の任意のアプリケーションにアクセスすることができます。ブラウザーは、"スナップ" サイズが狭い場合にも適切に対応し、ユーザー操作のために必要となる場合は、自動的にドッキングを解除します。パン、ピンチ、ダブルタップによるズーム、リンクの参照など、コアとなるブラウジング機能はスナップ表示中もすべて利用できます。

メッセージング アプリでのチャットが画面の左側 1/5 に表示され、画面の残りの部分には Web サイトが表示されている
Windows 8 の "スナップ" によるマルチタスキングを使うと、サイトをメッセージング アプリなどの他のアプリケーションと並べて表示できる。

Windows 8 では、検索や共有などの共通の操作を実行する一貫した方法として、チャームという機能が用意されています。IE10 は、検索、共有、デバイス、設定の各チャームをサポートしています。

左下には Web サイトに重ねて時刻、日付、電源、Wi-Fi の状態が表示され、右端のチャーム バーには [Search] (検索)、[Share] (共有)、[Start] (スタート)、[Devices] (デバイス)、[Settings] (設定) の各アイコンが表示されている
チャームを表示するには、右端からスワイプするか、Windows + C キーを押すか、
マウスを画面の下部または右上隅へ動かす。

検索チャームでは、既定の検索エンジンが使われます。これは好みに合わせて設定できます。チャームのポップアップで検索を開始すると、入力に従って検索結果が表示されます。検索エンジンでサポートされていれば、デスクトップ版の IE と同じように、画像と簡単な結果が含められます。

共有チャームでは、共有をサポートしている任意のアプリケーション (メールなど) にアクセスできます。ここでは、画像、説明、ハイパーリンクから成るリッチなリンク プレビューを送信できます。単なるリンク以上の情報を簡単に共有できます。

メールの作成ウィンドウに、差出人フィールド、[To] (宛先) フィールド、写真のサムネイル、Web サイトから引用されたテキストと、メッセージを追加する領域が表示されている

IE10 とメールでは、画像、説明、ハイパーリンクから成るリッチなリンク プレビューの送信がサポートされ、
単なるリンク以上の情報をごく簡単な操作で共有できる。

デバイス チャームでは、印刷、プロジェクター出力、外部デバイスへの再生などの操作を一貫した方法で簡単に行うことができます。たとえば、デバイス チャームをタップまたはクリックしてプリンターを選べば、任意の Web ページを IE から印刷できます。飛行機の搭乗券などを印刷するのに便利です。

設定チャームでは、IE10 で特に頻繁に使われる設定にすばやくアクセスできます。ブラウジングの履歴を消去したり、アクセスの位置情報を変更したり、さまざまな設定を行うことができます。ここでの IE の設定は簡略化されていますが、デスクトップ版の IE の設定を表示すると、細かい調整を行うことができます。

悪意のある Web からの保護

IE10 には、これまでと同様に業界最先端のセキュリティ機能、プライバシー機能、信頼性機能が搭載されています。これらは、SmartScreen、XSS フィルタリング、アプリケーション評価、InPrivate ブラウジング、追跡防止、ハングアップの検出と回復などの IE9 の機能に基づいています。加えて IE10 では、"拡張保護モード" によって各タブ内の Web サイトのコンテンツが効果的に分離され、セキュリティとプライバシーがより安全に扱われます。また、Release Preview での新機能として、Web サイトに追跡拒否 (DNT: Do Not Track) 信号を送信するシンプルな設定 (既定でオン) が追加されました。

Consumer Preview からの主な変更点のまとめ

Windows 8 Release Preview の IE10 では、より機能が充実した Metro スタイルのブラウジング エクスペリエンスを体験していただけます。繰り返しになりますが、基盤の HTML5 エンジンに対する変更およびその他の詳細については、IE ブログを参照してください。高速で滑らかなブラウジングのために IE10 に加えられた改良点のうち、ほんの一部を以下にご紹介します。

  • 高速で滑らかなタッチ操作の強化。完全で独立した構成により、現実の Web サイト (固定要素、サブスクロール領域、アニメーション、ビデオなど) を快適に表示します。
  • よりスムーズな UI の切り替えとアニメーション。ローエンドのハードウェアでのちらつきが減少しています。
  • Metro スタイル IE で Flash のサブセットをサポート。人気の高いメディア再生サイトやゲーム サイトを楽しむことができます。
  • HTML5 ビデオの全画面表示をサポート。ダブルタップで全画面にズームできます。
  • サイト選択のレイアウトの改良。外側のタッチで非表示になる動作が採用され、お気に入りのサイトやピン留めされたサイトはわかりやすく表示されます。
  • ブラウザーのコマンド バーのレイアウトとサイト アイコンの扱いの改良。ナビゲーション バー コントロールが整理されました。
  • 高解像度画面で Web ページの既定のズーム レベルを調整。
  • "画像を保存" するためのコンテキスト メニュー。
  • "貼り付けて移動" するためのコンテキスト メニュー。
  • タッチ操作でリンクをたどるときの視覚的なフィードバックを改良。
  • スタート画面にピン留めされたサイト タイルで高解像度の画像をサポート。
  • Metro スタイル IE にネットワーク トラブル シューティング ツールを統合。
  • Metro スタイルのオートコンプリート ドロップ ダウン。
  • ページ フリップによる次のページへの移動 (ユーザーによるオプトイン)。
  • 追跡拒否 (DNT: Do Not Track) の設定を追加。既定でオンになります。

Metro スタイルと妥協のないブラウジング

今までは、タッチ操作に適したモバイル Web を小さい画面で閲覧するか、マウスとキーボードに適したフル バージョンの Web を大きい画面で閲覧するかを選ばなければなりませんでした。これからは、Windows 8 Release Preview の IE10 による Metro スタイル Web エクスペリエンスに妥協はありません。Windows 8 と PC の機能を最大限に活用して、ブラウジング、タッチ、マルチタスキング、印刷、共有などの操作を行うことができます。IE10 での Web は、より高速で滑らかになり、アプリケーションを利用しやすく、セキュリティとプライバシーもいっそう強化されます。

-- Rob