新しい SkyDrive が可能にする、場所を選ばず使える Windows 用パーソナル クラウド ストレージ

私たちは 2 月、SkyDrive と Windows 8 を通してアプリ、ファイル、PC、デバイスをクラウドとつなぐという目標をお伝えいたしました。以来、SkyDrive にアクセスする Windows 8 アプリのアプリ プレビューを公開し、さらに SkyDrive の Web エクスペリエンスも強化いたしました。そして本日、Windows プラットフォーム全体にわたる SkyDrive の新機能を公開いたします。 この記事は、SkyDrive 担当グループ プログラム マネージャー Mike Torres と Omar Shahine の共同執筆によるものです。 –Steven    昨年は、Windows 8 を常に意識しつつ SkyDrive の開発に明け暮れた 1 年となりました。私たちが取り組んだのは、独自のアプローチ (英語) を通してファイル クラウド、アプリ クラウド、デバイス クラウドの最も良いところを統合し、数十億の人々のためのパーソナル クラウド ストレージをデザインするというものでした。同時に、HTML5 とモバイル アプリに対するファイル クラウドのアクセス性を高め、Office (英語) やサード パーティ製アプリとの統合を強化し、さらに Windows と Windows Phone (英語)…

16

企業における "持ち込み" PC の管理 (WOA を視野に入れて)

ユーザーが自分のハードウェアを職場に持参するケースが一般的になるにつれ、IT プロフェッショナルにとっても、クライアントの “持ち込み” (BYO: Bring Your Own) PC を不安なくサポートすることは、重要な関心事となってきています。デバイスの “持ち込み” が一般化しても、IT プロフェッショナルにとって、ネットワーク資産の管理、セキュリティ保護、アカウンタビリティ確保などが重要である点は変わりません。また、書面でポリシーを掲げても限界があることは皆さんもご承知のとおりです。 今回の記事では、このような “IT のコンシューマー化” を念頭に設計されたデバイスである WOA PC の管理を主に扱います。x86/64 アーキテクチャの PC では、フォーム ファクターを問わず、さまざまな管理ツールをフルに活用することができます。特に、システム上で実行されるサード パーティのコードを活用できる点が重要です。これに対して WOA PC では、Windows ストアや WinRT ベースのアプリケーションをとおしてでなければサードパーティのコードを使用できません。このため私たちは、”持ち込み” や社内配備による WOA PC に対応した、業界をリードする管理機能の開発を目指しました。この記事は、Management Systems (管理システム) チームのプログラム マネージャー リードである Jeffrey Sutherland が執筆しました。 –Steven IT 業界における近年の大きなトレンドの 1 つとして、”IT のコンシューマー化” が挙げられます。これは、携帯電話から PC までさまざまな分野のコンシューマー向け技術が、あらゆる形態や方法でビジネス組織へと流入しているようすを指す言葉です。また組織のデバイスではなく、従業員が所有し、管理するデバイスが仕事場で使用されるケースが増えてきています。この傾向はスマートフォン デバイスのカテゴリで最も顕著ですが、最近では、タブレットやその他の PC フォーム ファクターのデバイスも、職場に持ち込まれることが多くなってきています。組織の側でもコンシューマー化の受け入れが進んでくるにつれ、IT…

1

Metro スタイル アプリからメモリを回収する

最近のオペレーティング システムでは、システムのリソースに対する見方が変わってきました。フォーム ファクターに関係なく、OS にとってリソース利用率を効率的に管理することが以前より重要になっています。現在、エンド ユーザーにとって全体的なパフォーマンスが向上しない場合でも、1 つのプロセスが利用可能なリソース (メモリ、CPU、ディスク I/O) を簡単に消費しすぎます。OS の役割はまさにリソースのバランスを取り、ユーザーが PC で実行したいすべての処理を完了できるようにすることです。異常なソフトウェア (リソースを無限に消費する状態に陥るソフトウェア) に対処するために、ほとんどの OS 実装には手動制御が存在します。ソフトウェアが悪意のあるものでなくても (たいていはそうですが)、リソース割り当て API が複雑なため適切に動作するソフトウェアを構築するのは難しいものです。WinRT の最新の API セットは、PC の “支配権を得て” いなくても処理を終えるソフトウェアをプログラマが簡単に構築できるようにするためのものです。これにより、すべての PC フォーム ファクターとすべてのソフトウェアで優れた効果があります。 この記事では、アプリが中断したときでもメモリを回収する舞台裏での試みと、開発者による懸念なくこのすべてがどのように行われるかについて、Fundamentals (基礎技術) チームのグループ プログラム マネージャー Bill Karagounis が詳細に説明します。 –Steven 以前のブログ記事では、Windows ランタイムを使った Metro スタイル アプリケーション モデルについてお話ししました。このアプリ モデルの重要な特徴は、アプリがユーザーから見えなくなると中断することです。他のアプリのために CPU が節約され、バックグラウンド アプリによりリソースを消費するアクティビティが実行されなくなるため、バックグラウンドで Metro スタイル アプリを中断するのは良いことです。その結果、バッテリ寿命が延び、応答性が良くなります。この点については、Sharif Farag と Ben Srour のブログ記事「アプリケーションの電力効率を向上させる」で詳細に説明されています。…

2

タッチ ハードウェアと Windows 8

昨年 9 月、私たちは「Windows 7 のハードウェアで Windows 8 のタッチ機能を体験する」という記事を投稿して、タッチ スクリーン ハードウェアの歴史とその進化、そして Windows 8 がタッチ操作のエコシステムに何をもたらすか、といったストーリーをお伝えしました。さらに、主要なユーザー エクスペリエンスを実現するためのエンジニアリングの取り組み (ソフトウェアおよびハードウェア)、Windows 8 向けのハードウェアの評価に際してこれらのエクスペリエンスが果たす役割の大きさ、そしてハードウェア パートナーとのやり取りについてもご紹介しました。その記事の投稿後も、私たちはパートナーと緊密に協力して Windows 8 PC を構築してきました。そこでこの記事では、Consumer Preview ではどのようになっているのか、最新の情報を皆さんにお伝えしたいと思います。この記事は、ヒューマン インタラクション プラットフォーム チームのグループ プログラム マネージャーである Jerry Koh と、同じくテスト マネージャーである Jeff Piira が執筆しました。 — Steven Windows チームでは、外部のハードウェア パートナーと緊密に協力し、Windows 8 で達成したいと考えているエクスペリエンスを完全に実現するべく取り組みを続けています。新しい Windows 8 PC が発表される時期も近づいてきています。この記事では取り扱いませんが、私たち Microsoft の社員は、ハードウェア パートナーが準備している製品を非常に楽しみにしています。 一方、現在利用できるハードウェアで Windows 8 を実行できるようにすることも重要であり、これを達成するための努力も重ねられています。したがって、現在お持ちのコンピューターにも安心して Consumer…

6