Windows 8 プロジェクトも、ついに技術コミュニティの皆さんに幅広く日常的に使用していただけるプレリリース版をご提供できる段階となり、チームでも興奮が高まっています。Windows 8 Consumer Preview を早く試したいとお考えの方は、推奨されるハードウェアについて関心をお持ちのことと思います。今回の記事では、提示される推奨システム構成の技術的な背景をご紹介します。なお、これらはシステム要件ではなく、最終的なものでもない点にご注意ください。あくまで Consumer Preview の実行に最適な構成について一つの見方を示したものです。今回の記事は、Windows のテスティングを担当するコーポレート バイス プレジデントである Grant George が執筆しました。
--Steven


Windows 8 プロジェクトのスタート地点にあったのは、ユーザーがコンピューティングに求めるもののすべてに対応する単一の PC というコンセプトでした。それぞれメリットがある 2 つの選択肢から 1 つを選ぶのではなく、必要なものをすべて 1 台の PC でまかなえるようにするべきだという考え方です。Consumer Preview では、こういった "PC でしたいこと" のすべてに難なく対応することを目指しています。コンテンツの消費か生産か、あるいは携帯性か性能か、タッチかキーボードか、といった二者択一を迫られることはありません。Windows 8 は、あなたに妥協を求めません。複数の作業の "モード" を切り替えるのではなく、PC でしたいことのすべてをシームレスに、好みの方法でできるようにするのが Windows 8 です。

それを達成する第一歩は、既にユーザーの皆さんがお持ちのハードウェアや周辺機器で、Windows 8 が優れたパフォーマンスを発揮できるようにすることでした。Consumer Preview を実行する際は、まずは Windows 7 ロゴの付いた Windows 7 PC を使用されることをおすすめします。一部のソフトウェアやデバイスについては製造元が提供する更新プログラムが必要になりますが、Windows 7 ロゴの付いたデバイスについては確実にサポートすることを目指しています。まれに、製造元がその PC または周辺機器を Windows 8 に対応させないことにする場合もあり、その場合は製造元 Web サイトにそのように記載されます。しかし現在はまだプレリリースの段階であり、すべての製造元についてこの情報が出そろっているわけではありませんので、テスト期間中はどうぞご了承ください。セキュリティ ツール、管理ツール、ディスク ツールなどのソフトウェア ユーティリティは通常、対象として設計された個々の Windows のバージョンと緊密に結びついているため、製造元による更新プログラムの適用が必要です。

ロゴ PC の場合も自作 PC の場合も、Consumer Preview では次の構成をおすすめします。

  • 1 GHz 以上のプロセッサ
  • 1 GB の RAM (32 ビットの場合) または 2 GB の RAM (64 ビットの場合)
  • ハード ディスク空き容量 16 GB (32 ビットの場合) または 20 GB (64 ビットの場合)
  • WDDM 1.0 以上のドライバーを備えた DirectX 9 グラフィック デバイス

このセットアップでは Windows 7 と同等の機能で Windows 8 を実行することができます。既にお話ししたとおり、このレベルのシステムであれば、さまざまな点でかなりのパフォーマンス向上を実感していただける見込みです。

Windows 8 で新たに加わった要件として、Metro スタイルのアプリケーションを使用するには解像度 1024 x 768 以上、スナップ機能を使用するには解像度 1366 x 768 以上の画面が必要です。これに満たない解像度 (たとえば 800 x 600、1024 x 600 など) の環境で Metro スタイル アプリを起動しようとすると、エラー メッセージが表示されます。実際のソフトウェアが皆さんの手元に届く段階となりましたので、複数の解像度に対応するために私たちが行ってきた作業や、さまざまな解像度に問題なく対応できるアプリケーションを開発者がスムーズに製作できるようにするためになぜこの要件が必要だったかについて、詳しくご説明する記事を今後公開していく予定です。なお、Windows 8 は、これらの要件に満たないシステムにもインストールできるようになっています。これは、たとえ Metro スタイル アプリが使用できなくても、Windows 7 よりも優れたパフォーマンスが見込めるほか、改良されたデスクトップを含め、さまざまな Windows 8 の機能をご利用いただけるメリットがあるためです。[スタート] 画面や設定画面は解像度 800 x 600 の画面でも問題なく動作するよう、注意を払いました。

仮想マシンでの実行については多くのご質問をいただきました。Windows 8 の最終的な製品版をハードウェア上でネイティブ実行される予定であれば、Consumer Preview もハードウェア上で実行することを推奨します。エンタープライズ向けの作業や特殊な用途のために仮想化環境で実行される方もいらっしゃると思いますが、Windows 8 そのものは大多数のコンシューマーの環境を念頭に設計されているため、ハードウェアで実行することを強くおすすめします。ハードウェア上での実行をおすすめする最も重要な理由は、グラフィック アクセラレーションを使ったリッチなエクスペリエンスと、すばやく滑らかな操作性を体験していただきたいためです。VM 上で実行される場合 (もちろんこれもサポートされます)、画面サイズが最小要件を満たしていることをご確認ください。

タッチ環境 (タッチ型タブレット、コンバーチブル PC、オールインワン PC、タッチ対応モニターなど) で Windows 8 を体験される場合のタッチ ハードウェアの要件については、以前簡単にご説明しました。以下、タッチ関連の最新の情報を手短にお知らせしたいと思います。これについては近日中に詳しい記事を公開する予定です。Consumer Preview でタッチをサポートするには、マルチタッチ対応の画面が必要になります。

Windows 7 向けのタッチ デバイスはかなりの数が存在し、多くは完全にサポートされますが、Windows 8 のタッチ エクスペリエンスは、Windows 7 向けのハードウェアの設計当時には予見できなかったような高品質なエクスペリエンスを要求するものとなっているのも確かです。私たちのデータでは、大多数の Windows 7 向けタッチスクリーンは Windows 8 でも問題なく動作することが示されています。つまり、タッチ ドライバーは正常に読み込まれ、基本的なタッチ操作は概ね問題なく行うことができる見込みです。以下は、社内のテスティングとセルフ ホスティングに幅広く使用していたシステムの例です。ただしもちろん、これらの PC について特別な保証や推奨を行う意図はありませんのでご注意ください。

  • HP Elitebook 2760p コンバーチブル PC (注: この PC の画面解像度は 1280 x 800 で、スナップ機能には対応しません)
  • ASUS EP121 タブレット (注: この PC の画面解像度は 1280 x 800 で、スナップ機能には対応しません)
  • Dell Inspiron Duo コンバーチブル PC
  • Lenovo X220T コンバーチブル PC
  • 3M M2256PW 22 インチ ディスプレイ (注: ベゼルが出っ張っているため、画面の縁に沿ったスワイプはやや難しい可能性があります)
  • Samsung Series 7 スレート (注: この PC には 2 つのモデルがあります。一つは //build/ で参加者に配布されたもので、もう一つは周辺機器やファームウェアの若干異なる商業リリース版です)

また、このほかにもいくつかの機能には固有のハードウェア要件があります。(注: BIOS 設定を変更する際は十分に注意してください)

  • セキュア ブートには新しい UEFI BIOS が必要です。これは提供が始まってはいるものの、まだ幅広く普及しているものではありません。マシンに UEFI が搭載されている場合、BIOS 設定から有効にすることができます。
  • BitLocker を使用する際、トラステッド プラットフォーム モジュール (TPM) は必須ではありませんが、搭載されていればよりシームレスなパフォーマンスを得ることができます。TPM は BIOS 設定から有効にする必要がある場合もあります。BitLocker To Go を使用するには、インストール時に判定されるパフォーマンス要件を満たす USB フラッシュ ドライブが必要です。
  • Hyper-V には、Second Level Address Translation (SLAT) と追加 RAM 2 GB を備えた 64 ビットのシステムが必要です。SLAT も BIOS 設定から有効にすることができます。
  • 一部のゲームおよびその他のソフトウェアでは、DirectX 10 以上に対応するグラフィック性能が必要です (Consumer Preview 同梱または Windows ストアから入手可能な一部のゲームも含まれます。こういった要件のあるソフトウェアのダウンロードまたは実行前にご使用のシステム構成を検証する機能については、今後も改良を進めていく予定です)。このほか、一部のゲームおよびプログラムでは、最良のパフォーマンスを得るためにグラフィック カードが必要な場合があります。
  • アップグレードではなくクリーン インストールを行う場合 (下記参照)、必ず PC の製造元の Web サイトを確認し、提供されている専用のドライバーがあればインストールしてください。多くのノート PC では、その PC 専用の、電源面で最適化されたドライバー (ACPI ドライバー、電源管理ドライバー、チップセット ドライバーなどと呼ばれます) を使用するとバッテリ寿命が向上します。

また、多くの作業ではインターネット接続が必要となります。上限のあるネットワーク接続を利用されている場合は、ぜひ従量ネットワーク サポート機能もお試しください。

Windows 8 Developer Preview を既に実行されていた方は、移行オプションを使って Windows 8 Consumer Preview をインストールできます (個人ファイルのみ保存)。アップグレード オプションを使用してインストール (個人ファイル、アプリ、設定を保存) することはできません。もちろん、クリーン インストール (何も保存しない) を行うこともできます。Windows 7 から Consumer Preview へのアップグレードも可能で、この場合組み込みの Upgrade Advisor が実行され、注意を要する点が表示されます。アップグレード インストールを行った場合、ロールバックはできない点にご注意ください。また、アップグレード、移行、クリーン インストールのいずれを行う場合でも、Windows 8 Consumer Preview をインストールする前にシステム バックアップを実行することを強くおすすめします。

なお、Windows 8 の最終リリースでは、それまでの "プレビュー" リリースからのアップグレードはサポートされません (移行オプションはサポートされます)。どのアップグレード シナリオでも、ディスク クリーンアップ ウィザードを実行することで、旧バージョンを削除してディスク容量を空けることができます。ダウンロード ファイルは USB からのブートにも対応しており、完全なクリーン インストールを行うこともできます。

それではダウンロードとインストールをお楽しみください! 

Grant George