Windows 8 におけるセンサーのサポート

最近のセンサー関連技術の進歩は、PC のユーザー エクスペリエンスの加速と進化を促す触媒となっており、環境光の変化、ユーザーの動作、ユーザーの接近、位置情報などに反応する機能は、コンピューターを使用するうえでの一般的で不可欠な要素となりつつあります。環境光センサーによって部屋の明るさを察知し、ディスプレイの明るさを調整するといったシンプルな用途でさえ、デスクトップ PC での基本的なシナリオとなってくる可能性があります。一方でもちろん、こういった周辺機器の使用については、ユーザーが完全に制御できるよう配慮しています。これは、各種センサーによって、ユーザーによっては好まないようなリスクや悪用方法も生じるためです。Device Connectivity (デバイス接続性) チーム所属の PM である Gavin Gear 執筆の今回の記事では、Windows 8 におけるセンサーのサポートについて詳しくご紹介します。 –Steven センサー類について私たちがまず検討したのは、Windows 8 でバッテリ寿命を維持しつつ PC を環境に適応させるためには、システム レベルでセンサーをどのように使用するべきかという点です。 自動輝度調整 最初に検討したシステムの機能は、ディスプレイの明るさを自動的に調整する “自動輝度調整” です。環境光センサーを使用するこの機能は Windows 7 で最初に導入されたもので、スレート、コンバーチブル PC、ノート PC などのモバイル デバイスをターゲットとしています。今日のディスプレイがサポートする輝度は、ほんの数年前の一般的な水準と比べても約 2 倍となっているため、この機能は非常に重要です。変化する環境光に合わせて画面の明るさを動的に制御することで、画面の見やすさを最適化すると共に、暗い場所では画面の明るさを落としてバッテリを節約することができます。   屋外の強い陽光の中でタブレット PC の自動輝度調整をオンにした状態 (左) とオフにした状態 (右) ご覧のとおり、自動輝度調整によって、明るい環境では自動的に画面も明るくなるため、画面のコンテンツをよりはっきりと確認できます。日当たりの良い部屋で PC を使用されている方は、デスクトップ PC でも時間帯や季節によって同じ状況になることをよくご存知かと思います。 画面の自動回転 多くのスマートフォンやその他のモバイル デバイスの普及によって、デバイスを回転させると画面の表示も回転し、新しい向きに合わせて縦横比なども調整されるのが普通だという認識が一般的になりました。加速度センサーからのデータによってデバイスの基本的な向きを認識し、自動的に画面を回転させることで、ユーザーはデバイス (主にスレートやコンバーチブル) をより自然かつ直感的に使用でき、ソフトウェア コントロールやハードウェアのボタンを使って手動で画面を回転させる必要がありません。   Windows…


モバイル ネットワークを意識した Windows 8 の設計

今回の記事では、モバイル ブロードバンドと Wi-Fi ネットワークに向けた最適化を目指して再構築された、ワイヤレス ネットワーク スタックの詳細に迫ります。Windows 8 では、モバイル ブロードバンド プロバイダーが 3G/4G 接続を Wi-Fi と並ぶ接続形態とし てユーザーにとって使いやすい形で提供できるよう、多大な労力がつぎ込まれています。このアーキテクチャ面の作業に加え、対応するアーキテクチャ/PC 上なら、省電力状態 (たとえば画面がオフの状態) でもネットワーク接続を維持できるよう、Windows にも改善が施されています 。これについて詳しくは、//build/ での Connected Standby (接続維持スタンバイ) (英語) についてのセッションでご確認いただけます。この記事は、デバイス/ネットワーク チームのグループ プログラム マネージャーである Billy Anders が執筆しました。 –Steven ユーザーは、PC でもスマートフォンと同じようなレベルのモバイル性を求めるようになっています。 インターネットへの接続そのものがユーザーの目的であることはまずないでしょう。ユーザーが実際に求めているのは、Web サーフィンやソーシャル活動、情報の探索などであり、インターネットへの接続はそのためのステップ (あるいはハードル) の一つにすぎません。いつでもどこでも PC がネットワークに接続されていて、好きなときに使用できるのが、ユーザーにとって最良の状態と言えます。 Windows 8 では、ワイヤレス接続の根本を見つめ直し、小手先の改良を超えて、モバイルとワイヤレスの未来を見据えた再構築を行いました。これは、ポテンシャルをフルに発揮するために、新しいハードウェアと新しいソフトウェアとの調和的な連動が必要となる作業の好例と言え ます。 モバイル ブロードバンドのエクスペリエンスをシンプルに 真のモバイル性を実現するうえで、Wi-Fi だけでは不十分なことは明らかでした。このため Windows 8 では、モバイル ブロードバンド (MB) が…


Windows の次世代ファイル システム: ReFS

この記事では、前回に引き続きデータ ストレージを扱い、Windows 8 で導入される次世代ファイル システムについてお話ししたいと思います。NTFS は現在、一般的に使用されている中で最も先進的で機能に富み、広く普及したファイル システムとなっ ています。しかし Windows の完全な刷新を目標に掲げる Windows 8 では、過去の成功に甘んじることはしません。ファイル システムについても、新たに開発されたものを導入します。新しい ReFS (Resilient File System) は、基礎部分 に NTFS と同じ技術を使用することで重要な部分での互換性を確保しつつ、新しい世代のストレージ テクノロジやシナリオに合わせて設計および開発されています。過去のすべての新ファイル システム導入ケースと同様、Windows 8 の段階では、Windows Server 8 にのみ ReFS が組み込まれます。もちろん、アプリケーションのレベルでは、ReFS に保存されたデータにも NTFS のデータと同様にクライアントからアクセス可能です。さしあたり、現時点では PC 上のファイル システムとして NTFS が主要テクノロ ジであることを念頭にお読みください。 アーキテクチャに詳しく言及した今回の記事は、Storage and File System (ストレージ/ファイル システム) チーム所属の開発マネージャーである Surendra Verma が執筆していますが、他にも多くのメンバーが寄与している 点は他の機能と同様です。また、今回も FAQ セクションを設けています。–Steven 追記: @buildwindows8…

5

ストレージを仮想化して、スケーラビリティ、復元性、効率性を高める

今回の記事では、Windows 8 Developer Preview に含まれる、ある機能について詳しく説明します。家庭 (そして職場) での大容量ストレージの管理を劇的に改善する、記憶域です。JBOD アレイから RAID ボックスまたは NAS ボックスに至るまで、ありとあらゆるストレージ ソリューションが試されてきました。多くのユーザーは、Windows Home Server ドライブ拡張機能を使用していますが、より密接に NTFS の一部として設計され、より直接的に Windows に統合された機能の登場を待ち望んでいました。Windows 8 でストレージを強化するにあたって、まさにそのような機能を目指して開発されたのが、記憶域です。もちろん、既にお使いの既存のソリューションは Windows 8 でも引き続き問題なく機能しますが、この新しい機能と柔軟性のあるアーキテクチャはきっと気に入っていただけることと思います。ちょうど 1 月 10 日からの Consumer Electronics Show について話題が盛り上がっているところですが、写真 (特に巨大なデジタル ネガ) やビデオの形で私たちが利用する多くのメディアについて考えると、この機能が役に立つことは間違いありません。この記事では、Storage & File Systems (ストレージ/ファイル システム) チームのグループ プログラム マネージャーを勤める Rajeev Nagar が、この新機能について詳しく説明します。 以前の記事のコメント欄では、エッジ ケースの掘り起こしに走ったり、設計のデバックを試みる方が散見されました。もう少し対話の的を絞るための試みとして、今回は記事の最後に FAQ のセクションを設けてみました。この FAQ では、記憶域の管理ツールとして PowerShell を使用できるさまざまな状況についても紹介しています。…

1

PC のリフレッシュとリセット

パーソナル化は、どんなユーザーにも好まれる PC 機能ですが、場合によっては PC をパーソナル化以前の状態に戻さなければならないことがあります。現在提供されているコンシューマー向け電子機器のほとんどは、工場出荷時の状態にリセットできる機能を備えています。そこで、Windows 8 にもこの機能を組み込みました。今回の記事は Fundamentals (基礎技術) チームのプログラム マネージャーである Desmond Lee が執筆しました。 –Steven 現在のコンシューマー向け電子機器の多くは、事前に定義された “正常な” 状態に戻すことができる手段を提供しています。これには、ワイヤレス ネットワーク ルーターの背面にあるハードウェア リセット ボタンから、スマートフォンのソフトウェア リセット オプションにいたるまで、さまざまな方法があります。Windows 8 には、お使いの PC のパフォーマンスが最適ではない場合に PC を “正常な状態” に戻す機能と、別のユーザーに PC を譲渡する場合や廃棄する場合に PC を “工場出荷時の状態” に戻す機能の 2 つの新機能を組み込みました。 現在、PC を工場出荷時の状態に戻す方法やツールは多数あります。Windows がプレインストールされた PC を購入する場合は、通常、製造元が提供するツールや、その特定のモデルの PC に使用できる隠しパーティションが用意されています。また、サードパーティのイメージング製品、Windows システム イメージ バックアップ、または確実な方法である Windows DVD からのクリーン再インストールを利用することもできます。どのツールも同じような機能を提供していますが、PC 間や各手法の間でエクスペリエンスに一貫性がありません。友人や親類、近所のだれかが PC…

4