横向きと縦向きの両方に向けた最適化

私たちは多くのフォーラムで Windows 8 のデモを行ってきましたが、そのほとんどで、横長の表示 (ワイドスクリーン) を使用していました。プロジェクターを使うことが多く、その場合は横向きの方が見やすいというのが主な理由です。もう一つの理由は、多くの初期のデバイス (//build/ で Windows Developer Preview と共に発表された Samsung タブレットなど) がワイドスクリーンであるためです。新しいスナップ機能を使って、アプリケーションを横に並べて表示する用途にはワイドスクリーンでの横向きが最適です。すばやく滑らかに画面を回転できるようにし、縦向きを好むユーザーの方にもすばらしいエクスペリエンスを味わっていただくために、膨大な量の作業を行ってきました。これからご説明しますが、この背景には、どのような要因によって好みの向きが決まるかについて研究した結果が大きく影響しています。どちらの向きでも優れた動作をするアプリケーションを構築するためのツールを開発者に提供するために、Visual Studio ツールおよび Expression ツールにさえも取り組みました。Windows 8 の横向き画面および縦向き画面に関するこの投稿は、ユーザー エクスペリエンス チームの David Washington が執筆しました。彼は、//build/ で APP-207T セッション (英語) も担当しました。–Steven Windows 8 PC はまったく新しい種類のデバイスで、小型のタッチ操作のみのタブレットからノート PC やデスクトップ PC まで、多岐にわたります。Windows 8 の刷新にあたり、私たちはフォーム ファクターや画面の向きにかかわらず最高のエクスペリエンスを提供できる設計を目指しました。タブレット デバイスは人間工学的な柔軟性を備えているため、表示するコンテンツに合わせて、どちらでも持ちやすい向きに持つことができます。 タブレットの優れた点の一つは、手の中に収まるパーソナルなデバイスであることです。日曜日の新聞を読んだり結婚式の写真を見るときに、手の中に収めてタッチ操作ができると、タブレットに対して感情的なつながりを感じる人も多いと思います。デジタルの時代では、ユーザーにとって最も大切なものの多くがデバイスに保存されています。このため Windows 8 では、デバイスをどのような向きに持っても対応できるようなエクスペリエンスを提供したいと考えました。 Windows 8 でさまざまなフォーム ファクターにおけるエンド ツー エンドのエクスペリエンスを設計するにあたって、私たちは次のような原則を設定しました。 小さい画面、ワイドスクリーン、ノート PC、デスクトップ…

2

[Start] (スタート) 画面の検索機能の設計

新しい [Start] (スタート) 画面の設計に寄せられた多大な関心を受けて、検索というトピックについてさらに詳しく見ていきたいと思います。いただいたコメントではっきりと見られたのは、効率性や全体的な仕事の生産性を重視する傾向です。仕事で使用するシナリオでは、キー操作 1 回の違いも重要です。Windows 8 プラットフォームの新しい要素の一つとして、Metro スタイル アプリはカスタマイズされた検索 “コントラクト” を提供することができます。この記事では、Windows 7 の検索の後継機能となる、ファイル、設定、アプリを対象とした Windows 組み込みの検索機能を扱います。このトピックの詳細については、//build/ での検索についてのセッション (英語) でご覧いただけます。この視点を踏まえてお話しする今回の記事は、Search, View, and Command (検索、表示、およびコマンド) ユーザー エクスペリエンス チーム所属のプログラム管理者である Brian Uphoff が執筆しました。–Steven これまでの関連記事 (「[スタート] メニューの進化」、「[Start] (スタート) 画面のデザイン」、「[Start] (スタート) 画面についていただいたコメントを振り返る」) では、[スタート] メニューの進化と、設計の理論的な背景についてお話ししました。また、アプリを見つけて起動するうえで、整理のメカニズムと検索が強力なツールとなることについてもご紹介しました。インストールするアプリが増えるにつれ、こういったツールの重要性も増していきます。直近のいくつかのリリースで、[スタート] メニューからの検索は、特にキーボード ユーザーにとって、最もすばやくアプリを見つけて起動する方法としての地位を確立してきました。 Windows 8 を計画するにあたっては、Windows 7 の [スタート] メニューの効率性と操作性が、新しい [Start] (スタート) 画面でも確実に維持されるようにしたいと考えました。新しいエクスペリエンスの詳細に入る前に、[スタート] メニューでの検索がたどってきた進化の道のりと、ユーザーの現在の利用状況について簡単に見ていきましょう。 [スタート] メニューでの検索の進化 [スタート] メニューに現行の形式の検索ボックスが最初に採用されたのは、Windows…

3

Windows 8 のタスク マネージャー

//build/ での Windows 8 基調講演でお話ししたように、タスク マネージャーは 15 年に 1 度更新されることになっています。というのはもちろん冗談で、このユーティリティは Windows のリリースがあるたびにほぼ毎回、増分的に改良されてきたわけですが、Windows 8 ではタスク マネージャーを新たな目で見直し、いくつかの新しいシナリオを検討すると共に、いわば “スペクトルの両端”、つまりエンド ユーザーと、PC の状態を非常にきめ細かく管理する必要があるユーザーの両方に向けて、このツールをチューニングする新しい方法を模索しました。この記事は、In Control of Your PC (PC のコントロール) チーム所属のグループ プログラム管理者である Ryan Haveson が執筆しました。なお、念のためですが、この記事では Metro スタイルのアプリケーションを閉じる方法ではなく、あくまでタスク マネージャーを扱いますので、どうぞお忘れなく。–Steven Windows 8 のタスク マネージャーの改良点の一部をこの場でご紹介できることを嬉しく思います。タスク マネージャーは最も広く使われているアプリの一つです。その歴史も長く、Windows の初期のバージョンでプログラムの終了や切り替えを行うシンプルなユーティリティとして登場して以来、その後何度かのリリースを重ねて機能が追加されていき、今日の姿に至っています。 図 1: Windows 3.0 のタスク リスト 図 2: Windows NT 4.0 のタスク マネージャー (“新しいタスク” 機能が追加されている) 図 3:…

1

[Start] (スタート) 画面についていただいたコメントを振り返る

Windows 8 の [Start] (スタート) 画面のエクスペリエンスを扱った最近の 2 件の投稿については、大いに議論がありました。Developer Preview をご利用されている方の一人一人が、個々のユーザーの使用パターンや、Windows 7 と比べて使いやすくなった点、使いにくくなった点を私たちが理解する助けとなっています。ここで改めて申し添えておくと、Windows Developer Preview は、ユーザー インターフェイスの面で開発途上の機能が多々残っているのを承知のうえで、製品全体を “オン″ にした状態でリリースされたものです。これは議論を促進するための措置で、皆さんには製品が完成形でないことをご理解いただきたいと思います。”選べるようにしてほしい” や “オフにしたい” といった、反射的なフィードバックも少量ながら見られました。これは変化に対する自然な反応ではありますが、新しい製品を作り上げるための議論として最適とは言えなかったのではないかと思います。この投稿では、私たちが建設的なフィードバックにしっかりと耳を傾けながら、さらなる設計の進化に取り組んでいることをお伝えすることに注力したいと思います。具体的なコメントを取り上げ、皆さんのご意見に基づいて行われるアクションについてご説明したこの記事は、Core Experience (コア エクスペリエンス) チームのシニア プログラム管理者リードである Marina Dukhon が執筆しました。–Steven この 1 週間にいただいた、[Start] (スタート) 画面関連の記事への積極的な参加について、チームを代表して皆さんに感謝の気持ちをお伝えしたいと思います。コメントにはすべて目を通しており、可能な範囲で返信させていただいています。今回のような大きな変更が時として大きな論争を呼ぶことは理解しており、今後もこういった対話を続けていきたい考えです。設計に深くかかわる具体的なトピックがこれまでにいくつか挙がっているので、今回の投稿ではこれらに答えていきたいと思います。いただいたすべてのご質問に答えることはできないのですが、ご意見には確かに耳を傾けており、今後も対話を続けていきますので、その点についてはご安心ください。 データはすべてのユーザーをカバーしているのか? Andrew さんのコメント: 「収集されているデータの多くが、おそらく企業ユーザー以外のものであることを指摘したいです。ビジネス ユーザーを無視してホーム ユーザーだけに基づく統計を取っていることになります。ほとんどの企業では、セキュリティへの配慮や無駄なネットワーク トラフィックを防ぐ目的から、グループ ポリシーを使って既定で CEIP をオフにしています」 CEIP (カスタマー エクスペリエンス向上プログラム。ユーザーによる Windows の使用状況について、オプトイン方式で匿名のフィードバックを収集する) を無効にする企業があることは、ご指摘のとおりです。しかし、それでも膨大な量のデータがこのプログラムを通して収集されており、企業ユーザーについても例外ではありません。さらに、地域、言語、エディション、展開属性といった情報も同時に把握できるため、必要に応じてさらに精度の高いデータを得ることができます。ユニークなデータ ポイントの数が “サンプリング” のレベルをはるかに超えるため、私たちはしばしばこのデータを “国勢調査” にたとえます…

9

Windows 8 におけるランタイム メモリの削減

Windows 8 のエンジニアリングの根本的な原理は、メモリ使用量などの基本的な部分に表れています。Windows 8 を構築するにあたって、私たちはコア システムが必要とする全体的なランタイム メモリの量を大幅に減らすことを目指しました。これはだれもが望んでいることですが、いくつものアプリを同時に実行したいユーザーや、メモリが 1 ~ 2 GB しかないシステムを使っているユーザーにとってはなおさらです。この投稿では、メモリが 1 GB しかない第 1 世代の ATOM ベースのネットブックを例に取り上げます。これは、2008 年の Windows 7 PDC で取り上げたものとまったく同じものです。メモリ使用量削減への私たちの取り組みを詳しく説明するこの記事は、Performance (パフォーマンス) チームのグループ プログラム管理者である Bill Karagounis が執筆しました。–Steven Windows 8 のシステム要件や Windows 8 をホスティングするデバイスを決めるうえで、Windows 8 のランタイム メモリ使用量は重要な要因となります。皆さんもご存じのように、Windows 8 では、低い電力消費量が特長の SoC ベースのデバイスでも完全なエクスペリエンスを提供するため、複数のアプリを同時に実行したり、デバイスの全体的な応答性を持続させるために多くのメモリを確保することは、より重要な課題になっています。 つい見落としてしまいがちですが、省電力プラットフォームでメモリ使用量を最小限に抑えることは、バッテリの長寿命化につながります。つまりどういうことでしょう? どのような PC でも、常に RAM が電力を消費しています。OS が大量のメモリを使用するようになれば、デバイス メーカーはより多くの物理 RAM を搭載せざるを得なくなります。より多くの RAM がボードに搭載されると、その消費電力も増加し、バッテリの寿命は減ってしまいます。たとえばタブレット…

3

[Start] (スタート) 画面のデザイン

前回の投稿へのコメントとフィードバックをありがとうございました。このデザインに対する多くのフィードバックをいただき、みなさんの強い情熱がしっかりと伝わってきました。ブログ投稿を通して、引き続きこのデザインについてお話しすると共に、いただいたご質問やコメントに回答していきたいと思います。新しい [Start] (スタート) 画面は、アプリの起動と切り替え、通知、情報をひとめで把握できる表示画面などの役割を担う、新たな、速く滑らかに操作できるツールとしてデザインされました。これはなかなか難しいことです。そしてもちろんこれは、タッチ対応のデバイスを使用する新しいユーザーだけでなく、[スタート] メニューやマウスとキーボードでの操作に慣れ親しんだ、大多数のユーザーに向けた取り組みでもあります。この記事は、Core Experience Evolved (次世代コア エクスペリエンス) チームのグループ プログラム管理者である Alice Steinglass が執筆しました。–Steven 前回の「[スタート] メニューの進化」で触れたように、[スタート] メニューの実際の使用状況をさまざまな方法で研究した結果、[スタート] メニューは主に使用頻度の低いプログラムのランチャーとして使用されていることがわかりました。プラグラムの起動をタスク バーから行うことが増えてくると、使用頻度の低いプログラムを起動するツールとしては、[スタート] メニューに割かれているユーザー インターフェイスの量は随分多いように思えてきます。しかも、[スタート] メニューはこの用途に最適化されたツールとは言えません。カスタマイズ性は限られており、有益な情報はほとんど提供されず、検索結果を表示するスペースもかなり小さなものです。効率性を重視する “事情通” のユーザーは、[スタート] メニューを離れ、頻繁に使用するプログラムはワンクリックでアクセスできるよう、タスク バーにピン留めするようになってきていることがわかっています。こういった傾向はプロフェッショナル向けのワークステーションでよく見られ、必要なツールのセットがすべてタスク バーに収まり、どれも定期的に使用されているというケースが多くなっています。エンジニア、デザイナー、開発者、インフォメーション ワーカーといった層が使うマシンがこのようになってきているのです。 [スタート] メニューが PC の近代的な利用方法に対応しきれていないという証拠が積み重なっていく中、その代わりとなるようなより良いツール (タッチ入力向けかマウス/キーボード向けかを問わず) への関心が高まっていることがわかっています。一方で、わずらわしい通知領域アイコンの使用 (そしてそこに組み込まれるメニューやアクションの数) は増え続けており、同時に、いまだ十分にポテンシャルを発揮しているとは言えないデスクトップ ガジェットに対しても、引き続き関心が寄せられています。 こういった調査結果を踏まえ、Windows 8 では一歩下がって [スタート] の役割をゼロから再検討することにしました。デスクトップ プログラムの強力なランチャーとしては、既にタスク バーが存在します。[Start] (スタート) 画面で目指したのは、単なる [スタート] メニューの代替品ではなく、アプリ起動/切り替えの優れたツールであり、生きた情報を表示できる通知画面であり、カスタマイズ性が高く、強力かつ効率的なツールです。現在はばらばらに存在し、統合性に欠けるさまざまなソリューションを、1 つにまとめる場です。なお、既に触れたとおり、Windows 8 Developer Preview では Metro スタイル…

1

[スタート] メニューの進化

この記事を皮切りとして、今後、何回かにわたって [Start] (スタート) 画面のデザインと、プログラムの起動と切り替えという重要な操作がどのように進化してきたのかについてお話ししていきたいと思います。[Start] (スタート) 画面を Windows 8 の “Metro シェル” と呼ぶ人もいますが、私たちにとってはあくまでも [スタート] メニューとそれに関連した機能が進化したものです。私たちは皆さんから寄せられるコメントに注目してきましたが、このような主要インターフェイスの変更に対して、当然予想したとおりのさまざまな反応が見受けられました。今後の一連の投稿で、皆さんからいただいたコメントにお返事していきたいと思います。まずは現在のデザインにたどりつくまでのいきさつと決定した内容の説明から始めましょう。先日リリースされた Developer Preview はあくまでアプリの構築を主眼としたものであり、ユーザー エクスペリエンスのコア部分はまだ開発段階なので、ここでの議論は、基本的な原則の部分から始めて具体的な設計の詳細をたどり、プロジェクトの次のマイルストーンで目指すものの背景を理解するうえで役立つようなものにしたいと考えています。 この記事は、Core Experience Evolved (次世代コア エクスペリエンス) チームのプログラム管理者リードである Chaitanya Sareen が執筆しました。Chaitanya は Windows 7 でもエクスペリエンス設計に携わっており、マイクロソフトの Engineering Windows 7 ブログで記事を執筆していたので、覚えている方もいらっしゃるかもしれません。 –Steven この投稿から始まる一連のブログ記事では、刷新された [Start] (スタート) の詳細やその背景についてお話ししていきたいと思います。最初の記事では、[スタート] メニューの歴史と進化、そして私たちがユーザーの皆さんから学んだ問題や傾向についてお話しします。私たちがこれからどこへ向かうのかを話し合う前に、まず、どこから来たのかを理解しておくことが重要だと思うからです。この次の記事では新しい [Start] (スタート) 画面の設計の詳細についてご紹介し、そこから次の議論の方向性を検討したいと思います。  人によっては、Windows の変更はどのようなものであっても混乱を生じさせるものなので、そういった変更についてのオープンな対話の場を引き続き確保していきたいと思います。Windows は人々の生活に非常に深く浸透しているため、どのような変化に対しても、「どうやってオフにできるのか」などの咄嗟の反応があったり、効率性が上がったか下がったかという議論が起こりがちです。 タッチ操作についての論争は、マウスとは何かのトリックなのか、時間を浪費するだけの道具なのか、ユーザー エクスペリエンスにおけるイノベーションなのかなど、1980 年代に起こったマウスについての論争と不気味なほどよく似ています。これは、タッチに対するマウスの優位性を主張するコメントが数多く寄せられていることを踏まえ、触れておきたい点でした。マウスが導入されたころの状況と異なり (デスクトップ パブリッシング ソフトウェアの登場まで、マウスの使い道は初期のペイント ソフトを除き、かなり限られたものでした)、私たちの周囲にはタッチ スクリーンが氾濫しています。空港、ガソリン…

6

SkyDrive によって "Windows 8" のアプリをクラウドへと拡張する

Windows Live ID を使った Windows 8 へのサインインを扱った前回の記事に続いて、Windows 8 の新しい Metro スタイル アプリから SkyDrive を利用する方法についてお話ししたいと思います。SkyDrive は設定やアプリ自体のローミングのためにいくらかは自動的に利用されることになりますが、開発者の方は、アプリケーションで作成したデータをユーザーがデバイス間で簡単にローミングできるようにしたいと考えられていると思います。すべての Windows Live ID に付属する無料のクラウド ベース ドライブである SkyDrive は、それを実現する手段として最適です。この記事では、アプリ内部から SkyDrive ストレージを利用できる Metro スタイル アプリの開発についてご紹介します。これは実際のコードが入った初の記事となります。今後もこういった記事はどんどん投稿していきますので、ご期待ください! この記事は、SkyDrive Devices and Roaming (SkyDrive デバイスおよびローミング) チームのグループ プログラム管理者である Mike Torres が執筆しました。–Steven 1 人のユーザーが複数のデバイスを使い分ける傾向は強まっていますが、多くのユーザーはまだ重要なファイルをすべて 1 つの PC や記憶装置に保存しており、他のデバイスからはアクセスできません。デスクトップ PC、ノート PC、USB キーといった 1 つの「場所」にファイルが関連付けられており、その場所にアクセスできなければ、ドキュメントや写真にアクセスすることはできない状態です。ファイルへのアクセスが困難 (場合によっては不可能) というだけでなく、別のネットワーク上のだれかとファイルを共有するのもやはり難しい作業となります。 クラウドのおかげで、ユーザーがどこからでもコンテンツにアクセスすることが可能に (そして簡単に) なってきています。ファイルは…

0