【学生向けImagine Cup 2017】 作品応募に関するよくある質問について (締切まであと31日)

imaginecup
imaginecup

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 今日は金曜日♪ 日本マイクロソフト品川本社では、夕方から「Imagine Cup応募説明会&相談会」が開催されました。 事前の登録人数が比較的少なかったので、ワンツーマンなスタイルで実施することを想定していたのですが、実際にはたくさんの学生や専門学校の先生にご参加いただき最後までImagine Cupに関する質疑応答や、応募作品に関する相談が行われました。

0

【イベント開催レポート】Computer Science Week 2016! プログラミングワークショップ 12/7

code
code

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 12月7日、段々寒さも増してきている中、渋谷のハチラボでは「やったー!」「できたぁ!」子ども達の元気な声が響いていました。 日本マイクロソフト株式会社は、今年7月、NPO法人CANVAS、及び認定NPO法人育て上げネットとの連携によりコンピュータサイエンス教育へのアクセスが困難な女性、遠隔地在住者、障碍者、若年無業者などの子供、若者に向けたコンピューターサイエンス教育施策「Microsoft YouthSpark: Programming for all ~全ての子ども・若者に~」の展開を始めました。

0

【学生向けITコンテスト Imagine Cup 2017】 アイデアとテクノロジで世界へ飛び立て

ic2017_300
ic2017_300

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 今回は、「Imagine Cup (読み方:イマジンカップ) 2017」開催のお知らせです。 ■Imagine Cupとは マイクロソフトが主催する世界最大規模の学生向けITコンテストです。ビルゲイツの発案で2003年からはじまり、”国際競争力のあるIT人材育成”を目的に毎年開催されています。

0

【Visual Studio Code】 拡張機能をどんどん活用しよう (Extension)

mark
mark

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 Visual Studio Code(以下、VS Code/読み方:ブイエス コード)には拡張機能 (Extension/読み方:エクステンション) と呼ばれる機能があり、開発ワークロードをサポートするために、言語、デバッガ、およびツールを追加機能としてインストールすることができます。2016年12月、今日現在、約2,000もの拡張機能が公開されていますので、是非皆さんが普段お使いにならているプログラミング言語や、欲しいなと感じている言語サポートや機能が拡張機能として公開になっていないか、ご覧になってみてください。

0

【Visual Studio Code】本日より最新版ダウンロード公開!Stable版 1.3リリースノート意訳しました

VSC1.3_300
VSC1.3_300

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 本日、Visual Studio Code – Stable版の最新版1.3の提供が始まりました。 英語のJune 2016 (version 1.3) の意訳をしました。一部、適切ではない翻訳等があるかもしれませんが、皆さまの参考になれば幸いです。 ※そこそこ長文です。 https://code.visualstudio.com/updates/June_2016

0

【Visual Studio Code】C#言語を取り扱うときにチェックして欲しいこと (1)

CS_extention_300
CS_extention_300

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 今回は、C#のプログラミング言語をVisual Studio Codeで使うときに、一番最初にして欲しいことを伝えておきます。 Visual Studio Codeは現在、拡張機能を加えることで100以上ものプログラミング言語に対応しており、Visual Studio Code自体は特定の言語に依存することなくニュートラルなかたちでコードエディタとしてご利用いただけるものになっています。 以前は、インストールしてすぐにC#ファイル(*.cs)を開くと、自動的にC#として認識して、画面右下の言語表示の部分に「C#」と表示されていましたが、最新バージョンでは「プレーンテキスト」と表示され、C#として認識されてない!?という事象に遭遇します。具体的には、こんな感じ↓ これは、現在、C#対応については拡張機能(Extention)をインストールすることで対応できるようになったからです。ですので、もしVisual Studio CodeでC#言語を取り扱いときには、 1番最初にC#の拡張機能をインストールしましょう。(引用元:https://code.visualstudio.com/Docs/languages/csharp)Visual Studio Codeの拡張機能とは、アドインとして後から機能を追加でき、Visual Studio Marketplaceから提供されます。Marketplaceについては、また別に機会に詳しくご紹介していきたいと思います。今回はインストール方法を手短にご紹介させていただきます。 ■拡張機能のインストール方法1. Visual Studio Codeを起動する。2. コマンドパレットを、メニュー「表示」→「コマンドパレット」または、ショートカットキーを用いて起動する。※Windowsの場合、「Ctrl」+「Shift」+「P」を同時に押す。※OS Xの場合、「command」+「Shift」+「P」を同時に押す。3. コマンドパレットで「ext install」または「拡張機能」を入力して実行する。4. インストール可能な拡張機能の候補が表示される。その中から、「C#」を選択して、「Enter」キーまたは雲に矢印のアイコンを選択してインストールを実行する。5. インストールが実行され、終了すると通知バーに「C#は正常にインストールされました。有効にするには再起動してください。」とメッセージが表示される。「今すぐ再起動」を選択する。6. 再起動後、右下の言語エリアをチェックすると「C#」と表示され、C#言語として取り扱われます。 Have a nice Code♪

0

【Visual Studio Code】Stable版も1.1.0登場!日本語のアレも改善

VSC_Stable_1.1.0_Release_b
VSC_Stable_1.1.0_Release_b

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 お待たせいたしました。本日、Visual Studio Code – Stable版の最新版1.1.0のアップデートの提供が始まりました。 リリースノートはVisual Studio Code公式サイトよりご覧いただけます。https://code.visualstudio.com/updates#vscodeさまざまなバグ修正が含まれていますが、日本からも要望が多かった下記の不具合も今回で修正されています。・コマンドパレットでコマンドが日本語化される #4691, #4679 ※詳しくは過去の投稿をご覧ください。 ・日本語フォントを含む東アジア言語(CJK)の利用時に適切なフォントが利用されてない #5260念のため、Insiders版で修正されていたコマンドパレットの日本語ローカライズの問題が、Stable版でも修正されているか確認してみました。1. Visual Studio Code Stable版を1.1.0にアップデートします。 2. 前回と同様に、試しに「git」と入力してみます。英語コマンドラベル名の候補の下に、日本語も表示されるようになっていました。■初めてご利用される方 下記サイトからWindows, OS X, Linuxに対応したVisual Studio Codeがダウンロードできます。https://code.visualstudio.com/download ■すでにご利用されている方Visual Studio Codeを起動し、通知バーからアップデートを実行していただくか、下記の手順で最新版を入手することができます。1. Visual Studio Codeを起動する。2. メニューから更新の確認を選択する。Windowsの場合:「ヘルプ」→「更新の確認」OSXの場合: 「Code-Insiders」→「更新の確認」3. 更新があることが確認できると、「再起動後に更新されます。」通知が表示される。「今すぐ更新」を選択すると自動的に更新が適用される。4. 更新が完了すると、1で起動していた状態でVisual Studio Codeが再起動して表示される。 Have a nice Code♪

0

【Visual Studio Code】さらにコマンドパレットの日本語化改善などInsiders 1.1.0リリース

VSC_localize_300
VSC_localize_300

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 今週も、週ごとにリリースされるVisual Studio Code (Insider Build版)の最新バージョン1.1.0が公開になりました。 ★初めての方は、Visual Studio Code公式サイトから「Insider」のほうをダウンロード&インストールすることでお使いいただけます。 GitHub上に公開された1.1.0のリリースノートはこちら (https://github.com/Microsoft/vscode-docs/blob/vnext/release-notes/latest.md)です。 前回の1.1.0では、コマンドパレットの日本語化が修正されていたようで、修正されていなかったりして、その後、いったんCloseしていたGitHub(https://github.com/Microsoft/vscode/issues/4679)がRe-Openとなり、さらに踏み込んだやり取りが行われ改善が加わることになりました。Happy ending では、実際にアップデートしてコマンドパレットを起動して確認してみたいと思います。 1. Visual Studio Code Insider Build版を1.1.0にアップデートします。 2. 前回と同様に「git」と入力すると、英語のコマンドラベル名の候補の下に、少し薄いフォント色で日本語が表示されるようになりました。 こちらの内容が反映されたStable版のアップデートは、5月初旬の予定です。 Have a nice Code♪

0