【Visual Studio Code】 拡張機能をどんどん活用しよう (Extension)

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 Visual Studio Code(以下、VS Code/読み方:ブイエス コード)には拡張機能 (Extension/読み方:エクステンション) と呼ばれる機能があり、開発ワークロードをサポートするために、言語、デバッガ、およびツールを追加機能としてインストールすることができます。2016年12月、今日現在、約2,000もの拡張機能が公開されていますので、是非皆さんが普段お使いにならているプログラミング言語や、欲しいなと感じている言語サポートや機能が拡張機能として公開になっていないか、ご覧になってみてください。

0

【Visual Studio Code】コマンドが日本語化されるバグが修正されていない件について

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 今朝、正式リリースとなり喜んでいたのもつかの間。以前より多くの方からフィードバックいただいていた「コマンドパレット内で表示されるコマンドも日本語されている」という致命的とも言えるバグが修正されていないままGAされてしまった事が判明し、正直私も驚いているところです。 【Don’t localize command names on the command palette #4679】 https://github.com/Microsoft/vscode/issues/4679 これに対して… https://github.com/Microsoft/vscode/issues/4888#issuecomment-209366643 5月のApril Releaseで修正予定とのことです。 – – – 詳しくお伝えすると、Visual Studio Codeは、多くの機能をキーボードのみで呼び出すことが出来るように設計されており、その一つに「コマンドパレット(Command palette)」というものがあります。 ここで感の良い方はお気づきになったと思いますが、実行されるコマンドまで日本語化されて表示されてしまいます。繰り返しになりますが、この問題は近い将来、修正される予定です。それまでは、必要に応じて下記の手順でVisual Studio Codeの言語を英語に変更してご利用ください。 ■Visual Studio Codeの言語を英語に変更方法 1) Visual Studio Codeを起動する 2) コマンドパレットを、メニュー「表示」→「コマンドパレット」または、ショートカットキーを用いて起動する ※Windowsの場合、「Ctrl」+「Shift」+「P」を同時に押す ※OS Xの場合、「command」+「Shift」+「P」を同時に押す 3) 表示されたコマンドパレットで「言語」を入力する 4) 表示された選択肢の中から「言語を構成する」を選択する 5) 「locale.json」ファイルが表示される (このファイルで言語設定を行うことができます) 6) “locale”:”ja” で日本語が指定されているため、”en-US”に変更する 7) ファイルを保存する 8) Visual Studio Codeを再起動する 9)…

0