【学生向けImagine Cup 2017】 作品応募に関するよくある質問について (締切まであと31日)


皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。

今日は金曜日♪ 日本マイクロソフト品川本社では、夕方からImagine Cup応募説明会&相談会が開催されました。
image

事前の登録人数が比較的少なかったので、ワンツーマンなスタイルで実施することを想定していたのですが、実際にはたくさんの学生や専門学校の先生にご参加いただき最後までImagine Cupに関する質疑応答や、応募作品に関する相談が行われました。

■一般的なよくある質問について
Imagine Cup 2017 日本語サイト内の下のほうによくある質問に、これまでに寄せられたご質問内容とご回答を公開しております。ぜひご一読ください。

■技術系のよくある質問
今回の相談会で寄せられた代表的な技術的な質問をご紹介します。参考にしてください。

Q1: Microsoft Azureのアカウントを持ってない場合、どうすればよいでしょうか?
A1: Microsoft Imagineという学生さん向けの支援プログラムを通じて、無償で入手することができます。コチラを参考に登録してみてください。

Q2: 応募作品の開発を進めるにあたり、技術的に自分だけでは実装できなさそうです。
A2: 今回は3名のチームで応募することが可能です。開発を経験したことがある学生さんや、一緒に開発を進めてくれる仲間メンバーを募ってみてはいかがでしょうか。IT系コミュニティ等に参加して、仲間を増やしたり先生や大人の人にも相談してみると良いと思います。

Q3: GitHubで公開されているコードを一部で使用してもいいでしょうか?
A3: ソースコードのライセンス(MITなど)や注意事項(Readme.mdなど)をご確認の上、ご利用ください。ソースコードによっては改造を禁じられている場合もありますので注意が必要です。

Q4: 技術的に煮詰まった場合、どうしたらいいですか?
A4: 作品の応募は3名までとなっていますが、実際の開発は3名以上で行っても構いません。周りの技術的に頼れる方に相談してみましょう。Azureに関して分からないことがある時は、MSDNのAzureフォーラムサイトに質問を投稿したり、Twitterで #azurejp #jazug ハッシュタグをつけて例えば「Azureの〇〇に関してどこから手をつけたらいいですか?」という感じで質問ツイートを投稿すると回答を得られることもありますので試してみてください。

Q5: 今回は厳しいので、将来的なImagine Cup応募に向けて勉強したいのですが、どうすればいいでしょうか?
A5: 独学で勉強するのも良いですが、コミュニティ等に参加することで見聞も広がり、仲間作りもできるのでお勧めです。お勧めのマイクロソフトのテクノロジー寄りの技術系コミュニティは以下のとおりです。他にもConnpassやこくちーずを検索すると全国でさまざまな勉強会などが開催されていますのでチェックしてみてください。

■お勧めのマイクロソフト技術系コミュニティ
・Microsoft AzureやML(機械学習)について

Japan Azure User Group (略してJAZUG/読み方:ジャズユージー)は、Microsoft Azureについて学び、楽しみ、活かす、日本のユーザーグループです。Facebook公開グループ (https://www.facebook.com/groups/jazug/) から参加できます。現在、全国に学生さんから社会人まで1,524名の方が参加されています。JAZUGが定期的に開催しているハンズオンやイベントに参加することで、Azureユーザー同士の交流を深めることができます。また、最新情報を得ることができます。
image

・IoT(Internet of Things)について
IoTあるじゃん(ALGYAN)というコミュニティがあります。※ALGYANはAll Gadget Your Alliance and Networkを略した造語だそうです。現在、東京本会をはじめ、北海道支部関西支部香川支部名古屋支部沖縄支部柏の葉@KOIL支部と全国に支部があり、日本から世界へ、明るく楽しくIoTを広めよう!という趣旨で有志の方々が集まって盛り上がっているコミュニティです。こちらもFacebook公開グループから参加することができます。
image

■おまけ
Excelで「Imagine Cup 2017応募締切カウントダウンカレンダー」を作成してDocs.comで公開しました。今日から「あと31日!」でスタートしています。Excelファイル形式(*.xlsx)でダウンロードいただけますので、ご自由にカスタマイズしてお使いください。
※使い方は[使い方]シートをご覧ください。
image

Have a nice Imagine Cup Life♪
※Twitterで最新情報発信中 @ayatokura

 

 

Comments (0)

Skip to main content