【Azure for DreamSpark】初めてAzure管理ポータルにアクセスしたら5秒でチェックするべきこと

こんにちは。テクニカルエバンジェリストの戸倉彩です。 学生向けDreamSpark for Azureにサインアップして、初めてMicrosoft Azureポータルにアクセスした時は、ぜひ下記の2つを確認してからAzureを使うようにしましょう。クラウドをより正しく、安全にお使いいただくためにも役立ちます。 1) 正しいアカウントでサインインしているか Microsoft Azureを「ポータル」を使って操作をする場合、学生向けAzure for DreamSparkに登録したMicrosoftアカウントでサインインを行います。ポータル画面が表示されると右上に、サインインしたアカウント情報が表示されます。この時、登録したMicrosoftアカウントが表示されているか確認してください。 カーソルをあてると、名前、メールアドレス(Microsoftアカウント)、ディレクトリ情報、ドメイン情報が表示されます。 万が一、共有されたパソコンを使っていたり、ブラウザのキャッシュなどが残り、異なるアカウントでサインインされたままになっていた場合には、サインアウトしてから、自分のアカウントでサインインするようにしてください。 ・「サインアウト」は、右上の名前の部分をクリックするとメニューが表示されます。 2) どのサブスクリプションを使おうとしているか Microsoft Azureは、「サブスクリプション」と呼ばれている契約の単位を示す概念があります。学生の皆さんは、アカウントに「DreamSpark for Azure」のサブスクリプションが紐づいているか確認しましょう。 Azureポータル画面の左側ペインに並んでいる「黄色い鍵」、または「サブスクリプション」とかかれているアイコンをクリックすると「サブスクリプション」が表示されます。 ①サブスクリプション名: DreamSpark DreamSparkと表示されていればOKです。 ②サブスクリプションID: xxxxxxxx-xxxx-xxxx-xxxxxxxxxxxx 個別に割り振られるID番号です。 ③サブスクリプションの状態: アクティブ  アクティブになっていればOKです。 Azureポータルはの画面やデザインは、予告なく変更されることもありますが、その時は「サブスクリプション(Subscription)」という単語を手掛かりに確認するようにしていただければと思います。 Have a nice Azure♪

0

【Visual Studio Code】オンラインセミナー 「Building a Visual Studio Code extention」 6/17 夕方

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 今回は、Visual Studio Codeに関連するウェビナー開催のお知らせです。 ※「ウェビナー」と言うと、伝わりにくい可能性があるので件名ではオンラインセミナーと書かせていただきました。次回からはウェビナーと記載していきたいと思います。 ■ウェビナー(Webinar)とは 現在、マイクロソフトが運営/管理している技術者向け動画サイト「Channel 9」では、過去のVisual Studio Codeセッションやトレーニング動画が公開されていますが、最近はウェブ(Web)とセミナー(Seminar)を組み合わせたウェビナーというスタイルでオンラインセミナーが開催されています。通常のオンラインセミナーとの大きな違いは、オンラインセミナーは主催者が一方向で情報発信するのに対し、ウェビナーでは、参加者もオンラインで質問したり対話したりしながら双方向で行うことができるものになります。 【Building a Visual Studio Code Extension】 https://channel9.msdn.com/Events/JavaScript-Webinar-Series/Building-a-Visual-Studio-Code-extension 開催日時: 6月17日(金) 17:00~18:00 日本時間 ※6月17日 10:00~11:00 米国CET時間 概要:Visual Studio CodeのExtension(拡張機能)をビルドすることで、よりカスタマイズされた快適な開発環境を手に入れるための方法を学ぶことができます。 言語:英語 参加方法:開催時間になったらサイトへアクセスして視聴いただけます ※Microsoftアカウントでのサインインが求められる場合があります。 備考:サイトの中の「Save the Date!」アイコンをクリックすると、予定表ファイル(Building-a-Visual-Studio-Code-extension.ics)を入手することができるので、参加し忘れなどを防ぐのに役立ちます。 当日、ワタシもこちらのウェビナー参加できるようであれば、参加しつつTwitter個人アカウント(@ayatokura)から #VSCode ハッシュタグをつけてツイートをしたいと思います。 Have a nice Code♪

0

【Visual Studio Code】Insiders版の最新バージョン1.2.0リリース!そして今後はdailyベースに!!

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 先ほど、Visual Studio Code – Insidersの最新バージョン1.2.0がリリースされました。 このリリースの大きな変更点は、シェルを利用可能なターミナル機能が統合され vscode から離れることなくコーディングを継続することが可能になりました。 本機能は、最初のインテグレーションであり、今後、機能強化されていくのでお楽しみに。 また、タブ機能に向けた変更(今後追加の予定)や Monaco Editor のパブリックリリースに向けた API の整備も始まっています。 コントリビュータにも日本の方を見かけるようになってきたのも嬉しい限りです。 なお、Stable 版は米国時間で 6/9 にリリース予定です♪ そして、この Insiders build のリリースから、daily build の提供が開始されることになりました。dailyですよ!daily!! 詳しくは、https://code.visualstudio.com/blogs/2016/05/23/evolution-of-insiders で。 Insidersを1.2.0に更新すると、Visual Studio Code Insidersの画面上でも通知でも「【通知】Insider builds are becoming daily build!」と表示されます。(こちら翻訳されていないという突っ込みはナシで、引き続き温かく見守っていただけるとありがたいです。) また、Visual Studio Code Insidersに特化したページが公開になりましたので、今後はこちらからInsiders版を入手することになりそうです。 これまで「Download」ページに「Stable」と「Insiders」のタブがありましたが、無くなり下にInsidersが入手できるリンクが貼られています。 ■VS Code Insidersサイト (https://code.visualstudio.com/insiders) Have a nice Code♪

0

【Officeストア】Officeの隠れた新機能「Officeストア」を使ってみよう – E2D3

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 Office 2013以降から、アドインで機能が追加できるOfficeアプリを入手できる「Officeストア」の提供が始まりました。 ■Officeアプリとは Officeアプリは、各Office製品(Word, Excel, Powerpoint, Outlook等)の中で実装されている「Officeストア」から入手できるアドインのアプリケーションです。無料のものから有料のものまで幅広い選択肢が用意されています。 https://store.office.com/ja-jp/appshome.aspx?ui=ja-JP&rs=ja-JP&ad=JP まだ使ったことが無い、という方もいらっしゃると思いますので、これを機にOfficeストアからOfficeアプリをインストールしてみましょう。今回はExcelを例に、E2D3(Excel to D3)アプリをインストールする方法をご紹介いたします。 ■Excelのストアアプリのインストール方法 1. Excelを起動する (Excel 2013, Excel Online) 2. 「挿入」タブから「ストア」を選択する 3. 「Officeアドイン」のポップアップが起動する 4. 「ストア」から「E2D3」を検索する 5.「E2D3」のロゴまたはタイトルにカーソルを合わせて選択する 6. 「信頼する」を選択する 7.「E2D3」アプリがExcel上に表示される 8. インストール方法は以上です。 E2D3アプリで用意されている可視化テンプレートは、マウスでカーソルを合わせて「可視化する」ボタンを表示させ、クリックすることでカンタンに呼び出して使うことができます。 ↓  ↓  ↓ 表示されたグラフの下の[1]や[2]を選択すると、グラフがアニメーションで表示されます。 他にも魅力的なテンプレートがたくさん用意されているので試してみてください。 E2D3に関する情報や、詳しい利用方法についてはホームページをご覧ください。 ■E2D3公式サイト http://e2d3.org/ja/ Have a nice Office♬

0

【OSS on Azure】 2分で分かる「Microsoft+RedHat」新しい選択肢について (YouTube公開)

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 昨年11月よりマイクロソフト社とレッドハット社は提携を結び、Microsoft Azure上でもRed Hat Enterprise Linuxの正式サポートが開始されました。 ※即座にRed Hat Enterprise Linux環境をクラウド上に構築する方法については過去の投稿をご覧ください。 両社の戦略的な提携がもたらす価値は、お客様のみならず、パートナーの方々、開発者コミュニティの方々にも広がりをみせ、新たなメリットやストーリーが生まれています。2分ほどの日本語字幕付き版の動画がYouTubuに公開されましたので、ぜひご覧ください。技術的な話というよりは、新しいコラボによる新しい世界で何が提供できるのかをご紹介する内容となっています。 ■マイクロソフトとレッドハットのパートナーが提供する柔軟で新しい選択肢(YouTube) https://www.youtube.com/watch?v=yN6O2lKJV3s ▲MicrosoftとRed Hatのロゴが並ぶ日が来るなんて、思いもしなかったという方も多いのではないでしょうか。ワタシもそのうちの一人でした。 ▲「Red HatとMicrosoftはLinuxとAzureの提携で新たな機会を創造 -CRN」 Have a nice OSS on Azure♪

0

【Visual Studio Code】C#言語を取り扱うときにチェックして欲しいこと (1)

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 今回は、C#のプログラミング言語をVisual Studio Codeで使うときに、一番最初にして欲しいことを伝えておきます。 Visual Studio Codeは現在、拡張機能を加えることで100以上ものプログラミング言語に対応しており、Visual Studio Code自体は特定の言語に依存することなくニュートラルなかたちでコードエディタとしてご利用いただけるものになっています。 以前は、インストールしてすぐにC#ファイル(*.cs)を開くと、自動的にC#として認識して、画面右下の言語表示の部分に「C#」と表示されていましたが、最新バージョンでは「プレーンテキスト」と表示され、C#として認識されてない!?という事象に遭遇します。具体的には、こんな感じ↓ これは、現在、C#対応については拡張機能(Extention)をインストールすることで対応できるようになったからです。ですので、もしVisual Studio CodeでC#言語を取り扱いときには、 1番最初にC#の拡張機能をインストールしましょう。(引用元:https://code.visualstudio.com/Docs/languages/csharp)Visual Studio Codeの拡張機能とは、アドインとして後から機能を追加でき、Visual Studio Marketplaceから提供されます。Marketplaceについては、また別に機会に詳しくご紹介していきたいと思います。今回はインストール方法を手短にご紹介させていただきます。 ■拡張機能のインストール方法1. Visual Studio Codeを起動する。2. コマンドパレットを、メニュー「表示」→「コマンドパレット」または、ショートカットキーを用いて起動する。※Windowsの場合、「Ctrl」+「Shift」+「P」を同時に押す。※OS Xの場合、「command」+「Shift」+「P」を同時に押す。3. コマンドパレットで「ext install」または「拡張機能」を入力して実行する。4. インストール可能な拡張機能の候補が表示される。その中から、「C#」を選択して、「Enter」キーまたは雲に矢印のアイコンを選択してインストールを実行する。5. インストールが実行され、終了すると通知バーに「C#は正常にインストールされました。有効にするには再起動してください。」とメッセージが表示される。「今すぐ再起動」を選択する。6. 再起動後、右下の言語エリアをチェックすると「C#」と表示され、C#言語として取り扱われます。 Have a nice Code♪

0

Visual Studio Codeで採用している「Electron」バージョン1.0リリース

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 今回は、「Visual Studio Code」のソフトウェア自体で採用されているテクノロジーの話を少ししたいと思います。 ■Electron (読み方:エレクトロン)とは Electronとは、HTML, CSS, JavaScriptのWebテクノロジーを利用して、WEBアプリケーションをWindows, OS X, Linuxに対応したデスクトップアプリケーションを作れるフレームワーク。オープンソースとして公開されています。 ※以前は、Atom-Shell(読み方:アトムシェル)と呼ばれていました。 ▼Electron公式サイト(http://electron.atom.io/) ▼GitHub上に公開されているElectron (https://github.com/electron/electron) Visual Studio Codeは、アーキテクチャ的にはWEBテクノロジー、ネイティブ対応、言語固有の組み合わせを意識して開発されています。これまで、マイクロソフトでは、開発コード「Monaco」によってVisual Studio Online Monacoや、Internet ExploreのF12ツールなど、HTMLベースのエディタ機能をクラウド上で展開してきました。後に、このElectronを使うことによって、クロスプラットフォームに対応したVisual Studio Codeというアプリが誕生しました。 例えば、OS X版のVisual Studio Codeのパッケージ内を見ると、「Frameworks」フォルダ内にElectronのフレームワーク関連のファイルが格納されており、Electronが採用されていることを確認することができます。 5月11日、GitHub社はクロスプラットフォームのデスクトップアプリ開発フレームワーク「Electron」の最新バージョン1.0をリリースしました。Webアプリケーションを、デスクトップアプリケーションで作ろうとすると開発言語やライブラリが異なったり、各OSに対応させるのは非常に大変です。Electronはそんな課題を解決してくれるフレームワークです。個人でも使えるので、気になる方は試してみてください。 (引用元:http://electron.atom.io/blog/2016/05/11/electron-1-0) ★5/25(水)に開催予定のde:code 2016イベントのDevelopmentトラックの『Visual Studio Code』セッションの中でも、GitHub池田尚史氏 @ikeike443 と一緒に「Electron」の話も少し触れたいと思います。お楽しみ。 Have a nice Code♪

0

【Visual Studio Code】Stable版も1.1.0登場!日本語のアレも改善

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 お待たせいたしました。本日、Visual Studio Code – Stable版の最新版1.1.0のアップデートの提供が始まりました。 リリースノートはVisual Studio Code公式サイトよりご覧いただけます。https://code.visualstudio.com/updates#vscodeさまざまなバグ修正が含まれていますが、日本からも要望が多かった下記の不具合も今回で修正されています。・コマンドパレットでコマンドが日本語化される #4691, #4679 ※詳しくは過去の投稿をご覧ください。 ・日本語フォントを含む東アジア言語(CJK)の利用時に適切なフォントが利用されてない #5260念のため、Insiders版で修正されていたコマンドパレットの日本語ローカライズの問題が、Stable版でも修正されているか確認してみました。1. Visual Studio Code Stable版を1.1.0にアップデートします。 2. 前回と同様に、試しに「git」と入力してみます。英語コマンドラベル名の候補の下に、日本語も表示されるようになっていました。■初めてご利用される方 下記サイトからWindows, OS X, Linuxに対応したVisual Studio Codeがダウンロードできます。https://code.visualstudio.com/download ■すでにご利用されている方Visual Studio Codeを起動し、通知バーからアップデートを実行していただくか、下記の手順で最新版を入手することができます。1. Visual Studio Codeを起動する。2. メニューから更新の確認を選択する。Windowsの場合:「ヘルプ」→「更新の確認」OSXの場合: 「Code-Insiders」→「更新の確認」3. 更新があることが確認できると、「再起動後に更新されます。」通知が表示される。「今すぐ更新」を選択すると自動的に更新が適用される。4. 更新が完了すると、1で起動していた状態でVisual Studio Codeが再起動して表示される。 Have a nice Code♪

0

【Visual Studio Code】Insidersアップデート公開、バージョンは1.1.0のまま

皆さん、こんにちは。テクニカルエバンジェリスト戸倉彩です。 本日、Visual Studio Code – Insiders版のアップデートの提供が始まりました。 今回も細かいバグ修正、ウィンドウのリサイズ機能の改善、Linuxコマンドラインインターフェイスの改善などが盛り込まれています。 より詳細な変更点につきましてはGitHub上で公開されているリリースノート(https://github.com/Microsoft/vscode-docs/blob/vnext/release-notes/latest.md)をご確認ください。また、こちらはApril Releaseということで、5/9予定のStable版のリリース候補の内容となります。 すでにVisual Studio Code – Insiders (アイコンが緑色のほう)をインストールしている場合は、自動的にアップデートのお知らせバーが表示されますが、即効試したい場合には下記の手順からも入手することが可能です。 ■インストールされているVisual Studio Codeの最新版を確認して入手する方法 1. Visual Studio Codeを起動する。 2. メニューから更新の確認を選択する。 Windowsの場合:「ヘルプ」→「更新の確認」 OSXの場合: 「Code-Insiders」→「更新の確認」 3. 更新があることが確認できると、「再起動後に更新されます。」通知が表示される。「今すぐ更新」を選択すると自動的に更新が適用される。 4. 更新が完了すると、1で起動していた状態でVisual Studio Codeが再起動して表示される。 しかし、今回はバージョン情報が先週と同じ「1.1.0」!!!です。 正常に更新が完了したか確認したい場合には、Visual Studio Codeのバージョン情報の日付が「2016-5-3」なっていることをチェックしてみてください。 Have a nice Code♪

0