【Azure for DreamSpark】火星から水星へ (MySQLデータベースのプラン名の表示変更)


こんにちは。テクニカルエバンジェリストの戸倉彩です。

Azure fro DreamSparkをお使いの場合、MySQLデータベースを20MBまで無料で利用できることができます。

これまでこの無料プランのサービス名が、Azure管理ポータル上で「火星」と表示されていましたが、現在は「水星(英語はそのままMercury)」に変更されました。

 MySQLデータベースを新規に作成する方法や、ClearDBというサードパーティのサービスを利用している点については変更はありません。

すでに公開されている操作手順書の中で、「火星」を選択する記載がある場合には、今後は火星は表示されませんので「水星」を選択して操作を進めてください。

 

★参考★
MySQLデータベースを新規に作成する方法や、ClearDBについては、過去に投稿した【Azure for DreamSpark】MySQLデータベースの"火星"プランとは?(http://blogs.msdn.com/b/ayatokura/archive/2015/10/06/azure-for-dreamspark-mysql.aspx)を参考にしてください。

 

Have a nice Azure Life♪


Comments (0)

Skip to main content