【C#初心者にオススメの書籍】 C#エンジニア養成読本


こんにちは。テクニカルエバンジェリストの戸倉彩です。

最近、数年前と比べると「UnityをきっかけにC#を勉強してみようと思う」または「勉強し始めた」、という学生さんによく出会うようになりました。

C#を独学で勉強するための情報はインターネット上の記事や書籍などから得ることができますが、今回は、"はじめて学ぶC#から最新 C# 6.0まで"の情報がギュッと1冊にまとまった書籍が出版されましたのでご紹介させていただきます。

 

巻頭企画の「C#の現在/過去/未来」で、C#と.NETの成り立ちから最新情報を理解した後に、「基礎編」、「実践編」と順に読み進めていくと読みやすいと思います。Visual Studio 2015 (RC) インストール方法や、Visual Studioを使ったHello, Worldの方法、Visual Studio Code紹介などは豊富なスクリーンショット付きで解説されています。「事例」の中では、ソフトウェア開発が、複数の技術者によってGitやNunit、Jenkinsを使いこなしながら行われていることも分かりやすく書かれています。

アカデミック関係の方にも、一度こちらの書籍を手に取っていただき、IT業界でC#を使った開発がどのように行われているのかを解明すると共に、改めてC#エンジニア育成について考えていただくきっかけになれば嬉しいです。

 

タイトル:C#エンジニア養成読本

著者:岩永信之,山田祥寛,井上章,伊藤伸裕,熊家賢治,神原淳史

定価:(本体1,980円+税)

出版:技術評論社

http://gihyo.jp/book/2015/978-4-7741-7607-9

 

 


Comments (0)

Skip to main content