事前同期から先へ進めない問題

ソフトウェア更新のチェックリストの「事前同期(必須)」をクリックすると「スクリプト履歴のアップグレード」フォームが開き、[閉じる]ボタンをクリックしても「事前同期」が完了にならない既知の問題が有ります。 AX2012R2,R3ともにHotfixが提供されていますので、お手数ですがHotfixを御適用頂けますでしょうか。 HotfixはアプリケーションHotfixですので、Hotfix適用後にソフトウェア更新のチェックリストを実行頂く必要がございます。   (R2) KB Article Number (s) : 2942662   Location:( http://hotfixv4.microsoft.com/Microsoft%20Dynamics%20AX%202012%20R2/nosp/KB2942662/6.2.1000.6801/free/473735_intl_i386_zip.exe )   (R3) KB Article Number (s) : 3042872   Location:( http://hotfixv4.microsoft.com/Microsoft%20Dynamics%20AX%202012%20R3/nosp/KB3042872/6.3.1000.1712/free/482612_intl_i386_zip.exe )

0

LCSからSRをオープン頂いた場合のお願い

Partner sourceから新規サービスリクエスト(SR)をオープンするとLifecycle Services (LCS)の Cloud-powered supportを使用してSRをオープンするように促されます。  Cloud-powered supportを使用してSRをオープンする際に、ファイルを添付された場合、サポート担当者がファイルにアクセスするためには、お手数ですがサポート担当者をLCSプロジェクトに追加頂く必要がございます。SRのサポート担当者が決まり、SRを受け付けたメールが届きましたら、メール内に記載されている、サポート担当者をプロジェクトに追加頂けますでしょうか。詳細な手順は添付AddSupportEngineerToProject.docxをご参照ください。 AddSupportEngineerToProject.docx

0

AX2012R2の再現確認にはContoso Test Dataの会社CEUをご使用頂くことをお願いします

AXサポートチームにAX2012R2のFIN/SCMの製品不具合を御報告頂く際には、再現確認のご連絡をお願いしておりますが、 以下のContoso Test Dataの会社CEUを使用して再現手順を御連絡頂くことをお願いできればと思います。   開発チームにエスカレーションする際には、Contoso Test Dataの会社CEUを使用した再現手順を送る必要がございます。 この為、パートナー様からContoso Test Dataの会社CEUを使用した再現手順を頂けますと、 開発チームにスムーズにエスカレーションできますので、回答時間やHotfixの提供までの時間が短縮されます。   Microsoft Dynamics AX 2012 R2 https://mbs.microsoft.com/customersource/downloads/servicepacks/MicrosoftDynamicsAX2012R2.htm   <Contoso Test Data> https://mbs2.microsoft.com/fileexchange/?fileID=6ea5cfa0-c5d6-499e-a102-ba4b8ff6aed2   <Installing the Contoso test dataset> https://mbs2.microsoft.com/fileexchange/?fileID=fbc3c461-36b1-4dea-a322-fd5c8298429c  

0

Course 80428: SQL Optimization for Microsoft Dynamics® AX 2012

AX2012のパフォーマンス関連のコースウェアが公開されました。 Course 80428: SQL Optimization for Microsoft Dynamics® AX 2012PartnerSource: https://mbs.microsoft.com/partnersource/communities/training/trainingmaterials/student/course80428.htm?p=5 <目次>Module 1: INFRASTRUCTURE AND CAPACITY PLANNING FOR MICROSOFT DYNAMICS AX 2012Module 2: CONFIGURATION BEST PRACTICESModule 3: DATABASE DESIGN CONSIDERATIONSModule 4: X++ SQL CODE BEST PRACTICESModule 5: MICROSOFT DYNAMICS AX 2012 X++ CODING FOR PERFORMANCE BEST PRACTICESModule 6: POST-IMPLEMENTATION: MONITORING AND PERFORMANCE  

0

AX2012 更新プログラム適用手順

AX2012の更新プログラム適用に関する、以下のTechNet文章の日本語版が、公開されましたので連絡致します。 Apply updates and hotfixes [AX 2012] http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh335183.aspx   各ページへのリンクは以下の通りです。   更新プログラムと修正プログラムの適用 更新プログラムと修正プログラムの概要 更新プログラムのインストールのプロセス 更新プログラムと修正プログラムの入手 更新プログラムと修正プログラムのインストール     データベース、AOS、およびクライアントへの更新プログラムのインストール     エンタープライズ ポータルへの更新プログラムの展開     レポート サーバーへの更新されたレポートの展開     サイレント モードでの AXUpdate の実行     AXUpdate コマンド ライン パラメーター リファレンス 新規インストールにサービス パックと更新プログラムを組み込む (スリップストリーム) 更新プログラムと修正プログラムの適用に関するトラブルシューティング    

0

AX2012R2 Cumulative Update 1 (CU1)がリリースされました

AX 2012 R2の累積的な更新 1(Cumulative Update 1 : CU1) がPartner Source上で公開されましたので連絡致します。   Cumulative Update 1 for Microsoft Dynamics AX 2012 R2 https://mbs2.microsoft.com/Knowledgebase/kbdisplay.aspx?wtntzsmnwukntmmyvwqxnrnxtvknskyvxpnxznumrymolpzr   ( 日本語機械翻訳版ページ ) Microsoft Dynamics AX 2012 R2 用の累積的な更新 1 https://mbs2.microsoft.com/Knowledgebase/kbdisplay.aspx?wtntzsmnwukntmmytyvtvvnlmvmoulwwqpkmuwwsqorrszro   ダウンロード、また含まれるアプリケーション・バイナリ・国別要件のHotfixの一覧、等をご確認いただけますのでご参照頂ければと思います。   CU1インストール後にAXクライアントを起動すると、チェックリストを選択する画面が表示されます。 CU適用後には「ソフトウェア更新チェックリスト(Software update checklist)」をご使用ください。 http://technet.microsoft.com/en-us/library/hh538446.aspx

0

AX 2012 アプリケーションユーザ用のApplication User Library/技術情報が翻訳されました

こんにちは。  AX 2012 アプリケーションユーザ用のApplicationUser Libraryの日本版ができました。  日本語向け機能の無いモジュール(Payroll, Public sector)以外は翻訳されています。AX2012の詳細内容がトピック別に記載されておりますので、ぜひご参照いただけますようお願いいたします。  http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/hh242087.aspx AX 2012 の技術資料も翻訳されています。  ·        AX 2012 アプリケーションユーザー向け技術情報 (TechNet)    Microsoft Dynamics AX 2012 の新しい機能、変更された機能  どちらも製品サイトの技術情報欄からリンクでご覧いただけますのでご参考ください。 http://www.microsoft.com/ja-jp/dynamics/ax/techinfo/default.aspx

0

CILコンパイルエラー調査方法

AX2012からは、X++プログラムをバッチで実行するには、Common Intermediate Language (CIL)を作成する必要が有ります。   各種チェックリストや、システム管理>定期処理>.NET Framework CILにコンパイル を実行した際に、以下のようなエラーが発生する場合があります。 <例1>CIL generation: Object reference not set to an instance of an object <例2>     このエラーメッセージだけではエラーの原因が分かりませんが、 エラーの原因は以下のログファイルで確認することができます。 C:\Program Files\Microsoft Dynamics AX\60\Server\MicrosoftDynamicsAX\bin\XppIL\Dynamics.Ax.Application.dll.log   以下の例ではCustomerTransaction_CustSettlementLineクラスのnewメソッドが原因でエラーが発生しています。     CustomerTransaction_CustSettlementLineクラスのnewメソッドをコンパイルすると、   newメソッドでX++のコンパイルエラーが発生していることが分かります。     X++のコンパイルエラーを解決した後に、再度「.NET Framework CILにコンパイル」を実行ください。     <補足> 他に「.NET Framework CILにコンパイル」を実行していないにも関わらず、以下のエラーが発生した場合は、AOSの再起動で解決します。 “Another instance of CIL generation is already in…

0

AX2012R2 DEMO VM

AX2012R2のデモ用のHyper-Vイメージがダウンロード可能となりました。   <Microsoft Dynamics AX 2012 Demo Tools and Materials> https://mbs.microsoft.com/customersource/downloads/servicepacks/AX2012DemoToolsMaterials.htm

0

Microsoft Dynamics AX 2012 R2 GA

Microsoft Dynamics AX 2012 R2がGA(generally available)となりました。 AX2012R2 関連情報のリンクを以下に記載させて頂きます。   Microsoft Dynamics AX 2012 R2 の紹介 http://www.microsoft.com/dynamics/ax-2012-r2/ja-jp/default.aspx   製品、ドキュメントのダウンロード <CustomerSource> https://mbs.microsoft.com/customersource/downloads/servicepacks/MicrosoftDynamicsAX2012R2 <PartnerSource> https://mbs.microsoft.com/partnersource/deployment/resources/productreleases/MicrosoftDynamicsAX2012R2   Microsoft Dynamics AX 2012 R2 Now Available! Sematic scales operations to unify it’s global manufacturing http://community.dynamics.com/b/theedge/default.aspx   Official Dynamics AX 2012 R2 Content (update) – Where is it, and how can you…

0